2018/06/23 Hardonize #30 -Back 2 Back Special-

Hardonize30_Omote
先日の10周年記念回を経て、11年目突入!
細分化する「ハードテクノ」を様々な周辺ジャンルも内包し
各々のDJによる解釈でフロアにお届けするハード・サウンド・パーティ!!

11年目突入のHardonizeは11年目のスタートダッシュを切るべく、今回もアニバーサリーに負けないくらい盛大に行きます。
前回の最後で告知したように、今回はレジデントメンバーがそれぞれゲストをお呼びしてのBack2Backスペシャル!!

今回のゲストにはgekko、box、REV-TUNE、そして謎のユニット四文屋難民を迎えた濃密な6時間、Back2Backが織りなす予測不能の展開は、まさに一期一会。今回もお見逃しなく!!!!

■Hardonizeってどんなイベント?

「Hardonizeってどんな音楽がかかってるの?」とのお話を聞くことが多かったので「Hardonizeではこんな音がかかってます!」というのがわかりやすいようにミックスをおいておきますね。必ずしもこの限りではないのですが「このような感じの音がかかっている」と思ってもらえればと思います!

■DATE&PLACE

2018/06/23(Sat) 15:00-21:00
sabaco music&cafe@Waseda

・東京メトロ東西線早稲田駅3a/2番出口より徒歩5分
・副都心線西早稲田駅1番出口より徒歩15分
Sabaco_Webmap

■DOOR/ADV

DOOR: 2,000yen (with 1drink ticket)

■Back 2 Back List

  • box vs 774Müzik
  • gekko vs Sango
  • REV-TUNE vs yuduki
  • 四文屋難民(Bee.Bee. + orinetone + Takayuki Kamiya + TAK666)
  • ■Hardonize#30 Guest DJ

    box (BBBox/Cubeat) [@box_himanoshiro]

    30_box
    沖縄生まれ。何だかんだあってテクノにたどり着き、ひとり音楽ユニットBBBoxとして音楽活動を開始。
    ミニマルテクノ、特にハードミニマルの魅力に取り憑かれ以後それを中心とした楽曲制作に励む。
    上京を果たした年には140BPMかつ四つ打ちのクラブミュージックを扱うサークルCubeatとしても活動開始。
    どっかで聞いた「ミニマルテクノは重ねるもの」みたいな言葉を信じ込み、
    コンピューターの力を借りて4Deck分の楽曲を重ね続けるDJプレイを模索中。
    どちらかと言えばインダストリアル派。猫派でもある。


    gekko(あにパレ!/たてあに/FirstFantasy/Back 2 Bellforest) [@gekko_vdj]

    gekko
    山梨大学DJサークルBouncY初期メンバーにして2代目代表。
    大学入学時にVJとして、翌年にDJとしての活動を開始。
    1990年〜2000年代初頭のHardTechnoをメインに、様々なサブカルチャーを織り交ぜるスタイルでのプレイを得意とする。
    好きな年は2003年。好きな曲はStreet Carnival。好きなBPMは140。


    REV-TUNE (Back 2 Bellforest/Techno Alliance/たてあに) [@REV_TUNE]

    REV-TUNE
    ゲームとロボットと音楽と酒と料理が好きな人。DJではBPM速めの楽しいテクノ(ハードグルーヴ)を中心にプレイ。
    既存のどこかの世界観の延長に音楽を嵌め込み、企画を起こす事(つまりは同人活動)がたまらなく好きなおじさん。
    クラブミュージックをフィーチャーしたアニメ、エウレカセブンのファンDJパーティ「Back 2 Bellforest」をオーガナイズ中。
    テクノのトラックメイカー・DJたちの共同企画「Techno Alliance」にも参加し、作曲活動も拡大中。一枚アルバムを出すのと、人前でライブをすることを夢見てがんばってます。
    http://back2bellforest.com/
    http://www.technoalliance.net/


    四文屋難民(Bee.Bee. + orinetone + Takayuki Kamiya + TAK666)

    四文屋難民
    居酒屋で騒いだオレ達DJ部隊は、梅割りを盛られ店員に介抱されたが、トイレを脱出し地下に潜った。
    しかし、地下でくすぶってるようなオレ達じゃない。
    スケジュールさえ通りゃ交通費次第で何でもやってのける命知らず。
    不可能を可能にし、巨大な音を響かせる、オレ達、特攻野郎(4)チーム!

