「 Event Infomation 」一覧

2021/10/09(sat) Hardonize #39 at sabaco music&cafe


みなさま、こんにちは!
「ハードテクノ」を様々な周辺ジャンルとともにお届けするハードグルーヴパーティ「Hardonize」です!

40回目前と迫った39回目、今回のゲストは秋葉原MOGRAのマネージャーを務めベースミュージックを中心に日本各地で多方面に活躍するharaが早稲田茶箱初プレイ!そして、Hardonizeには3回目の出演となる我らがジャパニーズハードグルーヴの雄、本間本願寺のお二人をお呼びするハードな6時間。今回も二度とないであろう組み合わせのレジデントとゲストによる一期一会の共演をお見逃しなく!!

今回も上限をかけながらになってしまいますが有観客にて開催(予定)です!!ハードテクノを聞きながらみなさんと楽しくフロアでお会いできることを楽しみにしております!!!昨今の事情によりなかなか皆様にはご不便をおかけしておりますがHardonizeは色々模索しながら続けていきますので引き続きよろしくお願いいたします!

■Date

2021/10/9(Sat) 14:00-20:00
※14:00-20:00での開催となりますのでお間違えの無いようにご来場ください!

■Price & Venue

2,000yen (with 1drink ticket)
sabaco music&cafe@Waseda
・東京メトロ東西線早稲田駅3a/2番出口より徒歩5分
・副都心線西早稲田駅1番出口より徒歩15分

■入場について

入場の際には事前の参加エントリーが必要となります。
ご不便おかけしますが、ご協力よろしくお願いいたします。

https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01p07i2c61v11.html

▼エントリーについて
1.PASSMARKETで参加エントリー
2.当日、受付にてQRコードを提示
3.受付にて入場料をお支払い
※最大入場人数に達し次第終了となります
※ご入場に際して、お名前とご本人が一致するか、身分証明書等で確認させて頂く場合がございます。必ずご本人様名義でお申し込みくださいますようお願い申し上げます。

■注意事項

・開催につきましては茶箱ハウスルールに準じます。
・何かしらの理由で再入場する際には再度アルコール消毒をして頂きます
・体調の優れない方、不安に感じられている方はご来店をお見送り頂ますようお願い申し上げます
・感染確認アプリ「COCOA」のインストールと画面確認にご協力ください
・昨今の国内情勢を鑑みて、上記のようなコロナ対策を実施しますのでご協力ください
・開催、入場ルールの変更がある場合にはHardonize公式Twitterアカウントからアナウンスを行います

■Hardonize#39 Guest DJ

hara

1991年生まれ。
2007年からDJとして都内クラブを中心に活動。
レコードショップのバイヤーを経て、2013年に「HyperJuice」名義での活動をスタート。

自身が主催する「TOO YOUNG TO DANCE @ Contact Tokyo」「ハイパーの日 @ club asia」「elemog @ MOGRA」といったレギュラーパーティーから、「ULTRA JAPAN 2015」「Outlook Festival Japan」「Electric Zoo」等の大型フェス、全国15箇所を巡った「Lights Release Tour」など国内外各地でプレイ。

海外アーティスト来日の際のサポートアクトや国内ツアーへの同行を多数行い、
2016年にはロンドンを拠点にするレーベル “Butterz” のElijah & Skilliamがプロデュースする「Boiler Room Tokyo JP Grime All-Stars」に招致された。

UKグライムシーンの重要人物・Stormzyから初来日の際にライブDJに指名され「adidas Originals by NIGO」のプロモーションムービーに参加。

Pioneer DJのオフィシャルプレイヤーとしてDJソフトウェア「rekordbox™」や製品開発に携わり、「Pioneer DJ XDJ-RX2」のプロモーションを担当。

TBS RADIO、J-WAVE、inter FM等の公共ラジオにもDJ出演し、クラブミュージック専門ラジオ局block.fmでは不定期放送番組「HYPE ME RADIO」のパーソナリティーを務める。

hara名義の楽曲提供では「Yokohama Walker (Triple Trippin’ remix)」が収録されたアルバム「ヒプノシスマイク – MAD TRIGGER CREW VS 麻天狼」がオリコン1位を獲得。
サイプレス上野とロベルト吉野の結成20周年を記念したコラボEP「サ上とロ吉と」収録の「Uptown Anthem feat. 碧棺左馬刻」の作編曲を担当。
KONAMIのダンスゲーム「DANCERUSH STARDOM」に書き下ろし楽曲「RAVELINE ATTACK」収録。

秋葉原MOGRAのマネージャーを務め、イベントのプロデュースやTwitch Japanが主催する「Twitch Streamer Battle」への出場など様々な分野で多岐に渡って活動中。
東京の次世代を牽引するDJの1人。

