2021/06/19(sat) Hardonize #38 at sabaco music&cafe

Hardonize38フライヤー

みなさま、こんにちは!
「ハードテクノ」を様々な周辺ジャンルとともにお届けするハードグルーヴパーティ「Hardonize」です!

おまたせしました、Hardonize38回目開催のお知らせです。
前回37.5とのハーフナンバリングにてオンライン開催しましたが、今回は半年ぶりの茶箱でリアルフロアで開催です!ゲストは前回から引き続きASIN,Bishamonのお二人をお招きして強烈なビートとグルーヴで叩き込む6時間!!!ストリーミングでも相当な音を出しておりましたが、ぜひ今回はフロアで体感して楽しみましょう!!!!!

■Date

2021/06/19(Sat) 14:00-20:00
※14:00-20:00での開催となりますのでお間違えの無いようにご来場ください!

■Entry Price

DOOR: 2,000yen (with 1drink ticket)
sabaco music&cafe@Waseda
・東京メトロ東西線早稲田駅3a/2番出口より徒歩5分
・副都心線西早稲田駅1番出口より徒歩15分

▼入場受付サイト
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/028vcqpyn0m11.html

▼参加方法
1.PASSMARKETで参加申込
2.当日、受付にてQRコードを提示
3.受付にて入場料をお支払い
※最大入場人数に達し次第終了となります
※ご入場に際して、お名前とご本人が一致するか、身分証明書等で確認させて頂く場合がございます。必ずご本人様名義でお申し込みくださいますようお願い申し上げます。

■注意事項

・開催につきましては茶箱ハウスルールに準じます。
・何かしらの理由で再入場する際には再度アルコール消毒をして頂きます
・体調の優れない方、不安に感じられている方はご来店をお見送り頂ますようお願い申し上げます
・感染確認アプリ「COCOA」のインストールと画面確認にご協力ください
・昨今の国内情勢を鑑みて、上記のようなコロナ対策を実施しますのでご協力ください
・開催、入場ルールの変更がある場合にはHardonize公式Twitterアカウントからアナウンスを行います

■Hardonize#38 Guest DJ

ASIN (TTYMF)

ASINは1992年東京生まれ。
絶え間なくなり続ける低音と、攻撃的なパーカッションを特徴とするハードテクノ・シュランツのDJ / Producer。
2011年よりトラックメイキングを始め、2012年イギリスのハードテクノレーベルDatablender Musicから初リリース。
この8me EPは大手販売サイトJuno Downloadにて2週間連続1位を記録。
日本国内でのギグと並行してSounds Diabolic、Bad Brain、JLI、Superbad MIDI Breaks、Section-Seven、Jason’s Maskなど様々なレーベルからリリースを続け、ほとんどのリリースはJunoDownloadのハードテクノチャートで一位を記録している。
特に2016年の4月にBad BrainからリリースしたFuture Listening EPは特徴的な日本語サンプルを使用し話題となる。
2016年の6月にはフランスAdvanced Beatsクルーの招致により初のヨーロッパギグを果たす。
2017年2月にはハードテクノの重鎮Jason Littleの招致により本場ドイツで初のプレイ。
同時期にSection-SevenからリリースしたThe Easy Choiceはハードテクノとトラップミュージックを融合した新しい試みで人気を博しASINの名を一挙にヨーロッパに広めた。
勢いは止まらず同年5月にはベルギー最大のハードテクノパーティーLiberty WhiteにPETDuo / O.B.I. / Svetecなどのビッグアーティストに名を連ね出演。
これまでにヨーロッパ7カ国でプレイし、2018年11月にはドイツで開催されるPumpkin Festivalに出演を果たし、今後も世界的な活躍が期待される。

https://www.facebook.com/asindj
https://soundcloud.com/asinjp
https://www.youtube.com/channel/UCTIEEf3w3eWjN8o3aGK3xyg/videos
https://www.instagram.com/asin_dj/
https://open.spotify.com/artist/4eq7k12yVNPKqr5LgnlpyA
https://ttymf.bandcamp.com


Bishamon (MANTLE)