    オレはリーダー、Bee.Bee.大佐。通称ハンニバル。
    ハードハウスとテックダンスの名人。
    オレのような天才策略家でなけりゃ、百戦錬磨のヘベレケどものリーダーは務まらん。

    オレはorinetone。通称フェイスマン。
    自慢のルックスに客はみんなイチコロさ。
    ハッタリかましてハウスからドラムンベースまで、なんでも揃えてみせるぜ。

    Takayuki Kamiya。通称コング、テクノの天才だ。
    オーガナイザーでもブン殴ってみせらあ。
    でも料理のダメ出しだけはカンベンな。

    よぉおまちどう!俺様こそTAK666、通称クレイジーモンキー。
    クロスオーバーとしての腕は天下一品!
    奇人?変人?だから何!?

    オレ達は、道理の通らぬパーティーにあえて挑戦する、頼りになる神出鬼没の特攻野郎(4)チーム!
    助けを借りたい時は、いつでも言ってくれ!



    http://www.monochromeweb.net/
    http://www.tak666.com/


    ■Hardonize Resident DJ

    774Müzik [@774muzik]

    774
    2005年、DJ活動を開始。活動初期より一貫してHard Techno、Funky Technoをプレイ。DJ活動の傍ら精力的に楽曲制作を行い、2011年には自身主宰レーベルKinetic Drumsを立ち上げ。2012年にはAndy Richmond主宰のHard DanceレーベルDirty Stop Outsより2曲のリミックスワークがリリースされるなど、活動の幅を広げている。尊敬するアーティストは槇原敬之とJeff Mills、好物はプリンモンブラン。

    Sango [@Sango]

    ArtistPhoto_Sango
    2004年7月よりDJ活動を開始。茶箱@早稲田を活動の拠点として都内各所に出没。選曲・精度・流れという三要素に重きを置いたMIXスタイルをモットーに、数多くのイベントで安定感のあるプレイを披露している。ハードテクノ・ハッピーハードコアと極端なジャンルでの活動が多い。「インターネット寄りのDJ」としての面もあり、2ch発祥「ClubVIP」での活動も行っていた。ニコニコ動画においても早々にMIX動画を多数投稿し、特にミキサー操作を解説した動画は現在も若手DJの教材として重宝されているらしい。好きな言葉は「フルレングス」と「セパレート」

    TAK666

    tak666
    TRAKTOR DJと邂逅したことで2005年よりラップトップを用いたDJ活動を開始。
    それなりに色々なパーティーに参加したり
    異種雑食系パーティー『Cradle to Grave』をオーガナイズしたりして今に至る。
    核にある音はロックだが単一のジャンルに絞ることはせず、
    こと電子音楽に於いては『Disco, Rave & Bassline』を3大テーマに掲げて
    テクノ、ハウス、トランスからブレイクビーツ、ドラムンベース、
    ダブステップ、ハードコアに至るまで幅広くカバー、
    それらジャンルの境界を容赦無く超えていくプレイを好む。2011年よりその年にリリースされたトラック5曲のみで
    MIXを録ってアーカイブする企画『5TRAX』の企画運営を実行、
    また時期を同じくして6時間B2Bと云う実験的な試みにも参加し、
    2015年にはDJ歴10年と云うことで10時間のロングアワーズを達成するなど
    此方とも彼方ともつかない方向へ向かって歩を進めている。hideは神様。掘骨砕三作品は永遠のバイブル。
    ミルクティーが主食。クロスバイクが愛車。好きな言葉は『1クレ50円』。http://www.tak666.com/


    Yuduki [@akuwa]