本間本願寺(Adult Records/ビッグファイア)

2009年、オランダのAdult Recordsから“Bamboo EP”でデビュー。以降、Vezotonik, Naked Lunch, Red Ribbonなど、欧州のレーベルを中心に楽曲をリリース、世界各国のダウンロード・ショップのヒットチャートにも度々出現する。さらにシカゴのレーベルOrchidからの第一弾EP“The Houz’Mon EP”にDJ Funkらと共に楽曲を提供、Chester Beatty主宰MiMiへの参加など、ヴァイナル・リリースも続き、リミキサーとしてもIgnition Technician, Ummet Ozcan, Goncalo Mら多くのアーティストの曲を手掛け、好評を博す。

自身のロックバンド“ビッグファイア”ではMarshall Jeffersonを筆頭にFast Eddie, Paul Johnson, Robert Armani, Joe Smooth, Jammin Gerald, K Alexi, Houz’Mon等、シカゴ・ハウスのオリジネーターによるリミックスをフィーチャーした作品を継続的にリリース。ジャケットは全て『恐竜大紀行』(週刊少年ジャンプ連載)で知られる岸大武郎の筆による。現在、ニューアルバム制作中(2021年内発表予定)。

毎月第一木曜、池袋knotで主催のパーティ“Tourism”は国内外の愉快なアーティストをゲストに招きながら開催150回を超え、現在も継続して行われている。

http://bigfire.info

■Hardonize Resident DJ

774Müzik (Club VIP) [@774muzik]

774
2005年、DJ活動を開始。活動初期より一貫してHard Techno、Funky Technoをプレイ。DJ活動の傍ら精力的に楽曲制作を行い、2011年には自身主宰レーベルKinetic Drumsを立ち上げ。2012年にはAndy Richmond主宰のHard DanceレーベルDirty Stop Outsより2曲のリミックスワークがリリースされるなど、活動の幅を広げている。尊敬するアーティストは槇原敬之とJeff Mills、好物はプリンモンブラン。

Sango [@Sango]

ArtistPhoto_Sango
2004年7月よりDJ活動を開始。茶箱@早稲田を活動の拠点として都内各所に出没。選曲・精度・流れという三要素に重きを置いたMIXスタイルをモットーに、数多くのイベントで安定感のあるプレイを披露している。ハードテクノ・ハッピーハードコアと極端なジャンルでの活動が多い。「インターネット寄りのDJ」としての面もあり、2ch発祥「ClubVIP」での活動も行っていた。ニコニコ動画においても早々にMIX動画を多数投稿し、特にミキサー操作を解説した動画は現在も若手DJの教材として重宝されているらしい。好きな言葉は「フルレングス」と「セパレート」

TAK666

tak666
TRAKTOR DJと邂逅したことで2005年よりラップトップを用いたDJ活動を開始。
それなりに色々なパーティーに参加したり
異種雑食系パーティー『Cradle to Grave』をオーガナイズしたりして今に至る。
核にある音はロックだが単一のジャンルに絞ることはせず、
こと電子音楽に於いては『Disco, Rave & Bassline』を3大テーマに掲げて
テクノ、ハウス、トランスからブレイクビーツ、ドラムンベース、
ダブステップ、ハードコアに至るまで幅広くカバー、
それらジャンルの境界を容赦無く超えていくプレイを好む。2011年よりその年にリリースされたトラック5曲のみで
MIXを録ってアーカイブする企画『5TRAX』の企画運営を実行、
また時期を同じくして6時間B2Bと云う実験的な試みにも参加し、
2015年にはDJ歴10年と云うことで10時間のロングアワーズを達成するなど
此方とも彼方ともつかない方向へ向かって歩を進めている。

hideは神様。掘骨砕三作品は永遠のバイブル。
ミルクティーが主食。クロスバイクが愛車。好きな言葉は『1クレ50円』。

http://www.tak666.com/

yuduki [@akuwa]


赤と黒が特徴的なレコード店の店員を池袋と柏にて9年間務め、その間で培った知識とセンスを元に2007年にDJをスタート。新旧テクノを幅広く、叩きつけるようなハードミニマルを主軸としながらも、華やかになるような心地の良いハードグルーヴ、更には強烈なベースが炸裂するテックダンスといった様々なジャンルをを織り交ぜるプレイスタイルで早稲田茶箱を拠点に、都内各所へ出没。2008年から早稲田茶箱にてハードテクノを中心とし、周辺ジャンルをも巻き込んでDJ各々の「ハードテクノ」を表現するパーティ「Hardonize」をオーガナイズ。また、2017年にはオールジャンルパーティ「Pandora Box」のレジデントDJにも参加し、テクノのみならずアニソンやポップスでの「グルーヴ感」を大事にしたDJでプレイの幅を更に広げている。好きな言葉は「太いボトム・重いキック」。

■VJ Crew

KNOCKHEADZ


2021/06/19(sat) Hardonize #38 at sabaco music&cafe

Hardonize38フライヤー

みなさま、こんにちは!
「ハードテクノ」を様々な周辺ジャンルとともにお届けするハードグルーヴパーティ「Hardonize」です!