HARDCORE DJ。
2009年福島県郡山市より活動を開始。現在は横浜に拠点を移し、国内HARDCORE-MUSICの祭典「HARDGATE」をDJ/スタッフとしてサポートしつつ、自らも兄貴分DJ tcmzと共にハードコアイベント「Terrordome」を開催。また、2020年よりジャンルに囚われないハードさを追求したイベント「MANTLE」を立ち上げ、自らのダンスミュージック観の表現に努める。

https://mixcloud.com/bishamon/
https://facebook.com/bishamonakabell/
https://twitter.com/bishamon_bell


■Hardonize Resident DJ

774Müzik (Club VIP) [@774muzik]

774
2005年、DJ活動を開始。活動初期より一貫してHard Techno、Funky Technoをプレイ。DJ活動の傍ら精力的に楽曲制作を行い、2011年には自身主宰レーベルKinetic Drumsを立ち上げ。2012年にはAndy Richmond主宰のHard DanceレーベルDirty Stop Outsより2曲のリミックスワークがリリースされるなど、活動の幅を広げている。尊敬するアーティストは槇原敬之とJeff Mills、好物はプリンモンブラン。

Sango [@Sango]

ArtistPhoto_Sango
2004年7月よりDJ活動を開始。茶箱@早稲田を活動の拠点として都内各所に出没。選曲・精度・流れという三要素に重きを置いたMIXスタイルをモットーに、数多くのイベントで安定感のあるプレイを披露している。ハードテクノ・ハッピーハードコアと極端なジャンルでの活動が多い。「インターネット寄りのDJ」としての面もあり、2ch発祥「ClubVIP」での活動も行っていた。ニコニコ動画においても早々にMIX動画を多数投稿し、特にミキサー操作を解説した動画は現在も若手DJの教材として重宝されているらしい。好きな言葉は「フルレングス」と「セパレート」

TAK666

tak666
TRAKTOR DJと邂逅したことで2005年よりラップトップを用いたDJ活動を開始。
それなりに色々なパーティーに参加したり
異種雑食系パーティー『Cradle to Grave』をオーガナイズしたりして今に至る。
核にある音はロックだが単一のジャンルに絞ることはせず、
こと電子音楽に於いては『Disco, Rave & Bassline』を3大テーマに掲げて
テクノ、ハウス、トランスからブレイクビーツ、ドラムンベース、
ダブステップ、ハードコアに至るまで幅広くカバー、
それらジャンルの境界を容赦無く超えていくプレイを好む。2011年よりその年にリリースされたトラック5曲のみで
MIXを録ってアーカイブする企画『5TRAX』の企画運営を実行、
また時期を同じくして6時間B2Bと云う実験的な試みにも参加し、
2015年にはDJ歴10年と云うことで10時間のロングアワーズを達成するなど
此方とも彼方ともつかない方向へ向かって歩を進めている。

hideは神様。掘骨砕三作品は永遠のバイブル。
ミルクティーが主食。クロスバイクが愛車。好きな言葉は『1クレ50円』。

http://www.tak666.com/


yuduki [@akuwa]


赤と黒が特徴的なレコード店の店員を池袋と柏にて9年間務め、その間で培った知識とセンスを元に2007年にDJをスタート。新旧テクノを幅広く、叩きつけるようなハードミニマルを主軸としながらも、華やかになるような心地の良いハードグルーヴ、更には強烈なベースが炸裂するテックダンスといった様々なジャンルをを織り交ぜるプレイスタイルで早稲田茶箱を拠点に、都内各所へ出没。2008年から早稲田茶箱にてハードテクノを中心とし、周辺ジャンルをも巻き込んでDJ各々の「ハードテクノ」を表現するパーティ「Hardonize」をオーガナイズ。また、2017年にはオールジャンルパーティ「Pandora Box」のレジデントDJにも参加し、テクノのみならずアニソンやポップスでの「グルーヴ感」を大事にしたDJでプレイの幅を更に広げている。好きな言葉は「太いボトム・重いキック」。

■VJ Crew

KNOCKHEADZ


新作ハードアシッド特集 (2021年04月版):今週のオススメハードテクノ - Resident’s Recommend 2021/04/15

こんばんは。TAK666です。
レジデントが代わる代わるオススメハードテクノを紹介するこのコーナー、
2週間ぶりに担当致します。

【告知】

先々週にインフォメーションが公開された次回Hardonize #38ですが、先日そのエントリー申請が開始となりました。

2021/06/19(sat) Hardonize #38 at sabaco music&cafe

■Date

2021/06/19(Sat) 14:00-20:00

■DOOR/ADV

DOOR: 2,000yen (with 1drink ticket)

