2019/9/7 Hardonize #34



「ハードテクノ」を様々な周辺ジャンルも内包し各々のDJによる解釈でフロアにお届けするハードグルーヴパーティ、それが「Hardonize」。

今回はUK・フランス・アメリカと欧米地域での出演も果たし、主宰する”ENIGMA”を初め、一貫した「ハード」なスタイルでフロアをロックするni-21、そしてハードグルーヴからハウスまで多岐に渡るプレイスタイルで国内外問わず様々なパーティに出演を果たしているATTのお二方をお呼びいたしました!このお二方を一緒のタイミングでお呼びして今回もハードな6時間となること間違いなし!一期一会の共演をお見逃しなく!!

■DATE&PLACE

2019/09/07(Sat) 15:00-21:00
sabaco music&cafe@Waseda

・東京メトロ東西線早稲田駅3a/2番出口より徒歩5分
・副都心線西早稲田駅1番出口より徒歩15分
Sabaco_Webmap

■DOOR/ADV

DOOR: 2,000yen (with 1drink ticket)

■Hardonize#34 Guest DJ

ATT(BUZZx3) [@attdj]

ATT (BUZZx3)

毎月1000人規模の動員を記録した「HITS」@CODE、ageHa初期に定期開催されたテクノパーティー「DISCO SAUNA」@ageHa ROSE ROOM等で注目を浴び、 2005年伝説の「MANIAC LOVE」アフターアワーズのレジデントに抜擢。

その後もML後のアフターアワーズパーティーの代名詞「Attach!」 「DISCOTECKA」@amate-raxiのレジデント/オーガナイズでそのキャリアを確固たるものとし、 LOUD主催のDJランキング「DJ50/50」には2007年~2009年、2012年にランクインを果たす。
そのプレイスタイルは多岐にわたり、自作のマッシュアップを多用したハードグルーヴテクノ、サーキット系トライバルハウス、そして朝方系ボーカルハウスをパーティーにより使い分ける。

「GLAMOROUS」@表参道WALL&WALL、「BUZZx3」「Datura」@渋谷R LOUNGE、「4AM Lounge」 @新宿ALAMAS CAFEを中心に、実に様々なパーティーにゲスト出演を重ねている。台湾、韓国、マレーシアなど海外パーティーへの出演も多数。

PLUS RECORDS、BPM JAPAN、秋葉原重工、CITTA MUSICらから楽曲をリリース。最新のリリースは「秋葉原重工コンピレーション09」収録、Homma Honganjiとの共作「Basic Box」。

https://soundcloud.com/dj_att


ni-21(ENIGMA) [@djni21]

ni-21

DJ・プロデューサー・オーガナイザー。東京在住。
2000年8月にキャリアをスタート。ジャンルの変遷を経てアップデートを重ねても、なお一貫して持ち続けているスタイルテーマは「HARD」。エレクトロニックミュージックの構成要素のうち最重要とも言えるボトムについては、その硬さ・重さに並々ならぬこだわりがあり、破壊力と疾走感を常に追い求めた結果、ドロップするトラックはさながら重戦車のよう。自身の体格と空間・機材を最大限に活用したアグレッシブなパフォーマンスも相まって、クラウドからは「強い」という評価を集めている。

2010年に楽曲制作を本格化。シーンの先導者 YOJI 氏によるMIXCD「VIBLE03」に、オリジナルトラック「Ravey Days」が採用収録・シングルカットされたのを皮切りとし、以降トラック/リミックスを数多くリリース。「Tech Dance x Hardgroove x Industrial x Hard Acid」のクアッドブリッドスタイルへと進化を遂げた。exbit trax (JP)のコンピレーションに楽曲提供をする他、国内外を問わず多くのオリジナルトラック/リミックスを手がけている。

