2021/02/20(sat) Hardonize #37.5 online streaming & #38開催延期のお知らせ



みなさま、こんにちは!
「ハードテクノ」を様々な周辺ジャンルとともにお届けするハードグルーヴパーティ「Hardonize」です!

今回のHardonizeは当初38回目として開催を予定しておりましたが、開催を延期し次回への助走ということで14年目にして初のハーフナンバリング「37.5回目のHardonize」として無観客・配信オンリーのイベントとして開催となりました。しかし、当初お呼びするはずだったゲストのお二方は今回の37.5回目、延期となった38回目ともに出演いただくという形になりますので、再び皆様とフロアでお会い出来るタイミングで改めて38回目のHardonizeとして開催したいと考えております。

それぞれの環境からハードテクノで大いに盛り上がって楽しみましょう!!

■Date/Streaming URL

2021/02/20(Sat) 14:00-20:00

▼早稲田茶箱Twitch ch.
https://www.twitch.tv/sabaco_waseda

■Hardonize#37.5/#38 Guest DJ

ASIN (TTYMF)

ASINは1992年東京生まれ。
絶え間なくなり続ける低音と、攻撃的なパーカッションを特徴とするハードテクノ・シュランツのDJ / Producer。
2011年よりトラックメイキングを始め、2012年イギリスのハードテクノレーベルDatablender Musicから初リリース。
この8me EPは大手販売サイトJuno Downloadにて2週間連続1位を記録。
日本国内でのギグと並行してSounds Diabolic、Bad Brain、JLI、Superbad MIDI Breaks、Section-Seven、Jason’s Maskなど様々なレーベルからリリースを続け、ほとんどのリリースはJunoDownloadのハードテクノチャートで一位を記録している。
特に2016年の4月にBad BrainからリリースしたFuture Listening EPは特徴的な日本語サンプルを使用し話題となる。
2016年の6月にはフランスAdvanced Beatsクルーの招致により初のヨーロッパギグを果たす。
2017年2月にはハードテクノの重鎮Jason Littleの招致により本場ドイツで初のプレイ。
同時期にSection-SevenからリリースしたThe Easy Choiceはハードテクノとトラップミュージックを融合した新しい試みで人気を博しASINの名を一挙にヨーロッパに広めた。
勢いは止まらず同年5月にはベルギー最大のハードテクノパーティーLiberty WhiteにPETDuo / O.B.I. / Svetecなどのビッグアーティストに名を連ね出演。
これまでにヨーロッパ7カ国でプレイし、2018年11月にはドイツで開催されるPumpkin Festivalに出演を果たし、今後も世界的な活躍が期待される。

https://www.facebook.com/asindj
https://soundcloud.com/asinjp
https://www.youtube.com/channel/UCTIEEf3w3eWjN8o3aGK3xyg/videos
https://www.instagram.com/asin_dj/
https://open.spotify.com/artist/4eq7k12yVNPKqr5LgnlpyA
https://ttymf.bandcamp.com


Bishamon (MANTLE)

HARDCORE DJ。
2009年福島県郡山市より活動を開始。現在は横浜に拠点を移し、国内HARDCORE-MUSICの祭典「HARDGATE」をDJ/スタッフとしてサポートしつつ、自らも兄貴分DJ tcmzと共にハードコアイベント「Terrordome」を開催。また、2020年よりジャンルに囚われないハードさを追求したイベント「MANTLE」を立ち上げ、自らのダンスミュージック観の表現に努める。

https://mixcloud.com/bishamon/
https://facebook.com/bishamonakabell/
https://twitter.com/bishamon_bell


■Hardonize Resident DJ

774Müzik (Club VIP) [@774muzik]

774
2005年、DJ活動を開始。活動初期より一貫してHard Techno、Funky Technoをプレイ。DJ活動の傍ら精力的に楽曲制作を行い、2011年には自身主宰レーベルKinetic Drumsを立ち上げ。2012年にはAndy Richmond主宰のHard DanceレーベルDirty Stop Outsより2曲のリミックスワークがリリースされるなど、活動の幅を広げている。尊敬するアーティストは槇原敬之とJeff Mills、好物はプリンモンブラン。

Sango [@Sango]