Hardonize #38 in東京 – パスマーケット

昨今の状況を鑑みて今回もこの申請が入場のために必須となっておりますので、ご来場をお考えの方は上記リンクから登録をお願い致します。
煽るわけではありませんが、前回は事前に完売となりましたので、なんかこう、良い感じに手配して頂けますと嬉しいです。

【今回のお題】

さて、昨年から自分の回はハードテクノのサブジャンルにテーマを絞り、その中のオススメ楽曲について取り上げていく形式となっておりました。

ハードテクノとはどういった音楽を指すのか知りたいと云う方がいらっしゃいましたら約半年に渡ってお送りしておりました特別連載ハードテクノとは何か?をご参照ください。

ハードテクノをサブジャンルごとに分類し、それぞれの生い立ちや代表曲などをまとめております。

今回取り上げるサブジャンルは

ハードアシッド

です。

特別連載に於いては3回目に取り上げたアシッドシンセを用いたハードテクノです。
この音楽にスポットを当てた特集は過去2回(※)行っておりますが、そろそろ半年経つこともあり、改めてここ1~2ヵ月の間にリリースされたトラックについてピックアップしていきます。


新作ハードアシッド (2020年08月版)
新作ハードアシッド (2020年02月版)

尚、前回取り上げたベースラインと同様、イギリスが中心となって発展している音楽でもあります。
快楽的な電子音楽に於いて圧倒的に強い国であるという印象がありますね。

例によって新作というカテゴリーでスポットを当てていきますので、ここ2ヵ月程の間にリリースされたトラックを主に取り上げていきます。
では、新作ハードアシッド紹介いってみましょう。

【新曲紹介】

Goncalo M / Battle Ground

Battle Ground (Original Mix) by Goncalo M on Beatport

ポルトガルのプロデューサーGoncalo Mによるアシッドテクノ
旧来よりハードグルーヴシーンの最前線に立ち続けているアーティストであり、最近ではメインストリームテクノでの活動も盛んですが、何故か今年に入ってからアシッド寄りのリリースを連発しています。
02月にはアシッドテクノシーンのレジェンドD.A.V.E. The Drummerの老舗レーベルHydraulix RecordsからEPを出すなんてこともありました。
こちらもかなりオススメの内容となっております。

そんなハードグルーヴメインストリームテクノ、そしてアシッドテクノのそれぞれの良いところを抽出して作られたかのようなトラックがこのBattle Ground
深くて肉厚なベースに前のめりなグルーヴ、ファンキーなアシッドリフと場面を問わず使える仕上がりです。

David Oblivion / Pull Up The Poor (Benji303’s Revenge Of The SH-101 Remix)

Pull Up The Poor (Benji303’s Revenge Of The SH-101 Remix) by David Oblivion on Beatport

イギリスのプロデューサーBenji303によるハードアシッド
ベースとしてアシッドシンセを用いており、ドラッギーなグルーヴを醸し出しております。
こういうレトロなメインシンセを惜しげもなく前面に配置してくるのもハードアシッドならではという感じを受けますね。

ちなみにアシッド感はそんなにないものの、David Oblivionによるオリジナル版もかなりのもの。
やや速いテンポに声ネタの連打とバンギンなリズムがド派手で◎。
攻めっ攻めなハードミニマルをお探しでしたら合わせて是非。

David Oblivion / Pull Up The Poor

Pull Up The Poor by David Oblivion on Beatport

Ad Nauseam / Telomerase

Telomerase (Original Mix) by Ad Nauseam on Beatport

オーストラリアのプロデューサーAd Nauseamによるハードアシッド
オールドスクールレイヴを彷彿とさせるラフなシンセに叩きつけるビートが特徴的。
インダストリアルにも通じる圧のあるサウンドは治安の暴落に一役買ってくれそうです。