2016年より「全感覚を解放する」をメインコンセプトに据えたニューパーティー「ENIGMA」を始動。小規模・不定期開催ながら海外からゲストアクトを招聘し、クラブが持つ音響設備を最大限に強化、音以外のコンテンツも拡充するなど、全方面でフルスペック感を追求したパーティーとしてハードダンス・フリークたちから注目を集めている。

2017年からはグローバル展開にも注力しており、UKでの出演を皮切りに、フランス・アメリカと欧米地域での出演も果たした。


■Hardonize Resident DJ

774Müzik (Club VIP) [@774muzik]

774
2005年、DJ活動を開始。活動初期より一貫してHard Techno、Funky Technoをプレイ。DJ活動の傍ら精力的に楽曲制作を行い、2011年には自身主宰レーベルKinetic Drumsを立ち上げ。2012年にはAndy Richmond主宰のHard DanceレーベルDirty Stop Outsより2曲のリミックスワークがリリースされるなど、活動の幅を広げている。尊敬するアーティストは槇原敬之とJeff Mills、好物はプリンモンブラン。

Sango [@Sango]

ArtistPhoto_Sango
2004年7月よりDJ活動を開始。茶箱@早稲田を活動の拠点として都内各所に出没。選曲・精度・流れという三要素に重きを置いたMIXスタイルをモットーに、数多くのイベントで安定感のあるプレイを披露している。ハードテクノ・ハッピーハードコアと極端なジャンルでの活動が多い。「インターネット寄りのDJ」としての面もあり、2ch発祥「ClubVIP」での活動も行っていた。ニコニコ動画においても早々にMIX動画を多数投稿し、特にミキサー操作を解説した動画は現在も若手DJの教材として重宝されているらしい。好きな言葉は「フルレングス」と「セパレート」

TAK666

tak666
TRAKTOR DJと邂逅したことで2005年よりラップトップを用いたDJ活動を開始。
それなりに色々なパーティーに参加したり
異種雑食系パーティー『Cradle to Grave』をオーガナイズしたりして今に至る。
核にある音はロックだが単一のジャンルに絞ることはせず、
こと電子音楽に於いては『Disco, Rave & Bassline』を3大テーマに掲げて
テクノ、ハウス、トランスからブレイクビーツ、ドラムンベース、
ダブステップ、ハードコアに至るまで幅広くカバー、
それらジャンルの境界を容赦無く超えていくプレイを好む。

2011年よりその年にリリースされたトラック5曲のみで
MIXを録ってアーカイブする企画『5TRAX』の企画運営を実行、
また時期を同じくして6時間B2Bと云う実験的な試みにも参加し、
2015年にはDJ歴10年と云うことで10時間のロングアワーズを達成するなど
此方とも彼方ともつかない方向へ向かって歩を進めている。

hideは神様。掘骨砕三作品は永遠のバイブル。
ミルクティーが主食。クロスバイクが愛車。好きな言葉は『1クレ50円』。

http://www.tak666.com/


Yuduki [@akuwa]


赤と黒が特徴的なレコード店の店員を9年間務め、ミニマルテクノからファンキーハードまで9年間で培った知識とセンスでミックスを作り上げ、新旧テクノを幅広く、ハードミニマルを主軸にテックダンスやハードグルーヴを織り交ぜるスタイル。ハードなグルーヴが感じられるサウンドをこよなく愛しなんでも聞く基本雑食タイプ。太くて堅い音が大好き…!なんて言うとアレですが、まあそんな感じのアレです。Hardonizeレジデント兼オーガナイザーなのは説明不要ですね。好きな食べ物は麺類全般、好きな言葉は「太いボトム・重いキック」。

■VJ Crew

KNOCKHEADZ


今週のオススメハードテクノ – Resident’s Recommend 2019/08/15

はいこんにちは、こんばんは、さんごです。

盆と台風がいっぺんにやってくる季節になりました。今年は、なのか、今年も、なのか、台風に右往左往させられる地域が相変わらず多い。今回は東海~中国地方あたりを直撃ということで全国のテクノフリークの皆様もお気をつけ下さい。

▼押しとけ押しとけ!▼

そんなこんなで次回Hardonizeまで1ヶ月を切りました。前回から数えますとこのブログの更新もあり、そんな中で紹介してきた新譜もモリモリカートで溜まっており、パーティに来ることで最新ハードグルーヴ事情がわかるんじゃないかなーって使命も多少あり、今からあれこれセットを考えておりますが、とにかく面白くなればいいなーと思います。したいです。

 

 

さてさて、新譜を紹介していきましょうね!!!