ArtistPhoto_Sango
2004年7月よりDJ活動を開始。茶箱@早稲田を活動の拠点として都内各所に出没。選曲・精度・流れという三要素に重きを置いたMIXスタイルをモットーに、数多くのイベントで安定感のあるプレイを披露している。ハードテクノ・ハッピーハードコアと極端なジャンルでの活動が多い。「インターネット寄りのDJ」としての面もあり、2ch発祥「ClubVIP」での活動も行っていた。ニコニコ動画においても早々にMIX動画を多数投稿し、特にミキサー操作を解説した動画は現在も若手DJの教材として重宝されているらしい。好きな言葉は「フルレングス」と「セパレート」

TAK666

tak666
TRAKTOR DJと邂逅したことで2005年よりラップトップを用いたDJ活動を開始。
それなりに色々なパーティーに参加したり
異種雑食系パーティー『Cradle to Grave』をオーガナイズしたりして今に至る。
核にある音はロックだが単一のジャンルに絞ることはせず、
こと電子音楽に於いては『Disco, Rave & Bassline』を3大テーマに掲げて
テクノ、ハウス、トランスからブレイクビーツ、ドラムンベース、
ダブステップ、ハードコアに至るまで幅広くカバー、
それらジャンルの境界を容赦無く超えていくプレイを好む。2011年よりその年にリリースされたトラック5曲のみで
MIXを録ってアーカイブする企画『5TRAX』の企画運営を実行、
また時期を同じくして6時間B2Bと云う実験的な試みにも参加し、
2015年にはDJ歴10年と云うことで10時間のロングアワーズを達成するなど
此方とも彼方ともつかない方向へ向かって歩を進めている。

hideは神様。掘骨砕三作品は永遠のバイブル。
ミルクティーが主食。クロスバイクが愛車。好きな言葉は『1クレ50円』。

http://www.tak666.com/


yuduki [@akuwa]


赤と黒が特徴的なレコード店の店員を池袋と柏にて9年間務め、その間で培った知識とセンスを元に2007年にDJをスタート。新旧テクノを幅広く、叩きつけるようなハードミニマルを主軸としながらも、華やかになるような心地の良いハードグルーヴ、更には強烈なベースが炸裂するテックダンスといった様々なジャンルをを織り交ぜるプレイスタイルで早稲田茶箱を拠点に、都内各所へ出没。2008年から早稲田茶箱にてハードテクノを中心とし、周辺ジャンルをも巻き込んでDJ各々の「ハードテクノ」を表現するパーティ「Hardonize」をオーガナイズ。また、2017年にはオールジャンルパーティ「Pandora Box」のレジデントDJにも参加し、テクノのみならずアニソンやポップスでの「グルーヴ感」を大事にしたDJでプレイの幅を更に広げている。好きな言葉は「太いボトム・重いキック」。

■VJ Crew

KNOCKHEADZ


【特集】フリーダウンロード2020 (前編):今週のオススメハードテクノ - Resident’s Recommend 2021/01/21

こんばんは。TAK666です。
レジデントが代わる代わるオススメハードテクノを紹介するこのコーナー、
およそ1か月ぶりに担当致します。

大分遅い挨拶ですが、明けましておめでとうございます。
2021年もHardonizeをよろしくお願い致します。

さて、先週~今週にかけてお伝えしておりますように、昨年から日程の解禁を行っておりました次回のHardonizeは残念ながらオンラインでの開催となってしまいました。
楽しみにしていた方々、大変申し訳ございません。

しかしその旨を今回のゲスト2名に相談したところ、ありがたいことにそれでも出演をご快諾頂けたこと、そしてやはりゲストのプレイは茶箱の音響で提供したいという思いからHardonize史上初のハーフナンバリング開催、そしてゲストの2回連続出演という運びになりました。

そのゲスト2名というのがASINさんとBishamonさん。
片や国内は元より海外からも支持の厚い現行シュランツの筆頭格、片や自身のパーティーでテクノとガバの交差点を探求する目利き且つ腕利きという、シリアスでアグレッシヴな音を得意とする方々です。
ファンキーな音や馬鹿っぽい曲もそれはそれでHardonizeクルー全員好きですが、無機質さ、狂暴性といったワードもまたハードテクノの魅力の1つだと思っておりますので、そういった側面に照準を合わせてくれることを期待しております。

そんなワケで差し当たり前哨戦としての37.5回目を2021年02月20日に配信します。
38回目は同じ2名をお招きした上でいつもの早稲田茶箱にて開催致しますので日程が決まり次第、こちらで告知させて頂きます。
お見逃し無く。

