2022/7/16(sat) Hardonize#41 at waseda sabaco

みなさま、こんにちは!
「ハードテクノ」を様々な周辺ジャンルとともにお届けする
ハードテクノパーティ「Hardonize」です!

2022年の夏にお送りするHardonize41回目のゲストはgekkoとMck4yのお二方が登場!両名ともにハードテクノのみならず、アニソンやポップスなどの原曲からクラブミュージックにおいてもベースミュージックやハードコアなど様々なジャンルでのプレイで関東近郊を中心にプレイしていることから、今回の出演で「ハードテクノ」をどう解釈してプレイしてくれるのか。夏っぽく王道ハードグルーヴなのか、それとも周辺ジャンルを巻き込んでのプレイになるのか・・乞うご期待です!

今回も5月現時点では有観客にて開催予定です!!ハードテクノを聞きながら2022年の夏を楽しく、みなさんとフロアでお会いできることを楽しみにしております!!昨今の事情によりご不便をおかけしておりますが今年もHardonizeはできる限り模索しながらパーティを続けていきますので引き続きよろしくお願いいたします!

■Date

2022/07/16(Sat) 14:00-20:00
※引き続き14:00-20:00での開催となりますのでお間違えの無いようにご来場ください!

■Price & Venue

2,000yen (with 1drink ticket)
sabaco music&cafe@Waseda
・東京メトロ東西線早稲田駅3a/2番出口より徒歩5分
・副都心線西早稲田駅1番出口より徒歩15分

■入場について

入場の際には事前の参加エントリーが必要となります。
ご不便おかけしますが、ご協力よろしくお願いいたします。

https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01br9anb4cc21.html

▼エントリーについて
1.PASSMARKETで参加エントリー
2.当日、受付にてQRコードを提示
3.受付にて入場料をお支払い
※最大入場人数に達し次第終了となります
※ご入場に際して、お名前とご本人が一致するか、身分証明書等で確認させて頂く場合がございます。必ずご本人様名義でお申し込みくださいますようお願い申し上げます。

■注意事項

・開催と入場上限につきましては茶箱ハウスルールに準じます。
・何かしらの理由で再入場する際には再度アルコール消毒をして頂きます
・体調の優れない方、不安に感じられている方はご来店をお見送り頂ますようお願い申し上げます
・感染確認アプリ「COCOA」のインストール並びに画面の提示にご協力ください
・昨今の国内情勢を鑑みて、上記のようなコロナ対策を実施しますのでご協力ください
・開催、入場ルールの変更がある場合にはHardonize公式Twitterアカウントからアナウンスを行います

■Hardonize#41 Guest DJ

gekko
(あにパレ!!/たてあに/FirstFantasy/Back 2 Bellforest/サガアニ/GROOVE SUNRISE)

山梨大学DJサークルBouncY初期メンバーにして2代目代表。大学入学時にVJとして、翌年にDJとしての活動を開始。
1990年~2000年代初頭のHardTechnoをメインとしつつ、様々なジャンルをボーダレスにプレイすることを得意とする。
アニメ・映画・音楽など自身が感銘を受けたサブカルチャーをふんだんに盛り込み、一貫した世界観で紡ぎだすグルーヴは一見の価値あり。

Mck4y(HARD GROOVE COMPANY)

1995年生まれフルタイムゆとり世代
中学時代から欧米のメタルを中心に数多の音楽と触れ合いながら数年前よりHard TechnoやDrum & Bassなどヘヴィで機械的なジャンルに傾倒。
DJとしての活動は2018年から。現在は主に渋谷などでインダストリアルな音を中心にHouseやHIPHOP、アニソンにJPOPなどジャンルレスにプレイしている。
「ちゃんとおうちに帰ろう」「家に帰るまでがパーティ」
家系での注文は(硬め・薄め・少なめ) ライスは付けます。

■Hardonize Resident DJ

774Müzik (Club VIP) [@774muzik]

774
2005年、DJ活動を開始。活動初期より一貫してHard Techno、Funky Technoをプレイ。DJ活動の傍ら精力的に楽曲制作を行い、2011年には自身主宰レーベルKinetic Drumsを立ち上げ。2012年にはAndy Richmond主宰のHard DanceレーベルDirty Stop Outsより2曲のリミックスワークがリリースされるなど、活動の幅を広げている。尊敬するアーティストは槇原敬之とJeff Mills、好物はプリンモンブラン。

Sango [@Sango]