Gaz Reboot (Original Mix) by Dragongaz, Maskk

試聴がブレイク部分から始まるんですが、変な曲!刻んだボイスがただひたすらに鳴り続けるイロモノ曲と言って良い感じなのですが、その刻み方といい妙にベースが強いところといい、憎めない感じではあります。BPM帯としてもしっかり使える感じなので、これは何か良いアクセントになりそうな予感。

Pleasure Unit (Original Mix) by DJ Slip, Tim Taylor

おや、Tim Taylorじゃないですか。あの変態テクノレーベルMISSILEでおなじみですね。そんなわけで機関車のようにひた走るストイックなハードミニマル。この90年代くささがたまらない逸品。でもこれ2019年7月発売の楽曲なんですよ。良さがある。

Freefall (OCB Remix) by Joonam

一転して電子音!な感じの、テクノ・エレクトロビーツでSFっぽさがあって、ちょっと懐かしい感じがいいですね。しかも途中からちょっとデトロイトテクノの匂いも漂わせつつ。そういう意味では贅沢な楽曲なのかもしれません。

Too Much Fortnite Today (Original Mix) by Mattia Trani

おーーーいアーメンブレイクマニアのみんなーーー!アーメンまみれの素敵な曲だよーーということでもうドンドンタンツクドコドンタンツクとしか言ってません。そこにヴヴヴヴヴヴーーーとド低音が絡んで遠くにフンワリしたシンセが聞こえる、もうそれだけです!それだけなんだけど、いいんですよこれ。

Music Is The Answer (Original Mix) by Omega Drive

ハードグルーヴ界の10連ガチャ、オメガドライブの新曲なんですが、これはちょっと他と趣が違ってボイス多めの配合になっとります。少し落ち着きのあるハードグルーヴになっていて、これは久々にいいですよ。

 

本日はここまで。次回更新は8月20日です!


特別連載:ハードテクノとは何か? – 第5回:ハードハウス編


特別連載:ハードテクノとは何か?
第5回:ハードハウス編
特別連載:ハードテクノとは何か? – 目次

第1回:黎明期編
第2回:ハードミニマル編
第3回:ハードアシッド編
第4回:ハードトライバル編
第5回:ハードハウス編 (今回)

こんばんは。TAK666です。
レジデントが代わる代わるオススメハードテクノを紹介するこのコーナー、
2週間ぶりにワタクシが担当致します。

予てよりご報告の通り、次回Hardonizeの開催情報が公開されております。

2019/9/7 Hardonize #34


ゲストにATTさん、そしてni-21さんによるベテラン同士の組み合わせ。
音の方向性は違えど、ハードでアグレッシヴな4つ打ちダンスミュージックと云う点に於いては共通しているため、今回は6時間みっちりストレートなハードテクノをお送りできる回になりそうです。

1か月後に迫った09月07日の土曜日、15時より早稲田茶箱にて執り行います。
どうかよろしくお願い致します。

さてさて、ここ数回に渡ってお送りしております、ハードテクノが内包する音楽のスタイルについて解説していくコーナー、今回はその5回目となります。

初回ではハードテクノのサブジャンルについて上のような図を用いて表した上でハードテクノの特徴を
・メインストリームテクノよりは速いテンポ
・4分打ちのハイハットによる疾走感のあるグルーヴ
・キックの強度やベースの厚み
としました。
今回はこの中のハードハウスと云う音楽について紹介していきたいと思います。

