2017/11/04(Sat) Hardonize#28

Hardonize28_Omote
「ハードテクノ」を様々な周辺ジャンルも内包し
各々のDJによる解釈でフロアにお届けするハードグルーヴパーティ!
10周年を目前に控えた28回目の今回、Hardonizeにお呼びしたのはテクノロックデュオHONDALADY、デザイン集団ケチャップアーツで活動中のDie、暗く硬い音に芯を置きexbit traxでトラックリリースやDJ活動にも精力的なBee.Bee.のお二方!!
今回もHardonizeだからこそ実現できた一期一会の共演をお見逃しなく!

■Hardonizeってどんなイベント?

「Hardonizeってどんな音楽がかかってるの?」とのお話を聞くことが多かったので前回と同じものになってしまうのですが、「Hardonizeではこんな音がかかってます!」というのがわかりやすいようにミックスをおいておきますね。必ずしもこの限りではないのですが「このような感じの音がかかっている」と思ってもらえればと思います!

■DATE&PLACE

2017/11/04(Sat) 15:00-21:00
sabaco music&cafe@Waseda

・東京メトロ東西線早稲田駅3a/2番出口より徒歩5分
・副都心線西早稲田駅1番出口より徒歩15分
Sabaco_Webmap

■DOOR/ADV

DOOR: 2,000yen (with 1drink ticket)

■Hardonize#27 Guest DJ

Die (HONDALADY / 全日本レコード) [@dietrax]

28_die

テクノロックデュオ『HONDALADY』でTB303を奏で、
おもしろデザイン集団『ケチャップアーツ』でTシャツ製作やデザインを担当。ソロ名義ではDieTRAXとしてライブも行う。
DJスタイルは“楽しい曲ならなんでも!”をモットーに、どこから仕入れてくるのかネタもの過積載。
90年代の一番いい時代だったハッピーハードコア、ジャーマンレイヴトランス、オールドスクールが大好物。

https://www.mixcloud.com/GLOWKiD/glowkid-and-dietrax/


Bee.Bee.(exbit trax) [@B_e_e_B_e_e_]

28_beebee

1990年生まれ。
12歳よりダンスミュージックに興味を持ち、15歳、高校進学と同時にトラックメイクを通して本格的に作曲へ傾倒し、各音楽スタイルを貪るように模索。
2009年、音大進学とほぼ同時にDJキャリアをスタート。
デビュー以前から傾倒していたUKハードハウス・Nu-NRGを武器に、現在まで都内各所での活動を続ける。
盛衰著しいクラブサウンドの波に飲まれず、頑なに同ジャンルへ情熱を注いできた。
手掛けるジャンルの幅を増やせど、己の信条とする「リビドーを扇情する暗く硬い音」に芯を置き、形式をDJや楽曲問わず現在まで発信し続けている。
2013年、「xbtcd05 – V.A. / Crack」への自作曲「I Wish」採用を皮切りに、2014年よりexbit traxに正式参加。
以降定期的にコンピレーションアルバムへ楽曲を提供中。
2015年、オーストラリアの楽曲レーベルElectric Releasesより「Omegalpha」がni-21氏のリミックスと共にリリース。
国外へ向けた活動にも重きを向けている。
2016年、exbit traxよりVSコンピレーションアルバム、「ERGOSPHERE EP」をリリース。
2017年、男女共通厄年&八方塞ながらもインポが治りかける。


■Hardonize Resident DJ

774Müzik (Club VIP) [@774muzik]

774
2005年、DJ活動を開始。活動初期より一貫してHard Techno、Funky Technoをプレイ。DJ活動の傍ら精力的に楽曲制作を行い、2011年には自身主宰レーベルKinetic Drumsを立ち上げ。2012年にはAndy Richmond主宰のHard DanceレーベルDirty Stop Outsより2曲のリミックスワークがリリースされるなど、活動の幅を広げている。尊敬するアーティストは槇原敬之とJeff Mills、好物はプリンモンブラン。

Sango [@Sango]

ArtistPhoto_Sango
2004年7月よりDJ活動を開始。茶箱@早稲田を活動の拠点として都内各所に出没。選曲・精度・流れという三要素に重きを置いたMIXスタイルをモットーに、数多くのイベントで安定感のあるプレイを披露している。ハードテクノ・ハッピーハードコアと極端なジャンルでの活動が多い。「インターネット寄りのDJ」としての面もあり、2ch発祥「ClubVIP」での活動も行っていた。ニコニコ動画においても早々にMIX動画を多数投稿し、特にミキサー操作を解説した動画は現在も若手DJの教材として重宝されているらしい。好きな言葉は「フルレングス」と「セパレート」

