2021/10/09(sat) Hardonize #39 at sabaco music&cafe


みなさま、こんにちは!
「ハードテクノ」を様々な周辺ジャンルとともにお届けするハードグルーヴパーティ「Hardonize」です!

40回目前と迫った39回目、今回のゲストは秋葉原MOGRAのマネージャーを務めベースミュージックを中心に日本各地で多方面に活躍するharaが早稲田茶箱初プレイ!そして、Hardonizeには3回目の出演となる我らがジャパニーズハードグルーヴの雄、本間本願寺のお二人をお呼びするハードな6時間。今回も二度とないであろう組み合わせのレジデントとゲストによる一期一会の共演をお見逃しなく!!

今回も上限をかけながらになってしまいますが有観客にて開催(予定)です!!ハードテクノを聞きながらみなさんと楽しくフロアでお会いできることを楽しみにしております!!!昨今の事情によりなかなか皆様にはご不便をおかけしておりますがHardonizeは色々模索しながら続けていきますので引き続きよろしくお願いいたします!

■Date

2021/10/9(Sat) 14:00-20:00
※14:00-20:00での開催となりますのでお間違えの無いようにご来場ください!

■Price & Venue

2,000yen (with 1drink ticket)
sabaco music&cafe@Waseda
・東京メトロ東西線早稲田駅3a/2番出口より徒歩5分
・副都心線西早稲田駅1番出口より徒歩15分

■入場について

入場の際には事前の参加エントリーが必要となります。
ご不便おかけしますが、ご協力よろしくお願いいたします。

https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01p07i2c61v11.html

▼エントリーについて
1.PASSMARKETで参加エントリー
2.当日、受付にてQRコードを提示
3.受付にて入場料をお支払い
※最大入場人数に達し次第終了となります
※ご入場に際して、お名前とご本人が一致するか、身分証明書等で確認させて頂く場合がございます。必ずご本人様名義でお申し込みくださいますようお願い申し上げます。

■注意事項

・開催につきましては茶箱ハウスルールに準じます。
・何かしらの理由で再入場する際には再度アルコール消毒をして頂きます
・体調の優れない方、不安に感じられている方はご来店をお見送り頂ますようお願い申し上げます
・感染確認アプリ「COCOA」のインストールと画面確認にご協力ください
・昨今の国内情勢を鑑みて、上記のようなコロナ対策を実施しますのでご協力ください
・開催、入場ルールの変更がある場合にはHardonize公式Twitterアカウントからアナウンスを行います

■Hardonize#39 Guest DJ

hara

1991年生まれ。
2007年からDJとして都内クラブを中心に活動。
レコードショップのバイヤーを経て、2013年に「HyperJuice」名義での活動をスタート。

自身が主催する「TOO YOUNG TO DANCE @ Contact Tokyo」「ハイパーの日 @ club asia」「elemog @ MOGRA」といったレギュラーパーティーから、「ULTRA JAPAN 2015」「Outlook Festival Japan」「Electric Zoo」等の大型フェス、全国15箇所を巡った「Lights Release Tour」など国内外各地でプレイ。

海外アーティスト来日の際のサポートアクトや国内ツアーへの同行を多数行い、
2016年にはロンドンを拠点にするレーベル “Butterz” のElijah & Skilliamがプロデュースする「Boiler Room Tokyo JP Grime All-Stars」に招致された。

UKグライムシーンの重要人物・Stormzyから初来日の際にライブDJに指名され「adidas Originals by NIGO」のプロモーションムービーに参加。

Pioneer DJのオフィシャルプレイヤーとしてDJソフトウェア「rekordbox™」や製品開発に携わり、「Pioneer DJ XDJ-RX2」のプロモーションを担当。

TBS RADIO、J-WAVE、inter FM等の公共ラジオにもDJ出演し、クラブミュージック専門ラジオ局block.fmでは不定期放送番組「HYPE ME RADIO」のパーソナリティーを務める。

hara名義の楽曲提供では「Yokohama Walker (Triple Trippin’ remix)」が収録されたアルバム「ヒプノシスマイク – MAD TRIGGER CREW VS 麻天狼」がオリコン1位を獲得。
サイプレス上野とロベルト吉野の結成20周年を記念したコラボEP「サ上とロ吉と」収録の「Uptown Anthem feat. 碧棺左馬刻」の作編曲を担当。
KONAMIのダンスゲーム「DANCERUSH STARDOM」に書き下ろし楽曲「RAVELINE ATTACK」収録。

秋葉原MOGRAのマネージャーを務め、イベントのプロデュースやTwitch Japanが主催する「Twitch Streamer Battle」への出場など様々な分野で多岐に渡って活動中。
東京の次世代を牽引するDJの1人。

本間本願寺(Adult Records/ビッグファイア)