ArtistPhoto_Sango
2004年7月よりDJ活動を開始。茶箱@早稲田を活動の拠点として都内各所に出没。選曲・精度・流れという三要素に重きを置いたMIXスタイルをモットーに、数多くのイベントで安定感のあるプレイを披露している。ハードテクノ・ハッピーハードコアと極端なジャンルでの活動が多い。「インターネット寄りのDJ」としての面もあり、2ch発祥「ClubVIP」での活動も行っていた。ニコニコ動画においても早々にMIX動画を多数投稿し、特にミキサー操作を解説した動画は現在も若手DJの教材として重宝されているらしい。好きな言葉は「フルレングス」と「セパレート」

TAK666


TRAKTOR DJと邂逅したことで2005年よりラップトップを用いたDJ活動を開始。
それなりに色々なパーティーに参加したり
異種雑食系パーティー『Cradle to Grave』をオーガナイズしたりして今に至る。
核にある音はロックだが単一のジャンルに絞ることはせず、
こと電子音楽に於いては『Disco, Rave & Bassline』を3大テーマに掲げて
テクノ、ハウス、トランスからブレイクビーツ、ドラムンベース、
ダブステップ、ハードコアに至るまで幅広くカバー、
それらジャンルの境界を容赦無く超えていくプレイを好む。2011年よりその年にリリースされたトラック5曲のみで
MIXを録ってアーカイブする企画『5TRAX』の企画運営を実行、
また時期を同じくして6時間B2Bと云う実験的な試みにも参加し、
2015年にはDJ歴10年と云うことで10時間のロングアワーズを達成するなど
此方とも彼方ともつかない方向へ向かって歩を進めている。

hideは神様。掘骨砕三作品は永遠のバイブル。
ミルクティーが主食。クロスバイクが愛車。好きな言葉は『1クレ50円』。

http://www.tak666.com/

yuduki [@akuwa]


赤と黒が特徴的なレコード店の店員を池袋と柏にて9年間務め、その間で培った知識とセンスを元に2007年にDJをスタート。新旧テクノを幅広く、叩きつけるようなハードミニマルを主軸としながらも、華やかになるような心地の良いハードグルーヴ、更には強烈なベースが炸裂するテックダンスといった様々なジャンルをを織り交ぜるプレイスタイルで早稲田茶箱を拠点に、都内各所へ出没。

2008年から早稲田茶箱にてハードテクノを中心とし、周辺ジャンルをも巻き込んでDJ各々の「ハードテクノ」を表現するパーティ「Hardonize」をオーガナイズ。また、2017年にはオールジャンルパーティ「Pandora Box」のレジデントDJにも参加。2020年以降のコロナ禍では主戦場とするハードテクノ以外にもDeep Techや声優楽曲のDJ配信などにも参加し、テクノのみならず原曲でも「グルーヴ感」を大事にしたDJでプレイの幅を更に広げている。

好きな言葉は「太いボトム・重いキック」。

■VJ Crew

KNOCKHEADZ


今週のオススメハードテクノ - Resident’s Recommend 2022/6/30

 

はいこんにちは、こんばんは。さんごです。

 

近況

先日、香川と岡山に行ってまいりました。

って前回の更新と出だしが一緒じゃねーかと思われる方もいるかもしれませんが気のせいでありたまたまです。短期間に出かけただけなのですが、折しも日本列島、北から南まで猛暑猛暑猛暑と40度近い地域も出る中での遠出なので、近所のコンビニに行くような軽装で言ったわけですが結果オーライでした。ジーンズとか履いたら死が訪れる。岡山なのに!(※岡山はジーンズが名産です)

エモの向こうにクレーンあり

三菱ケミカル坂出事業所(電車の窓がきたない)

三菱ケミカルは瀬戸大橋の四国側始点のところにあります。毎回通る時にそこを見るのが楽しみだったりするわけで、きちっとインダストリアル分を補給してきましたよ、というわけです。

 

お知らせ

あと2週間くらいとなりました。残20枚といったところでしょうか。毎回のことですが最後の2~3日で駆け込み予約があってワーっと埋まってしまう感じなので、早々に予約を入れて頂いたほうが良いかと思います。0枚となったら追加での入場は一切できませんのでよろしくお願いします。

https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01br9anb4cc21.html

で、大体タイムテーブルも固まっておりまして近日中に発表されるのではないかと。そちらもお楽しみに。

 

今週のようつべ

茨城にDJ RYOTAさんという長年ハードテクノDJをされている方がいらっしゃって、お会いしたいなーとか、何か一緒にやりたいなーと思いつつも、何かこう…機会を逃し続けている所でコロナ禍になっちゃったりして、また間が悪いなーという昨今の情勢なのですが、そんな中で非常に素敵なMIX動画が28日に公開されまして、セットが本当にド直球の、このブログ読者なら大絶賛のハードグルーヴでして、激推しマストです。ぜひ。