Julian Muller / Juicy

Juicy (Original Mix) by Julian Muller on Beatport

ベルギーのプロデューサーJulian Mullerによるハードアシッド
今年の初頭に行ったフリーダウンロード特集に於いてはテックトランス枠として紹介したアーティストですが、今回のテーマにも当て嵌まる曲を手掛けておりました。
ハードハウスライクなギラギラしたリフと裏打ちのベースのインパクトが強いですが、そこにまさかのアーメンブレイクin。
ジャケットと相まってレイヴの臭気溢れる作品です。
というかこのEP自体、テクノトランスレイヴ辺りの垣根を超えていくトラックが多く収録されていてかなりオススメ。

Ling Ling / t5080s

Ling Ling – t5080s by freetaxler | Free Listening on SoundCloud

オーストラリアのプロデューサーLing Lingによるハードアシッド
声を大にして言いたいのですが、モロ好みの曲です。
ピアノとギターを中心に据え、仕舞いにはホーンの音まで入ってくるアーバン全開のサウンド構成。
なのにそこにアシッドシンセも並走しているというワケの分からなさ。
リッジレーサーとかのゲームミュージックでありそうな感じですが、クラブミュージックのフィールドでこういった曲に巡り合えたのは初という気がしてます。
アイディアが面白い感じにハマっててとにかく激推しです。
っていうかコレフリーダウンロードで良いの?

同アーティストで直近で出たこちらもかなり良い。
コチラの方が一般的なハードアシッドに近いテイストですね。
声ネタと忙しいアシッドシンセの音が元気いっぱい愉快なトラック。
こちらもフリーダウンロード。
絶対おかしい。

Ling Ling / Under The Sun (Remix)

Ling Ling – Under The Sun (Remix) by freetaxler | Free Listening on SoundCloud

Ozzy Osbourne / Crazy Train (Acid Techno Edit)

Ozzy Osbourne – Crazy Train (Acid Techno Edit)(FREE DL) by Flymeon | Free Listening on SoundCloud

フランスのプロデューサーFlymeonによるハードアシッド
タイトル通り、1980年にリリースされたハードロックのド定番Ozzy Osbourne / Crazy Trainを原曲とするアシッドテクノアレンジ、というだけでもう既に発想がおかしい。
あのギターフレーズをアシッドシンセで弾いているからもう笑うしかありません。
良く言えばアグレッシヴな、有体に言うとうるさいハードアシッド
ロック好きで面白いハードアシッドをお探しなら是非。

ちなみに彼のSoundcloudには他にもSlipknotネタとか、Van Halenネタなんかも転がっています。
絶対おかしいってそのチョイス。
唯一無二。国士無双。

Lethal One / Dark Side

Dark Side (Original Mix) by Lethal One on Beatport

アメリカのプロデューサーLethal Oneによるハードアシッド
こちらもまさかのネタモノ。
その題材は何とスターウォーズのインペリアルマーチネタ。
勿論あのフレーズをStay Up Forever直系のストレートなアシッドシンセでなぞっております。
バカ一直線。大好物。

Re-Actor Feat. DJ Arne L. II / DIGITAL TECHNOLOGY (Phat Otiz Remix)

Re-Actor Feat. DJ Arne L. II – DIGITAL TECHNOLOGY (Phat Otiz Remix) by Phat Otiz | Free Listening on SoundCloud

オーストラリアのプロデューサーPhat Otizによるハードダンス
ネタモノ3連発。
2003年に出たReactor feat Arne L II / Digital Technologyというトランスを原曲としているのですが、この曲には更に元ネタがあり、それがグラディウスのステージ1のBGM
まさか18年越しにこの文字列を再び見ることになると思わず、かなり吃驚しました。
全体的にシンプルな音で構成されているものの、何故かここでも所々でアーメンブレイクがチラチラするのは何なんでしょうね。
ジャンル区分はハードダンスなんですが、序盤のパートでアシッドシンセが使われていたので今回ピックアップしました。