おまたせしました、Hardonize38回目開催のお知らせです。
前回37.5とのハーフナンバリングにてオンライン開催しましたが、今回は半年ぶりの茶箱でリアルフロアで開催です!ゲストは前回から引き続きASIN,Bishamonのお二人をお招きして強烈なビートとグルーヴで叩き込む6時間!!!ストリーミングでも相当な音を出しておりましたが、ぜひ今回はフロアで体感して楽しみましょう!!!!!

■Date

2021/06/19(Sat) 14:00-20:00
※14:00-20:00での開催となりますのでお間違えの無いようにご来場ください!

■Entry Price

DOOR: 2,000yen (with 1drink ticket)
sabaco music&cafe@Waseda
・東京メトロ東西線早稲田駅3a/2番出口より徒歩5分
・副都心線西早稲田駅1番出口より徒歩15分

▼入場受付サイト(20名限定)
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/028vcqpyn0m11.html

▼参加方法
1.PASSMARKETで参加申込
2.当日、受付にてQRコードを提示
3.受付にて入場料をお支払い
※最大入場人数に達し次第終了となります
※ご入場に際して、お名前とご本人が一致するか、身分証明書等で確認させて頂く場合がございます。必ずご本人様名義でお申し込みくださいますようお願い申し上げます。

■緊急事態宣言発出期間の開催について

・アルコール類のご提供はございません。
ソフトドリンク(300円~600円)のみのご提供となります。
飲み物を含む飲食のお持込は固くお断り致します。
持ち込みが発覚した場合はその場でご退店頂きます。

・ご来場前のアルコール摂取について
泥酔されていると見受けられる方は当店スタッフの判断によりご入場をお断りさせて頂く場合がございます。

・参加上限人数の引き下げ
通常25名のところ20名限定での開催となります。
参加を予定しているかたは早めにPASSMARKETからエントリーをお願いいたします。

・レジデント出演者に変更があります
今回DJ 774Muzikさんはおやすみです

・その他、開催につきまして
茶箱ハウスルールに準じます。
必ずPASSMARKETサイト「お店からのお知らせ」をご確認ください。

■注意事項

・開催につきましては茶箱ハウスルールに準じます。
・何かしらの理由で再入場する際には再度アルコール消毒をして頂きます
・体調の優れない方、不安に感じられている方はご来店をお見送り頂ますようお願い申し上げます
・感染確認アプリ「COCOA」のインストールと画面確認にご協力ください
・昨今の国内情勢を鑑みて、上記のようなコロナ対策を実施しますのでご協力ください
・開催、入場ルールの変更がある場合にはHardonize公式Twitterアカウントからアナウンスを行います

■Hardonize#38 Guest DJ

ASIN (TTYMF)

ASINは1992年東京生まれ。
絶え間なくなり続ける低音と、攻撃的なパーカッションを特徴とするハードテクノ・シュランツのDJ / Producer。
2011年よりトラックメイキングを始め、2012年イギリスのハードテクノレーベルDatablender Musicから初リリース。
この8me EPは大手販売サイトJuno Downloadにて2週間連続1位を記録。
日本国内でのギグと並行してSounds Diabolic、Bad Brain、JLI、Superbad MIDI Breaks、Section-Seven、Jason’s Maskなど様々なレーベルからリリースを続け、ほとんどのリリースはJunoDownloadのハードテクノチャートで一位を記録している。
特に2016年の4月にBad BrainからリリースしたFuture Listening EPは特徴的な日本語サンプルを使用し話題となる。
2016年の6月にはフランスAdvanced Beatsクルーの招致により初のヨーロッパギグを果たす。
2017年2月にはハードテクノの重鎮Jason Littleの招致により本場ドイツで初のプレイ。
同時期にSection-SevenからリリースしたThe Easy Choiceはハードテクノとトラップミュージックを融合した新しい試みで人気を博しASINの名を一挙にヨーロッパに広めた。
勢いは止まらず同年5月にはベルギー最大のハードテクノパーティーLiberty WhiteにPETDuo / O.B.I. / Svetecなどのビッグアーティストに名を連ね出演。
これまでにヨーロッパ7カ国でプレイし、2018年11月にはドイツで開催されるPumpkin Festivalに出演を果たし、今後も世界的な活躍が期待される。

https://www.facebook.com/asindj
https://soundcloud.com/asinjp
https://www.youtube.com/channel/UCTIEEf3w3eWjN8o3aGK3xyg/videos
https://www.instagram.com/asin_dj/
https://open.spotify.com/artist/4eq7k12yVNPKqr5LgnlpyA
https://ttymf.bandcamp.com