2009年、オランダのAdult Recordsから“Bamboo EP”でデビュー。以降、Vezotonik, Naked Lunch, Red Ribbonなど、欧州のレーベルを中心に楽曲をリリース、世界各国のダウンロード・ショップのヒットチャートにも度々出現する。さらにシカゴのレーベルOrchidからの第一弾EP“The Houz’Mon EP”にDJ Funkらと共に楽曲を提供、Chester Beatty主宰MiMiへの参加など、ヴァイナル・リリースも続き、リミキサーとしてもIgnition Technician, Ummet Ozcan, Goncalo Mら多くのアーティストの曲を手掛け、好評を博す。

自身のロックバンド“ビッグファイア”ではMarshall Jeffersonを筆頭にFast Eddie, Paul Johnson, Robert Armani, Joe Smooth, Jammin Gerald, K Alexi, Houz’Mon等、シカゴ・ハウスのオリジネーターによるリミックスをフィーチャーした作品を継続的にリリース。ジャケットは全て『恐竜大紀行』(週刊少年ジャンプ連載)で知られる岸大武郎の筆による。現在、ニューアルバム制作中(2021年内発表予定)。

毎月第一木曜、池袋knotで主催のパーティ“Tourism”は国内外の愉快なアーティストをゲストに招きながら開催150回を超え、現在も継続して行われている。

http://bigfire.info

■Hardonize Resident DJ

774Müzik (Club VIP) [@774muzik]

774
2005年、DJ活動を開始。活動初期より一貫してHard Techno、Funky Technoをプレイ。DJ活動の傍ら精力的に楽曲制作を行い、2011年には自身主宰レーベルKinetic Drumsを立ち上げ。2012年にはAndy Richmond主宰のHard DanceレーベルDirty Stop Outsより2曲のリミックスワークがリリースされるなど、活動の幅を広げている。尊敬するアーティストは槇原敬之とJeff Mills、好物はプリンモンブラン。

Sango [@Sango]

ArtistPhoto_Sango
2004年7月よりDJ活動を開始。茶箱@早稲田を活動の拠点として都内各所に出没。選曲・精度・流れという三要素に重きを置いたMIXスタイルをモットーに、数多くのイベントで安定感のあるプレイを披露している。ハードテクノ・ハッピーハードコアと極端なジャンルでの活動が多い。「インターネット寄りのDJ」としての面もあり、2ch発祥「ClubVIP」での活動も行っていた。ニコニコ動画においても早々にMIX動画を多数投稿し、特にミキサー操作を解説した動画は現在も若手DJの教材として重宝されているらしい。好きな言葉は「フルレングス」と「セパレート」

TAK666

tak666
TRAKTOR DJと邂逅したことで2005年よりラップトップを用いたDJ活動を開始。
それなりに色々なパーティーに参加したり
異種雑食系パーティー『Cradle to Grave』をオーガナイズしたりして今に至る。
核にある音はロックだが単一のジャンルに絞ることはせず、
こと電子音楽に於いては『Disco, Rave & Bassline』を3大テーマに掲げて
テクノ、ハウス、トランスからブレイクビーツ、ドラムンベース、
ダブステップ、ハードコアに至るまで幅広くカバー、
それらジャンルの境界を容赦無く超えていくプレイを好む。2011年よりその年にリリースされたトラック5曲のみで
MIXを録ってアーカイブする企画『5TRAX』の企画運営を実行、
また時期を同じくして6時間B2Bと云う実験的な試みにも参加し、
2015年にはDJ歴10年と云うことで10時間のロングアワーズを達成するなど
此方とも彼方ともつかない方向へ向かって歩を進めている。

hideは神様。掘骨砕三作品は永遠のバイブル。
ミルクティーが主食。クロスバイクが愛車。好きな言葉は『1クレ50円』。

http://www.tak666.com/

yuduki [@akuwa]


赤と黒が特徴的なレコード店の店員を池袋と柏にて9年間務め、その間で培った知識とセンスを元に2007年にDJをスタート。新旧テクノを幅広く、叩きつけるようなハードミニマルを主軸としながらも、華やかになるような心地の良いハードグルーヴ、更には強烈なベースが炸裂するテックダンスといった様々なジャンルをを織り交ぜるプレイスタイルで早稲田茶箱を拠点に、都内各所へ出没。2008年から早稲田茶箱にてハードテクノを中心とし、周辺ジャンルをも巻き込んでDJ各々の「ハードテクノ」を表現するパーティ「Hardonize」をオーガナイズ。また、2017年にはオールジャンルパーティ「Pandora Box」のレジデントDJにも参加し、テクノのみならずアニソンやポップスでの「グルーヴ感」を大事にしたDJでプレイの幅を更に広げている。好きな言葉は「太いボトム・重いキック」。

■VJ Crew

KNOCKHEADZ


今週のオススメハードテクノ - Resident’s Recommend 2021/09/23 【秋分の日】

 

はいこんにちは、こんばんは、さんごです。

 

9月23日は秋分の日で祝日となっておりますが、いい機会なのでなんとなくWikipediaなど見まして「そもそもどういう祝日なのか」を再確認しておりました。

しばしば昼が短くなって「昼と夜の長さが等しくなる日」といわれるが」うんうんわかるわかる。「実際は昼の方が少し長い」えっ、そうなの…???