【入門作品紹介】

最後に、そういう面白楽曲じゃなくて真っ当なハードアシッドを探しているんだという方向けに入門盤としてピッタリなアルバム作品のリリースがあったので2つ紹介します。

Alexey Kotlyar / The Best of Alexey Kotlyar Acid from AK Recordings

The Best of Alexey Kotlyar Acid from AK Recordings on Beatport

ウクライナのプロデューサーAlexey Kotlyarが自身のレーベルAK Recordingsからリリースした楽曲のコンパイル作品。
このレーベルはハードグルーヴハードアシッドを軸に10年間活動を継続しているところでして、本作はその中でもハードアシッドをメインにピックアップしたものになります。
ストレート且つファンキーなハードアシッドを主とした全20曲。
定番系として持っておくとひとまず安心できます。

V.A. / AcidLab – COLLECTED

AcidLab – COLLECTED (Acid Techno) | Various Artists | Flatlife Records

スペインのハードアシッドレーベルAcidLabによる過去リリース詰め合わせ。
ここはかなりマニアックなレーベルでして、従来は909Londonというショップを通してのみ流通していた経緯がありました。
それがこの度Bandcampでの流通が開始されたので、より深くハードアシッドを探求したい方に触れて頂きたい作品です。

流通が限られていたとはいえ参加アーティストはSterling MossTassid & EskiParasitといった他レーベルでバッチリキャリアを積んでいる腕利きが揃っているので、引けを取らないクオリティを保ってます。
アングラレーベルらしいアグレッシヴなトラックが多いのでこちらもアルバム単位で是非。

まとめ

以上、ハードアシッドにスポットを当ててお送りしました。
2021年になってもアシッドシンセのインパクトは錆びることなく、日々様々なサウンドと融合してその領土を拡大している感があります。
今回紹介したLing Ling / t5080sのようにアイディア一等賞ものが出ると本当にテンション上がりますし、今後もそういった出会いに期待しつつ、引き続き注視していきたいジャンルです。

あと回を増すごとにケッタイなネタモノを拾えるようになっている気がしますが、これもまた現行のこの音楽の一側面であることとしてご容赦をば。
単純に取り上げる側に問題がある説も否定しきれませんけれども。

そんなワケで今回はここまで。
ちなみに次の自分の回は・・・え、またM3の直後ですか?

次週04月20日は774Muzikさんが担当します。
では。

続きを読む


2021新年度ハードミニマル新譜特集(4月前半ピックアップ):今週のオススメハードテクノ - Resident’s Recommend 2021/04/06

はいどうも、今週もHardonizeレジデントがおすすめのハードテクノを紹介する連載、火曜日担当yudukiです。今週もよろしくお願いいいたします!!!!

さて、先々週に告知の出ました次回Hardonize38ですが、既に皆様チェックしておりますでしょうか?まだチェックしていない方は今すぐ下記リンクからまずは内容をチェックしてください!

そして開催の続報です。
明日4/14 20:00より入場予約のエントリー開始となります!
詳細は上記Hardonize#38の告知ページからご確認くださいませ。

ということで次回への期待も楽しみになってきましたね!
残り2ヶ月、近いようできっとあっという間に来ちゃうと思うのでよろしくおねがいします!!

※リアル開催だった前回37回目と同様、今回もPASSMARKETでの事前エントリーが必要となります。また、今回も申し訳ないですが入場には上限がございますのでお早めのエントリーをお願いします。併せて、予約後に当日いけなくなったなどがあればご自身にてキャンセルをお願いしております。

でもって近況。


コンビニの様子を見に行きました。
都会を抜けて静かなところに行って心を落ち着かせてきました。よかったですね。

というところできれいな風景のコンビニ写真を見たところで、今回のピックアップは全く正反対のハードミニマル特集です。4月入って新年度、4月前半には活きの良いゴリッゴリのハードミニマルが豊作でした!ここのところずーっと追い続けているSOMAからのSLAMによるリリースとSuaraからのDstmのリリースが今回の優勝ワンツーフィニッシュです!こんなゴリッコリのハードミニマル聞かされたら興奮しちゃいますね。ぜひ次回Hardonizeでこのあたりかけてフロアぶん殴って行きたいですね!!やるぞ!!!!!!!!!

ということで今回のピックアップはこちらです、どうぞ!

Slam / Scourge

Dstm / You Are Sinking In My Club

N.O.S. (BE) / Empire

DarkMe / Vague Limit

1983 Hard MixArni, Nik Wel

DJ Deep Noise / Abestracia Nik Wel Remix

次回は木曜更新、TAKくんです。