Bishamon (MANTLE)

HARDCORE DJ。
2009年福島県郡山市より活動を開始。現在は横浜に拠点を移し、国内HARDCORE-MUSICの祭典「HARDGATE」をDJ/スタッフとしてサポートしつつ、自らも兄貴分DJ tcmzと共にハードコアイベント「Terrordome」を開催。また、2020年よりジャンルに囚われないハードさを追求したイベント「MANTLE」を立ち上げ、自らのダンスミュージック観の表現に努める。

https://mixcloud.com/bishamon/
https://facebook.com/bishamonakabell/
https://twitter.com/bishamon_bell


■Hardonize Resident DJ

Sango [@Sango]

ArtistPhoto_Sango
2004年7月よりDJ活動を開始。茶箱@早稲田を活動の拠点として都内各所に出没。選曲・精度・流れという三要素に重きを置いたMIXスタイルをモットーに、数多くのイベントで安定感のあるプレイを披露している。ハードテクノ・ハッピーハードコアと極端なジャンルでの活動が多い。「インターネット寄りのDJ」としての面もあり、2ch発祥「ClubVIP」での活動も行っていた。ニコニコ動画においても早々にMIX動画を多数投稿し、特にミキサー操作を解説した動画は現在も若手DJの教材として重宝されているらしい。好きな言葉は「フルレングス」と「セパレート」

TAK666

tak666
TRAKTOR DJと邂逅したことで2005年よりラップトップを用いたDJ活動を開始。
それなりに色々なパーティーに参加したり
異種雑食系パーティー『Cradle to Grave』をオーガナイズしたりして今に至る。
核にある音はロックだが単一のジャンルに絞ることはせず、
こと電子音楽に於いては『Disco, Rave & Bassline』を3大テーマに掲げて
テクノ、ハウス、トランスからブレイクビーツ、ドラムンベース、
ダブステップ、ハードコアに至るまで幅広くカバー、
それらジャンルの境界を容赦無く超えていくプレイを好む。2011年よりその年にリリースされたトラック5曲のみで
MIXを録ってアーカイブする企画『5TRAX』の企画運営を実行、
また時期を同じくして6時間B2Bと云う実験的な試みにも参加し、
2015年にはDJ歴10年と云うことで10時間のロングアワーズを達成するなど
此方とも彼方ともつかない方向へ向かって歩を進めている。

hideは神様。掘骨砕三作品は永遠のバイブル。
ミルクティーが主食。クロスバイクが愛車。好きな言葉は『1クレ50円』。

http://www.tak666.com/


yuduki [@akuwa]


赤と黒が特徴的なレコード店の店員を池袋と柏にて9年間務め、その間で培った知識とセンスを元に2007年にDJをスタート。新旧テクノを幅広く、叩きつけるようなハードミニマルを主軸としながらも、華やかになるような心地の良いハードグルーヴ、更には強烈なベースが炸裂するテックダンスといった様々なジャンルをを織り交ぜるプレイスタイルで早稲田茶箱を拠点に、都内各所へ出没。2008年から早稲田茶箱にてハードテクノを中心とし、周辺ジャンルをも巻き込んでDJ各々の「ハードテクノ」を表現するパーティ「Hardonize」をオーガナイズ。また、2017年にはオールジャンルパーティ「Pandora Box」のレジデントDJにも参加し、テクノのみならずアニソンやポップスでの「グルーヴ感」を大事にしたDJでプレイの幅を更に広げている。好きな言葉は「太いボトム・重いキック」。

【今回お休み】774Müzik (Club VIP) [@774muzik]

774
2005年、DJ活動を開始。活動初期より一貫してHard Techno、Funky Technoをプレイ。DJ活動の傍ら精力的に楽曲制作を行い、2011年には自身主宰レーベルKinetic Drumsを立ち上げ。2012年にはAndy Richmond主宰のHard DanceレーベルDirty Stop Outsより2曲のリミックスワークがリリースされるなど、活動の幅を広げている。尊敬するアーティストは槇原敬之とJeff Mills、好物はプリンモンブラン。

■VJ Crew

KNOCKHEADZ