一つ学びがありましたね。まだまだ学ぶことが沢山ある…

【告知】

毎度毎度のことながらイベントをやる側は学びが多く、今回の豪華ゲストお二方からも多量の学びがあるのではないかなと思っております。楽しくやって得るものは得る。

こちらはこちらで(半分は)このブログを書くために巡回して得た新譜群をバーっとハコで放出するべく色々とやっております。来月に控えた39回目についても、多数の新譜をいい音響でご紹介できるのではないかと。

2021/10/09(sat) Hardonize #39 at sabaco music&cafe

一応お約束で書いておきますが、入場予約制となっていますし10月以降の国内情勢によってその規制状況にも多少の変化があるかと思います。お早めの予約をお願いしますね。

 

 

 

さてそれでは、おススメの楽曲紹介、やっていきましょう!

 

The Trinity (Original Mix) by Riotbot

ハードグルーヴ文脈で最近よく登場しておりますRiotbot。これもゴリッゴリの攻め攻めなハードグルーヴでして、ショートブレイクから重いブレイクビーツになるのが、これがまた格好良さ…!他の楽曲と混ぜなくてもこれ一本で十分「映える」やつになっています。

Bring The Beat Back (Original Mix) by DJ Jedi

ブレイクビーツハードコアの大名門ナイトフォースから、このレーベルなら、まあそらそうでしょうという展開の、2021年になっても相変わらずコレ!というレイヴブレイクビーツ。そしてブレイクは問答無用のピアノバッキング祭り。この手の音が好きな人にはもう本当にたまらないやつ。

Rip Off 11.1 (Original Mix) by Michael Burkat

Techno Parade Compilationsというレーベル…というよりは何だこれ、プロジェクトなのかなんなのか、まあコンピレーションひたすら出すとこありますよね、という所でTechno Paradeというシリーズがありまして、その#21に収録されたのがこのマイケル・ブルカトの楽曲です。

で、これちょっと謎があって楽曲ナンバリング的には11.1なんですよね。ブルカトのレーベルでRip Off Recordsというのがあって、そこで2006年まで1~10番が出ておりまして、Discogs的にはそこで途切れております。じゃあこの11番は何なんだと。何なんでしょうね本当に…リリースの機会がないままお蔵入りになったのを出してきた新譜なのかどうか…はて??

Hard Power (Original Mix) by Omega Drive

ハードグルーヴ界の10連ガチャことOmegaDriveですがこの感じはSSRの予感です。いいとこ引きました。派手過ぎず…まあ人によってはすげえ派手に聞こえるかもしれんが…どこでも使える感じがします。

 

今週のアンセム候補

突然の謎コーナー開始なんですが、HardonizeクルーはBeatportで新譜巡回を行うことが多く、しかも同じジャンルを掘るものですから「被り」が発生して自分の番手が来るまでにおススメ楽曲を紹介されてしまうという「読み合い」が発生しております。

Feel (MRD Remix) by Lee Ann Roberts

複数メンバーが紹介したい楽曲ということは「アンセム候補になるんじゃね?」ということで、火曜の更新で774くんが紹介していたこれ、わたくしもチェックしておりまして「被り」ましたので今週のアンセム候補として勝手に紹介させていただきました。

 

 

というわけで本日はここまで。次回更新は9月28日です!


今週のオススメハードテクノ - Resident’s Recommend 2021/09/21【フル●ン】

こんばんは。774muzikでございます。
本日、2回目のワクチンを打ってきまして、フルチンもといFully Vaccinatedになって参りました。
これを書いている時点では、やや左腕の違和感程度あるかな?程度の副反応なんですが、さてどうなるか。

さて措き。
Hardonize本戦まで1か月を切っておりますので、是非エントリーお願いします。
久しぶりの現場ということで、どんなネタをぶち込んでやろうかと大変楽しみです。

2021/10/09(sat) Hardonize #39 at sabaco music&cafe

それでは本題です。
(いつも通り)直近のリリースから「おっ」と思ったものをご紹介していきましょう。
Eric Sneoのリマスター物なんかも来ていて、これhマストバイですよ!

そして本日のBest3。

クソカッコ良くて良い(語彙力)

ということで本日はここまで。
次回更新は木曜日、DJ Sangoがお送りします。ではー!