 

今週の新譜紹介

Luv Is The Answer (Original Mix) by Stu Chapman, Dj Nee

Stu Chapmanは前に一回紹介していたかな?まあレイヴブレークス大好きマンとして省略できない感じではあるのですが、明るさはちょっとナリを潜めて少々ストイック・エモ気味な奴です。中々に渋い。

Opulent (Original Mix) by Precursor (NL)

たまにこういう奴を聞きたくなる。いや本当にどこかで使う機会があるんだろうかこれ…ラウンジDJって感じでもないしなあ…大きめの箱でトップバッターになったら序盤で使うとか?いやーわかんないなこれ。でもわかんないなりに格好いいです。リズム隊がとてもいい。

Sonoplastic Mesure (Original Mix) by F.Tek

ここいらで直球ハードグルーヴ行っておきましょう。お馴染みのF.Tekですからね。リズム隊も「らしさ」あります。中盤戦での引っ張りに使えそうなナイストラックと言えるでしょう。いかようにも調理できるクセの少な目な王道トラック。

Black Cat (Original Mix) by Borja Martin

Borja Martinと言えば当ブログでも3~4回くらい登場しておりまして、自分でも紹介したことがあったはず。その際は「Super Mario Groove」という曲名そのまんまマリオネタじゃねーかという奴でありました。で、これはネタ物ではなくかなり直球なんですよ。ただこのブレイクでのベースのドッドッドッ感、かなり良くないですか?

thousand kisses (Original Mix) by Vladimir Dubyshkin

難読テクノトラックメーカー名ランキング上位にノミネート!!というくらい読めないVladimir Dubyshkinなんですが、相当にクセのあるトラックですよこれは。何でウグイスの鳴き声が連発されているのか…でも格好いいんですよこれが。「変なテクノ」「格好いいテクノ」の格好いい寄り、ギリギリのラインです。個人的には好き。

 

 

というわけで本日はここまで。次回更新は7月4日です!


今週のオススメハードテクノ - Resident’s Recommend 2022/6/28

こんばんは。774muzikです。
仕事周りが何だか立て込んでいて、てんてこまいです。
そして暑い。

近況。
モンスターハンターライズのG級アップデート「サンブレイク」が遂にやってきます。
ハンター諸兄、新たな狩りに備えましょう。
近況おわり。

次回Hardonizeまで1か月を切っております。

事前エントリーをお忘れなく。
夏ということで、この季節っぽい感じでいきたいと思いつつ、単にトライバルに走るのは芸が無いようにも・・・
どういう方向性でいこうか悩み中。

ということで、本題入りましょう。
今回は自作ブート特集の最終回、ニコ動に上げている楽曲のご紹介をしていきたいと思います。
過去2回もチェックしてもらえると嬉しいです。
第1回 第2回

テクノリオン


2chのクラブミュージックスレッド「Club VIP」のリアルイベント用に作った曲。
ネタ先行の出オチ感。完全に上物が主役の曲なので、リズム部分はあまり主張しないように作ってます。
mp3はこちらから。

Off Rhythm


Underworld×Perfumeの第一弾。
Two Months Offが好きすぎて、Underworldに偏りがち。
PerfumeとUnderworldのヴォーカルが掛け合いになるところが好き。
mp3はこちらから。

外山恒一に色々マッシュアップしたやつ


外山恒一の有名な政見放送に、男塾とか北斗の拳とか佐藤B作とか布袋のBattle Without Honor Or Humanityとか室井慎次のテーマとか、ごった煮的に色んなネタをぶち込んだやつ。
一応、ちゃんとMixで使うことを想定した作りにはしていて、確か1回は実際に使ったことがあった気がする。
うん、嫌いじゃない。
HDD漁れば元ファイルあると思うんだけど、アップした当時にmp3を上げてなかったのでダウンロードリンクなしです。

French Kiss × To The Club


Lil Louis – French KissとSPANKOX – To The Clubのマッシュアップ。
これもClub VIPのリアルイベント用に作った曲。
結構好き。
これもmp3上げてなかったな。。。

ということで、現在表に出ているブート作品はこんなところですね。
他にも色々な機会に単発で投下したものがあるんですが、古のPCから取り外したHDDの奥底に眠っていると思われます。
電気の虹のリミックスだったりLFOのFreaksのリミックスとか。
その辺りもそのうち発掘して供養したいと思います。

mp3が上がってないやつで、もし欲しいという奇特な方がいらっしゃいましたら元ファイルを探してみますのでお声がけくださいませー。
本日の更新はここまで。次回更新は木曜日、DJ Sangoがお送りします。
ではー。