この中の・・・と言ってみたものの、本来ハードテクノの文脈でハードハウスを語ることはそうそうありません。
なぜなら、パッと思いつく両者間の共通点と言えば4つ打ちであることと、テンポ帯くらいのものであり、出自や代表的な曲のシーケンスやパーツについてはお互い独自の進化を遂げているため、全く別の音楽と言って差し支えないからです。
また、ハードハウスと云うジャンル名が示す音楽についてもハードテクノと同じくらい多種多様なスタイルが内包されているため、1回でその全容を語るのは相当大変なことになります。
マジな話、この特別連載と同等くらいの分量が必要になってきます。

なので、今回ご紹介する内容については大部分の省略があるものである (=色々端折っている)ことを予めご了承ください。
幸いにしてWikipediaに単体の記事があるのと、ピコピコカルチャージャパンに於いてDJイオさんがハードハウスの一部にスポットを当てた記事を執筆されているので、これらも合わせて参考にして頂けると助かります。

ピコピコカルチャージャパン – DJイオの「はぐれDJ道」第8回「ワープハウスと元ネタ」

ではハードテクノではないと前置きしつつなぜこの連載で取り上げるのかと言いますと、今でこそ全く別の音楽ではあるものの、その進化の過程に於いてかなりハードテクノに接近した時期があり、一括りにテクノとされていた過去があること、更にはその接近したスタイルの音楽が日本でシーンを築いていたこと、そしてそのスタイルの音楽は今も生き残っていることがあるため、個人的にはハードテクノを語る上で無視できない存在と認識しているからです。
従って今回取り上げる曲と云うのは割合昔のものが多くなってしまいますが、上記の通り、まだリリースは継続しているので今から興味を持って頂くのも全く遅くないのではと思っています。
魅力的な音楽には違いないので。

まずハードハウスの成り立ちについて。
1980年代にアメリカで生まれたハウスと云う音楽は1990年代に入ってもその隆盛が止まることはなく、むしろ1990年前半に訪れたヨーロッパレイヴとの相互交流の結果、更に勢いを増して様々なスタイルへと分岐、発展してくようになりました。
その過程でアメリカではシカゴハウスのリズムがよりアグレッシヴな進化を遂げた音楽が誕生します。

参考:DJ Gil Lugo – I Love Da 90’s Vol 2 (Chicago Hard House) by DJ Gil Lugo | Free Listening on SoundCloud

これをハードハウスの源流と捉える見方もあるのですが、一方ヨーロッパでは全く別の進化を遂げます。
同時期である1990年代前半にかけてヨーロッパで人気が高かったハウスミュージックの中にイタロハウスと呼ばれるジャンルがあります。

Coco M / Love & Devotion (Extended Version)

COCO M – LOVE & DEVOTION EXTENDED – YouTube

参考例として1989年のクラシックを。
ディスコから派生した音楽であると云う点でシカゴハウスと同様のルーツを持つ音楽ですが、シンセサイザーの音やボーカルを強調していると云う点でよりテンションの高い曲が多いのが特徴と言えます。
後にユーロビートと云う、これまた日本に大ブームを巻き起こすことになる音楽の原点であるとも言える音楽です。

このイタロハウスがよりリズミカルなドラムパターンを取り入れたり電子楽器を多く用いるようになった結果、新たな音楽のスタイルの確立に至ります。
やはり当時は名前こそ付いていなかったものの、後にハードハウスと呼ばれることとなる音楽の基礎はここで誕生しました。

Diddy / Give Me Love

Diddy – Give Me Love (Original Mix) = 1993 – YouTube

1993年リリース。
これがリリースされたPositivaと云うレーベルは当時ハウス、テクノに触れていた人なら知らない人はいないくらいの超大手。
ハウスのリズムを基礎としながらも使用しているリフの種類の多さだったり、曲を構成している音の質感は大分機械的で煌びやかな印象です。