さて、そんな社会情勢が相変わらずめでたくない感じなので、せめてハードテクノ的にめでたい内容をお送りしたいと思う今日この頃。
ところでお正月といえば1番の楽しみはお年玉ですよね。
子供時代の1番の収入源であり、この瞬間だけは世の中の娯楽を全て体現できる気がしたのは僕だけでは無い筈です。

一方で時を経て大人になった今、好きなものは何かと問われればこれも自明の理。
そう、フリーダウンロードですよね。
時にDJは持参した曲をと呼んだりしますから、ダウンロードした音源はつまり落とし弾と呼べるわけです。
分かりますか?この高度過ぎるロジックが。

となると今回やるべきテーマはただ1つ、

フリーダウンロード特集

です。

熱心に当連載をご覧頂いている奇特な方はご存知かと思いますが、ここ2年程、年明け初っ端の記事は前年のフリーダウンロード楽曲の振り返りというのをやっておりまして、今年もその踏襲です。
参考までに過去の記事はこちら。

今見返すとちょいちょいリンク切れがあるので、賞味期限のあるものと思っていた方が良さげ。

そんなワケで2020年分をピックアップしていたところ、やはり数が多くなってしまったこともあって今回も前後編に分けてご紹介します。
一応カテゴリ分類として

・今回:メインストリームテクノ&ダークテクノ&ハードミニマル~シュランツ

・次回:ハードグルーヴ&ハードアシッド&テックトランス

とした上で、それぞれ10曲程度取り上げていきます。
これからハードテクノに触れる人や、自身のプレイ幅を広げたいと考えている方の取っ掛かりとして参考になれば幸いです。

それでは、令和2度目のフリーダウンロードハードテクノ特集 (前編)いってみましょう。

【メインストリーム編】

ArchivOne / Shape

ArchivOne – Shape [Free Download] by ArchivOne | Archiv One | Free Listening on SoundCloud

イタリアのプロデューサーArchivOneによるテクノ
ひたすら反復するリフが往年のテクノ然とした印象を受けるトラック。
ドライクラップとかハイハットの音にも懐かしさを覚える一方で低音はしっかり現代寄りの深度を持っているのでフロアで聴きたい感じ。
分かりやすく例えると石野卓球 / GHOST IN THE SHELLに凄く近いものを感じます。

Amelie Lens / Contradiction (Greg Downey Rework)

Amelie Lens – Contradiction (Greg Downey Rework) FREE DOWNLOAD by Greg Downey | Free Listening on SoundCloud

イギリスのプロデューサーGreg Downeyによるテクノ
原曲の硬度とアシッド感をそのままに速度を付加したアレンジ。
派手過ぎず、ストイック過ぎずという雰囲気なので色々な曲との橋渡しに使えそうです。

Obscure Shape & SHDW / Take Me To The Limit

Obscure Shape & SHDW – Take Me To The Limit (Free Download) by Techno Germany | Free Listening on SoundCloud

ドイツのプロデューサー同士、Obscure ShapeSHDWによるテクノ
ユーロビートの原曲を現行テクノにリメイクしたという風変わりな作品。
享楽的なフレーズはそのままなのにリズムの硬度が逆にシリアスさを醸し出している辺り、アレンジ力の高さが光ります。
ハードグルーヴとしても使えそう。

同じアーティストでこっちもオススメ。
こちらはまさかのRammsteinアレンジ。
エレクトロ風のビヨビヨシンセに硬質なリズムがボディーミュージックっぽさもあってかなりイカしてます。

Obscure Shape & SHDW / Du Hast

Obscure Shape & SHDW – Du Hast [TG002] (Free Download) by Techno Germany | Free Listening on SoundCloud

Advanced Hedonism / Yeswell666!

Advanced Hedonism – Yeswell666! (Free Download) by advanced ‡ hedonism | Free Listening on SoundCloud

国籍不詳ユニットAdvanced Hedonismによるテクノ
非4つ打ち~4つ打ち間を行き来するアングラ感あるリズムシーケンス。
シカゴハウス、レイヴ、テクノが混然一体となったゴチャゴチャサウンドは変ミュージック好きにとって涎が出ます。
テクノとしか形容できない何か。

【ダークテクノ編】

Charlie Sparks / Acid Amy

Charlie Sparks – Acid Amy (FREE DOWNLOAD) by Charlie Sparks | Free Listening on SoundCloud

イギリスのプロデューサーCharlie Sparksによるダークテクノ
アシッドシンセを主軸にエコー処理された女性ボーカルが並走する硬くて暗いサウンド。
ウワモノが印象的な分、メインストリームテクノとも相性良くてまだ使いやすい部類だと思われます。