    赤と黒が特徴的なレコード店の店員を9年間務め、ミニマルテクノからファンキーハードまで9年間で培った知識とセンスでミックスを作り上げ、新旧テクノを幅広く、ハードミニマルを主軸にテックダンスやハードグルーヴを織り交ぜるスタイル。ハードなグルーヴが感じられるサウンドをこよなく愛しなんでも聞く基本雑食タイプ。太くて堅い音が大好き…!なんて言うとアレですが、まあそんな感じのアレです。Hardonizeレジデント兼オーガナイザーなのは説明不要ですね。好きな食べ物は麺類全般、好きな言葉は「太いボトム・重いキック」。

    ■VJ Crew

    KNOCKHEADZ


    今週のオススメハードテクノ – Resident’s Recommend 2018/06/21

    はいこんにちは、こんばんは、さんごです。

    とうとう今週末に迫ってきましたHardonize。前回の10周年記念会も相当な盛り上がりでしたが、それに負けない感じの盛り上がりを目指していきたいと思います。何せ出演者の数が多い!レジデント一人一人が自らのタッグパートナーを自己責任で連れて来る、タッグマッチスペシャルなのです。打ち合わせの最中にレギュレーション的なものも少し考えたのですが「自腹でジャパニーズマネー積んで大物連れてきてもいい」というやつもありました。流石に今回そこに触れてくる組み合わせはありませんでしたが。

    Hardonize30_Omote800

     

     

     

     

    いつ見てもDJが多い関係で文字数が多いフライヤー、もう1回貼っていくぞ!刮目!

     

     

     

     

     

     

    そんなしのぎを削りあう4つのタッグをですね、今回の記事でキッチリカッチリ、独断と偏見を十二分に交えて紹介していきましょう。チーム名は各自が勝手に名乗ったり呼んだりしてる奴を採用してしまいました。面倒くさいので。

    【Japanese Murder Boys】 774Muzik & box

    British Murder boysと言えばハードテクノ大御所のSURGEONとREGISのユニットですが、日本にはこいつらが居る…レジデントの774Muzikはkinetic drumsというレーベルを持つトラックメーカーですが、それが若手ハードミニマルクリエイターのboxをタッグパートナーに据えてしまった。ハードミニマルメーカー同士の融合はまさにJapanese Murder Boysと呼ぶに相応しい!!!かもしれない!!!ていうか何トラック同時に鳴るか全然わかんねーんですよこいつら!フェーダー8本上がってるかもしれないとか何とかいう話も聞こえてくるんですけど。なにそれ怖い。

    【The Adobent】 yuduki & REV-TUNE

    ジ・アドビントと読むユニット名なんだそうです。アドビて。Web屋さんが本職のユニットに相応しいやつですね。個人的にはここ、ちょっと異色の取り合わせに思えるんですよね。ゆづき君はメインストリームに近いちょい重のゴリゴリミニマル分が多めなのに対し、れぶつんくんはもう少しライト方面も押さえた感じの印象があるので、この組み合わせや如何に。これ、読めません。既に打ち合わせと称した練習を行っており「いい感じになった」という情報は漏れ聞こえております。現地で確認する以外に無い!

    【実質Perfume】 Sango & gekko

    わたくしのタッグパートナーに選んだのは、以前に甲府にもお呼び頂きました若手DJのgekkoくんです。7月のRe:animation出演を控える両名でやってみるのも面白かろうというのもあります。年齢差は干支一周どころではない感じで10何年分かのアレを色々ぶつけていく感じです。老害にありがちなかわいがりってやつです。打ち合わせした時に「他の人たちみんなコワイネー。僕らモテ選曲でいこうネー。汗臭いのは他に任せて、キラキラしてこ。キラキラ。実質的にはもうパヒュームでしょパヒューム。俺がのっちだ」というような話をしました。果たしてパヒューム足り得るのか、毎年バリュームを飲む年齢となってしまったおじさんが若手相手に奮闘するハートフルストーリーです。