もう1つ同時期の作品を。

Tall Paul / Rock Da House

Tall Paul – Rock Da House (Original Mix) – YouTube

1994年リリース。
Tall Paulは1990年代のこの音楽を代表するアーティストと言って差し支えない存在です。
ピッチの高いボーカルやオルガンライクなシンセの音など、こちらはよりレイヴ経過後であることが強調されているかのような音使いをしています。

ところで同じような時代に誕生し、同じような音を使用していた音楽としてご存知、トランスの存在があります。
確かにこれら2つは代表的な曲のテンポも似通っており、またテクノにはあまり見られないシンセサイザーによるロングブレイクが存在すると云う点など多くの共通点があり、混同されることがかなり多いです。
実際、両ジャンルを並行して手掛けているアーティストは今に至っても数多くいるため、相互に影響を及ぼし会う程には近かったジャンル同士と言えます。

両者の差異を挙げるなら、

・軽いが芯のあるキックと跳ねた感じのベースを軸とするリズム

・スケールの然程長くない、1小節程度でループしているメインリフ

おそらくこの辺りがハードハウスならではの特色に当たる部分だと考えます。

詰まるところ、この頃のハードハウスは

・ハウスのグルーヴ
・トランスのサウンド
・テクノのループ感

この3つが共存しているハイブリッドなジャンルであると言えます。

さて、1990年代の中期に差し掛かるとレイヴの荒々しさから脱却し、そのポジティヴさは受け継ぎつつも1音1音の洗練化と云うムーブメントが起こり始めます。
そしてそれらはワープハウス或いはハッピーテクノと称され、特に日本では中村直(2014年に急逝)、DJ SHINKAWAYO-Cらの手掛けたCROSSOVERX-TRACLUB LOVELYなどといったパーティー及びMIX CDを通して急速に知名度を獲得しました。
今にすればハッピーテクノなんて清々しいまでにアレなジャンル名だと思わずにはいられませんが、Sony Musicのサイト内にこのジャンルに関するコラムがあるくらい、かなり市民権を得ていた名前なのです。

冒頭で述べたテクノと接近した時期と云うのはこの辺りのことですね。
当時のアンセムを立て続けに紹介しようと思いますが、これらは往年のテクノのパーティーでも度々プレイされていました。

Kadoc / The Nighttrain

The Nighttrain (Original) by Kadoc on Beatport

1995年リリース。
走るように鳴り続けるベルの音と時折差し込まれるインパクトのある音ネタが特徴。
逆にそれ以外はかなりシンプルな作りになっていますが、それユエに使える場面も多い作品です。

Camisra / Let Me Show You

Let Me Show You (Original Mix) by Camisra on Beatport

1997年リリース。
ファンキーなベースラインと小気味良いハイハットリズム。
これも使いどころが多く、また印象にも残りやすいタイプのトラックと言えます。

Perpetual Motion / Keep on Dancin’ (Let’s Go) (Banging Club Mix)

Keep on Dancin’ (Let’s Go) (Banging Club Mix) by Perpetual Motion on Beatport

1997年リリース。
当連載のハードトライバル編で紹介したGrooveyard / Watch Me Nowが過分にサンプリングされています。
そしてそれ以上にレイヴ感を意識したメインリフの派手さはまさしくピークタイムにピッタリ。
上で述べたようなテクノ+ハウス+トランスの良いところを分かりやすく抽出した曲なのではないでしょうか。

JS16 / Stomp To My Beat

Stomp To My Beat – YouTube

1997年リリース。
この流れで取り上げるべきか不安ではありますが、ハードハウスの要素は満たしている気がするので。
ファンキーなリフと声ネタのサンプリングにアラームのようなサウンド、仕舞にはブレイクビーツまで乗り出したりととにかくてんやわんや。
この忙しない感じ、大好きです。
音楽ゲームDance Dance Revolutionに収録されたことでクラブシーン以外に於いても良く知られた曲だったりもします。