Pitch! / Sektor

Pitch! – Sektor (Original Mix)- FREE DOWNLOAD – by Pitch! | Free Listening on SoundCloud

ドイツのプロデューサーPitch!によるダークテクノ
終始無慈悲なキックが鳴り響く一方、ウワモノはレイヴシンセ。
治安の暴落に一役買ってくれそうなタイプの曲として重宝しそう。

Otin / I’m A Demon (Bootleg)

Otin – I’m A Demon (Bootleg)[FREE DOWNLOAD] by OTIN TECHNO | Free Listening on SoundCloud

ベルギーのプロデューサーOtinによるダークテクノ
度々ブートレグをSoundcloud上で公開していることもあり、ダークテクノシーンではかなり知られた存在です。
上記の曲より更に深度の増した強烈なボトムに加え、様々なサウンドが入れ替わり立ち代わりで展開される引き出しの多さが特徴的。
それでも一貫して曲の雰囲気は暗いという、キレッキレなトラック。

Victek / Riots

Riots [Dark Techno – Free Download] by Victek | Free Listening on SoundCloud

スペインのプロデューサーVictekによるダークテクノ
今回紹介する中に於いてリズムの歪み度は一等賞。
徹頭徹尾スモーキーなウワモノとリズムと声ネタでもってテクノの凶悪さを演出しております。

The Prodigy / Smack My Bits Up (Marco Stenzel’s Acid Techno Rework)

The Prodigy – Smack My Bits Up (Marco Stenzel’s Acid Techno Rework) by Marco Stenzel | Free Listening on SoundCloud

ドイツのプロデューサーMarco Stenzelによるダークテクノ
定期的に出回るThe Prodigy / Smack My Bitch Upネタ。
とはいえ、ここまでダークでアシッドなアレンジは初めて聴いたのでなかなか印象に残りました。
オフィシャルのPVが体現していたようなドラッギーで妖艶な暴力がそのまんま音に落とし込まれたようなアレンジ。
紛うことなきピークタイムチューン。

【ハードミニマル~シュランツ編】

GHOSTMANE / Lazaretto (Counts Edit)

GHOSTMANE – Lazaretto ( Counts Edit )(FREE DOWNLOAD) by Counts | Counts | Free Listening on SoundCloud

ドイツのプロデューサーCountsによるハードミニマル
これもなかなかの歪み度を誇っており、インダストリアルとの中間点と置いた方がすんなりいきそうな作品。
速いテンポで鳴り響くスモーキー且つノイジーなウワモノの連続は攻撃力高め。

Angy Kore & Gabriel Padrevita / Lethal Funky Industry

Angy Kore & Gabriel Padrevita – Lethal Funky Industry [FREE DOWNLOAD] by Techno Germany | Free Listening on SoundCloud

イタリアのプロデューサーAngy KoreとドイツのプロデューサーGabriel Padrevitaによるハードテクノ
声ネタはPublic Enemy / Caught, Can We Get A Witness?、ブレイク以降のリフはTiesto / Lethal Industryのサンプリングでありながら曲としてはハードダンス混じりのハードテクノという、なかなかの盛り沢山具合。
こういうかけ離れた要素同士が更にかけ離れたところで繋がるのは聴いてて楽しいですね。

Depeche Mode / Personal Jesus (Coble EDIT)

Depeche Mode – Personal Jesus (Coble EDIT) by Dusk Records | Free Listening on SoundCloud

フランスのプロデューサーCobleによるシュランツ
ちなみに原曲はこちら。
Depeche Modeのテクノアレンジ自体はそうそう珍しくないものの、アシッド混じりのシュランツという点で特異だと感じた次第。
時折差し込まれるアーメンブレイクも遊び心があって◎。

DYEN / Born Slippy

DYEN – Born Slippy [TG003] (Free Download) by Techno Germany | Free Listening on SoundCloud

オランダのプロデューサーDYENによるシュランツ
まだ出るのか!Born Slippyネタのシュランツが!とった別の驚きをしてしまった作品。
最早シュランツはネタモノの音楽ではないことは分かっていつつも、ついこの手の曲にはそそられてしまうのも確か。
イントロが原曲そのまんまで始まるので、原曲と思わせて実は~的なイヤらしい引っかけが期待できますね774Muzikさん?