    【四文屋難民】 TAK666 & Bee.Bee./orinetone/Takayuki Kamiya

    この記事の冒頭でレギュレーションについて触れましたが「タッグパートナーは1人に限る」というルールは全く挙がっておりませんでした。その穴を的確に突いてきたやんちゃボーイTAK666なわけでありますが、連れてきた面子を見ても「サグい!大凶!もう一杯!!」という感じでして。こんだけ揃って何やるのあんたら。もう読めません。そもそも息が合うのか。4人だぞ。大丈夫なのか。ワシャ知らん。これはもうHardonize史に残る「事件」の予感がしますので、皆さんは目撃者となって下さい。

    以上、4チームの私見を交えたご紹介でした。あっ、パーティの開始時間はいつも通りの15時からですからね!!変則的な構成ですがそのへんはいつも通りです。よろしくおねがいします。

     

    jacket-crop-u112

     

    そして最後になりますがだいぶ恒例となりつつある「超格好いいテクノが無料でアルバム何枚分か貰えちゃう」企画ことTechno Allianceの4回目、そのダウンロード情報が書かれたカードが当パーティでも配布されますので、こちら目当ての方もじゃんじゃんお越し下さい。

     

    4チームのバトルを見て楽しんで「おみや」としてテクノ楽曲を沢山貰えてしまう、コスパ最強のレジャーここに爆誕というわけですよ。以上です!!!

     

    さあ新譜の紹介していきましょう!

    Wrangling Seagulls (Swarm Intelligence Remix) by Primary Node

    インダストリアル・ナウ!!!ごっつい!!!問答無用で殴りに来ます。試聴したらわかるっていうか骨身にしみる系の極太ビート。極上ビート。

    Terminator 2 Theme (Original Mix) by Eta Beta J

    こういうネタ物は笑っちゃっうと負け。だって妙に哀愁トランスなんだもん…

    Cataclysmic Variables (Original Mix) by Dark Quadrant

    変則的なリズム隊が面白いハードミニマル。ちょいインダストリアル感も入っていますね。もう延々と聞いちゃうやつ。EQでロー抜いたりシャカシャカさせて引っ張ってまたロー入れるとかそういうのだけで遊べちゃうやつです。あとエフェクト映え。

    Groove A2 (Original Mix) by Dragon Hoang

    なんかアクションゲームの後半ステージみたいなメロディーが気になるDragon Hoangの曲なんですがボトムしっかり。

     

    さーーーーー土曜日は茶箱に集合だーーーーーー!!!!!

    次回更新は週明け!6/26です。


    今週のオススメハードテクノ – Resident’s Recommend 2018/06/19

    はい今晩は774muzikでございます。
    6月23日、もうみんな分かってるね?
    Hardonizeは今週末6月23日開催ですよ!スケジュールにイン!よろしくです。

    また、併せまして、Techno Alliance Vol.4の情報もドロップされてますので、公式サイトで要チェック!
    協賛イベントでコードをゲットして、テクノトラックスをダウンロードしましょう!
    僕も参加しておりまして、Pumpin’ Murder Started The Bass Upというヤバいイキフンなタイトルの楽曲を提供しております!

    この曲とは特に関係ありませんが、唐突に僕の好きなトラックTOP3を貼っておきますね。

    Tom Novy vs Eniac – Pumpin’

    DK8 – Murder Was The Bass(Rework)

    Joey Beltram – The Start It Up

    ということで、Hardonize & Techno Allianceをよろしくお願いします!

    さて、それでは本題。
    今回はHardonize直前ということで、当日これはかけたいなー、という辺りをご紹介したいと思います。
    なお、Hardonizeでは「複数回かかった曲はその日のアンセム」というポリシーを採用しておりますので、特に他のDJへの牽制ではありません!

    X6Cta – Antigen (Original Mix)

    DJ Reversive – Volumatic Drums (Original Mix)

    Cave – Yaws (Eric Sneo Remix)

    Homma Honganji – Toshiba (Original Mix)

    RANDOM\NOIZE – Random 6.1 (1999 Version)

    という感じで、可能な限り無慈悲にフロアをしばいていくスタイルでいきたいと思っておりますので、何卒よろしくお願いします!
    次回更新は本当に直前の木曜日、DJ Sangoがお送りいたします!ではー。