ちなみに、ハードハウスと云う名称についてはこの頃ようやく定着したような感じがあります。

DJ Irene – Hard House Live: At The Legendary Arena (CD, Mixed, Compilation) | Discogs

Hard House Grooves Vol 2 (CD, Mixed) | Discogs

Full-On Hard House (CD, Compilation) | Discogs

Bangin’ Hard House 98 (CD, Mixed) | Discogs

上記は1997年~1998年にリリースされた作品群ですが、それぞれ名称に単語が使われております。

さて、日本でハードハウスに日の目が当たっている間にもヨーロッパでは着実に進化を辿っておりました。
1番大きかった出来事と言えばハードハウスの専門レーベルが設立されたことです。
それこそが1995年から今に至るまでこのシーンを牽引し続けているTidy Traxです。
音楽レーベルとしてアーティストのフックアップ、サポートは言うに及ばず、サンプリング素材集のリリースや、大型フェスTidy Weekenderを始めとするパーティーのプロデュースなど、多くの面からハードハウスと云う音楽にスポットを当て続けているレーベルです。

UK Gold / Nuclear Shower (UK Gold Remix)

UK Gold – Nuclear Shower (UK Gold Remix) – YouTube

これはそんなTidy Traxから1997年にリリースされたもの。
ワープハウスの享楽的な感じとは逆に、ストイックなリフ運びを見せてくれます。
それでいてベースのバウンシーな感じはやはり従来の特徴を踏襲していると云う新しいスタイル。

そしてこのストイックな要素を更に追求したハードハウスが派生ジャンルの1つとして確立していく動きが出始めます。
このムーブメントに拍車をかけたのはハードアシッド編で触れたアシッドシンセや、フーバーと云ったインパクトのある音を多用すると云う手法でした。
同じくTidy Traxからリリースされたこれはまさしくそれを追求し、体現してみせた1曲。

Stimulant DJs / Hoover Time

Hoover Time (Original Mix) – YouTube

2000年リリース。
その名の通りフーバーと云うシンセサウンドが縦横無尽に張り巡らされたトラック。(中盤以降から入ってくる音がそれです。)
このリフのアグレッシヴさは近年のトラックに於いてもなかなか聴く機会のないタイプだと思います。

ちなみにこの手のジャンルは後にニューエナジーと云う呼称で定着していきます。
東京では2004年にNRGetic Romancerと云うパーティーが身近にあったことも印象深い出来事だったりします。
そしてタイムリーなことにニューエナジーに焦点を当てたパーティーが現時点からだと来週に当たる08月17日に開催されます。


オーガナイザーは過去Hardonizeにもご出演頂いたDJ DEPATHさん。
正直、このご時世にこの音楽を取り上げると云うのは大分イカれていると思うのですが、前回足を運んだ限りに於いては高まり過ぎて挙動不審になったMorphonicsさんの姿が見られるなど、音以外も含めて貴重な体験ができる催しであることは間違いありません。

話をハードハウスに戻すと、ほぼ時を同じくしてもう1つシーンの台風の目となるレーベルが誕生しました。
それが1996年に誕生したNukleuzです。
厳密にはハードハウス専門のレーベルではないのですが、ハードハウスを含むトランス、ハードテクノ、ハードスタイル、ハードコアなど数々の4つ打ちダンスミュージックを網羅したモンスターレーベルであり、広い層から注目を集めていた存在でした。
なので、ここからリリースされるハードハウスにも同じように日が当たることが多かったような気がします。

Cortina / Music Is Moving (Bk & Dbm Amber Mix)

Music Is Moving (Bk & Dbm Amber Mix) by Cortina on Beatport

1999年にNukleuzからリリースされた曲。
Fargetta / Music Is Movin’と云う1992年のレイヴクラシックが元ネタとあって、ハードハウス史上最大と言えるくらいの大ヒットとなった曲。
リミキサーであるBKは現在も尚活動継続中のハードハウスを代表するクリエイターであることもあって、このジャンルを語る上で欠かせない1曲。