まとめ

以上、2020年フリーダウンロード特集 (前編)をお送りしました。
結構削ったものの、当初予定していた10曲は結局超えてしまいました。
おそらく後編もこのくらいの分量でお送りすることになると思いますので何卒ご容赦の程を。

こうして一纏めにしてみるとベテラン、若手、有名無名関係なくフリーダウンロードでのリリースが行われていることが分かります。
アイディア寄りの楽曲だったり、危ないシロモノはこういった手段で流通していることが多々あるので、引き続き注視していくとより良いテクノライフを送れるのではと思うわけです。

といった辺りで今回はここまで。
ハードグルーヴ、ハードアシッド、テックトランスにスポットを当てた後編は02月04日公開予定となっておりますのでお見逃しなく。

次週01月26日は774Muzikさんが担当します。
今回はこれにて。

続きを読む


2021年1月前半の新譜ハードミニマルピックアップ:今週のオススメハードテクノ - Resident’s Recommend 2021/01/19

はいどうも、今週もHardonizeレジデントがオススメのハードテクノを紹介していく連載記事。火曜日担当yuduki(@akuwa)です。皆様遅ればせながらあけましておめでとうございます(新年初の担当なので)。2021年も何卒よろしくお願いいたします!!!!

早速ですが、先週のSangoさんの連載でも触れてもらいましたが。
次回Hardonize37.5、そしてHardonize38の開催が決まりました。

本来であればお二人のDJプレイは是非現場で聞いていただきたい!!!という強い気持ちを持っておりますので配信で聞いて「これはフロアで聞きたい!」と思わせられるような流れにできたらいいな、という期待を高めるような形で頑張っていきたいと思います!2/20はドリンクを用意して茶箱のTwichチャンネルに集合です!

2021年明けましたが、今年はまだまだ色々な状況がわからない年でもあります。でも、その時々に応じて、年3回は難しくなってしまうかもしれませんが、臨機応変な形でHardonizeをやっていけたら良いなと思います。10年前の東日本大震災を乗り越えたんだし、なんだって出来る気がするね!!

そんな暗い気持ちを吹き飛ばすハードミニマルを今週はピックアップ。
いやーな雰囲気は美味しいご飯と良い音楽を聞いてどんどんぶっ飛ばして行きましょう!!!!!

因みに美味しいご飯といえば、Hardonizeクルーがいつもお世話になっている東京麺珍亭本舗さんが油そばを通販しておりますので、次回2/20のHardonize始まる前に注文してみるのはいかがでしょうか。麺珍亭さんの油そばとエビスビールがあれば早稲田に来たような雰囲気を体感できるかも??

それでは今週のピックアップどうぞ!!!

3phazegenerator, Maxx Rossi / Justice EP

今までもかなりの頻度でDJプレイにも使っている3phazegeneratorとMaxx Rossi(Maxx)による共作リリースは、これを疾走感と呼ばずしてなんと呼ぶか、と問いても間違いはないハードミニマルチューン!ハードミニマルのライドシンバルでご飯3杯はいけますね!!

Alignment / Future Dancefloor

Charlotte de witteのレーベル[KNTXT]からもリリースのあるイタリアのトラックメイカーAlignmentによる新譜!ダーク・テクノのイメージが強いですが、今作はトランシーなシンセとともに展開していくフロアで聞きたいトラック!!大箱できいたら最高に気持ちいい雰囲気がします!!

Viper Diva / Alice

過去作ではトランシーなシンセ×ハードミニマルの融合を果たしてきたViper Divaによる今作もトランシーなシンセと重低音鳴り響く重工サウンドでガンガンに上げていく展開に加えて、更に哀愁感漂うヴォイスサンプリングを加えた泣きのハードミニマル!!!今後も注目していきたい所存!!!!

Hioll / The Removed Heat

スペインはキューバ出身のHiollによる激アツハードミニマル!去年末にめーーーっちゃいいリリースを14曲リリース、完全に未チェックだったんですがこんなにヤバいアーティストを未チェックだったのは完全にもったいない!と思うぐらい14曲中10曲カートに即入れました。まだの人は早めに買っておきましょう。

Dankz / Follow my Step

今週の優勝は間違いなくこの曲に決まりではないでしょうか!?!?!レイヴィーシンセとヘヴィーなキック、ブレイク明けで鳴り響くフーバーと盛り上がる要素がこれでもか!という感じの派手だけどハードグルーヴ的な派手さではなく根底にある重さで勝負をかけてくるタイプのピークタイムチューン。聞いた瞬間笑っちゃったね。即買いました。

次回は木曜更新TAKくんです。