お聴きの通り、ハードハウスの本線はこの辺りから明らかにハウスでもテクノでもない音楽へと歩みを進めていくようになります。
現行のハードハウスを代表するレーベルとしてはFireball RecordingsTraffic RecordsRiot! RecordingsVicious Circle RecordingsTerrabang Recordingsなどが挙げられます。

一方で、別ジャンルからの要素の流入やサウンドのアップデートによって楽曲のスタイルは様々な方向へ広がりを見せていきました。
例えばハードハウス黎明期から存在していた、文字で表すとスッコンスッコンみたいな特徴的なベースサウンド、ドンクベースに焦点を当てたスタイルはスカウスハウスと云う名前で親しまれています。
2000年代後半には東京でScouse! TOKYOと云うこのジャンルにスポットを当てたパーティーが行われており、以前Hardonizeにご主演頂いた電撃姫さんや204さんなどはここの出身の方々です。

Blackout Crew / Put A Donk On It

Blackout Crew – Put A Donk On It (Official Video) – YouTube

2008年リリース。
自分くらいの世代にとっては忘れようにも忘れられないインパクトでリリースされた曲。
複数MCによるマイクリレーものと云う本来カッコいい要素を持っていながら一貫してスッコンスッコン鳴っており、頭の悪さだけが際立ちます。

更に、ここ2~3年でこのスカウスハウスに輪をかけてIQの低いスタイルが出現しました。
ハードベースと呼ばれるそれはドンクベースに音階を付けてリフとして用いると云う手法を取っており、この時点で大分間抜けな印象は拭えません。
ちなみにハードベースの本場は何故かロシアでして、所謂中央ヨーロッパの楽曲とは異なる土着感あるコードのメロディーが使われていたり、ヴォーカルトラックの歌詞の内容が大抵ウォッカかアディダス(田舎のあまり裕福じゃない若者が着るブランドの代表格がアディダスらしいので)と云う、何て言うか、世紀末。

Xs Project / Pokemon Go

Pokemon Go by Xs Project on MP3, WAV, FLAC, AIFF & ALAC at Juno Download

2016年リリース。
ちなみに過去のHardonizeで使ったことがあります。
歌詞の内容は『ママ、ポケモンを買っておくれ。ピカチュウが欲しいんだ。』です。
そしてこの絶妙にダサいシンセのリフ、挙句後半で突然訪れる3連符展開。
今まで聴いてきた音楽とは一体何だったのか、くらいの衝撃を覚えます。

言うまでもありませんが、全部褒めてます。
心底愛おしい音楽です。

勿論カッコ良い路線も挙げられます。
メインストリームのハードハウスはあくまでこんな感じ。

Andy Farley, Simon Hill / Never Too Late

Never Too Late (Original Mix) by Andy Farley, Simon Hill on Beatport

2019年リリース。
個人的にレイヴテイストの香るサウンドが好きなので、こういう曲にはつい手が伸びてしまいます。
現代風のカッチリした出音にアップデートされているものの、キックやベースの質感、リフのスケールなんかは上で紹介したものとほぼ同じであり、分かりやすくハードハウスの特徴を捉えているのではないでしょうか。

ちょっと変わり種を挙げるとこのようなスタイルのものもあります。

Andy Whitby, Karlston Khaos / Fire

Fire (Original Mix) by Andy Whitby, Karlston Khaos on Beatport

2013年リリース。
この試聴部分だけだと分かり辛いですが、1回目の煌びやかなブレイク明けで入る音が音数が少ない上に変なベースが鳴っている部分。
EDMにありがちなブレイク跨ぎの展開をハードハウスに適用させるとこうなると云う好例です。
この時期こういう肩透かし展開の面白いトラックがしばしば出てきていた覚えがあります。

長くなってきましたが、最後のパートとして冒頭で触れたテクノに接近したスタイルのハードハウスは今も生き残っていることについて触れます。
テクノに接近したスタイルと云うのが上記で触れたワープハウスに該当するのですが、この音楽の肝であったハウスのグルーヴやテクノのループ感を排除せず、またメインストリームのハードハウスと異なり、生音に近い音をメインリフとして使うのもアリくらいのスタンスで作られているハードハウスが存在します。
それが一部でファンキーハードハウスと呼ばれているスタイルです。
ハッピーテクノと同じくらいアレな感じがしますが、一応soundcloudでタグ検索するとそれなりにヒットします。
まぁこれ以外呼びようがないってところも正直なところです。

Audox / Back To Life (Groove Complex & Kye Shand Remix)

Back To Life (Groove Complex & Kye Shand Remix) by Audox on Beatport

2017年リリース。
いきなりブレイクでギターとピアノが入ると云うのもこれまでの紹介からすると珍しいですが、ブレイクが明けるとハードハウスらしさが聴こえます。
ギラギラした音使いではなく、古臭さを残しつつちょっとヒネたリズムパターンと云うのも味があって良い感じ。

Innocent Lovers / Somebody In A House

Somebody In A House (Original Mix) by Innocent Lovers on Beatport

2018年リリース。
アシッドシンセがメインとなっており、リズムの質感もかなりハウスに近いのでテンポの速いアシッドハウス、くらいの印象を受けます。
とはいえファンキーなテクノとも相性が良さそうなので使い勝手は十分。

ワープハウスと云う名前ついては2000年代に差し掛かるとあまり聞かなくなったフシがあり、対してファンキーハードハウスと云う名前が使われるようになったのはここ数年であること、そして両時代間に共通しているアーティストが今のところ見当たらないことから、おそらくこの2つの音楽は直接繋がっているわけではないのではないかと推測します。
むしろ現行のアーティストによる発展期のリバイバルのような印象が強いです。
なので、厳密には生き残っていたと言うよりは蘇ったと言うべきなのかもしれません。

ファンキーハードハウスをリリースしているレーベルはまだ少ないのが現状ですが、いくつか挙げるとするとCheeky TracksToolbox RecordingsIdeal辺りがそうでしょうか。
総じてメインストリームのハードハウスがメインのレーベルであり、中には変わり種もあると云うくらいの展開をしているので、ピンポイントで掘り当てるのは現段階では難しいと思われます。
今後の発展に期待しましょう。

以上、ハードハウス編をお送り致しました。
この音楽の特徴についてまとめると・・・正直、母数が大きすぎるので厳密な定義は難しいですが、ロングブレイクを有する展開+キックの質感+跳ね系ベース+長くないスケールのリフ (但し、リフの種類はストイックなのもあれば馬鹿っぽいのもある)がキーポイントになってくるのではないでしょうか。
曲の中にロングブレイクが入る以上、展開はかなり曲に左右されます。
またリフについても複数を重ねられる作りにはなっていないため、ミックスの自由度と云う点に於いては高いとは言えない音楽です。
この点がこれまでに紹介したテクノとは大きく異なりますね。

但し、選曲の自由度はピカイチで、全てをカバーしきれない程多種多様なスタイルを内包しており、また現在進行形でその枠をグイグイ広げております。
そのため、ハードハウスを足掛かりに周辺ジャンルへ移行すると云ったこともかなり容易にできるのがこのジャンルの強みの1つだと認識してます。
次にどんな音が流れるのか予想しきれない音楽、それがハードハウスです。
(いやー長かった。)

と云うわけで次回の『特別連載:ハードテクノとは何か?』につきましては08月22日に公開。
小テーマはハードテクノシーン屈指の破壊力を誇る音楽、シュランツ編をお送りします。

そして次週08月13日は774Muzikさんが担当します。
今回はこれにて。

続きを読む