TAK666 (Cradle to Grave)

tak666
TRAKTOR DJと邂逅したことで2005年よりラップトップを用いたDJ活動を開始。
それなりに色々なパーティーに参加したり
異種雑食系パーティー『Cradle to Grave』をオーガナイズしたりして今に至る。
核にある音はロックだが単一のジャンルに絞ることはせず、
こと電子音楽に於いては『Disco, Rave & Bassline』を3大テーマに掲げて
テクノ、ハウス、トランスからブレイクビーツ、ドラムンベース、
ダブステップ、ハードコアに至るまで幅広くカバー、
それらジャンルの境界を容赦無く超えていくプレイを好む。

2011年よりその年にリリースされたトラック5曲のみで
MIXを録ってアーカイブする企画『5TRAX』の企画運営を実行、
また時期を同じくして6時間B2Bと云う実験的な試みにも参加し、
2015年にはDJ歴10年と云うことで10時間のロングアワーズを達成するなど
此方とも彼方ともつかない方向へ向かって歩を進めている。

hideは神様。掘骨砕三作品は永遠のバイブル。
ミルクティーが主食。クロスバイクが愛車。好きな言葉は『1クレ50円』。

http://www.tak666.com/


Yuduki [@akuwa]


赤と黒が特徴的なレコード店の店員を9年間務め、ミニマルテクノからファンキーハードまで9年間で培った知識とセンスでミックスを作り上げ、新旧テクノを幅広く、ハードミニマルを主軸にテックダンスやハードグルーヴを織り交ぜるスタイル。ハードなグルーヴが感じられるサウンドをこよなく愛しなんでも聞く基本雑食タイプ。太くて堅い音が大好き…!なんて言うとアレですが、まあそんな感じのアレです。Hardonizeレジデント兼オーガナイザーなのは説明不要ですね。好きな食べ物は麺類全般、好きな言葉は「太いボトム・重いキック」。

■VJ Crew

KNOCKHEADZ


今週のオススメハードテクノ – Resident’s Recommend 2017/10/19

こんばんは。TAK666です。
レジデントが代わる代わるオススメハードテクノを紹介するこのコーナー、
2週間ぶりにワタクシが担当致します。

2017/11/04(Sat) Hardonize#28
「ハードテクノ」を様々な周辺ジャンルも内包し 各々のDJによる解釈でフロアにお届けするハードグルーヴパーティ! 10周年を目...

Die氏、Bee.Bee.氏をお招きしてお送りする次回Hardonizeまであと半月程。
その間にもDie氏は先日のオランダ凱旋の模様をお伝えするトークイベントに出演されたり、

Bee.Bee.氏はハードスタイル、ハードダンスのビッグゲストを招いてのレジデントパーティーを開催されたり、

同人音楽即売会M3-2017秋の開催も控えていたりします。
当日までバッチリハードテクノ成分を補給した上で臨めば尚楽しい筈。是非各所参加をご検討ください。
Dieさんオランダで買ったガバ流そうかなと申しておりましたが、はてさてどうなることやら。

本連載でもHardonizeで流れそうなトラックをレジデント各々ピックアップしておりますが、先日テクノの新しいスタイルについて知ってしまったので、今回は忘備録的にそちらを取り上げたいと思います。
ハードではないんですが、これが自分のクロスオーバーなスタンスとしてもなかなか興味深かったもので、特に変ミュージック好きの方にご一読頂けると幸いです。

切欠は先日ワタクシが出演させて頂いたDEAD SECT10Nと云うパーティーでした。
暗い、深い音楽にスポットを当て、煌びやかな音は一切排除と云うアンダーグラウンドならではのコンセプトを基に毎回コアなメンバーが集められており、ある人はひたすら渋いドラムンベースを、ある人はエッジのきいたハードコアを流す、まぁ普段聴くことのできないような音楽目白押しで大変楽しかったのであります。
自分はというと最近メインストリームテクノとベースミュージックの交配を行うのが楽しいと思っていたところだったので、BPM100くらいのエレクトロニカからテクノ、グライム、ダブステップと云ったセットで臨みました。
何回か曲名を覗き込まれたりひたすらShazamされたり、しめしめと云った感触。

で、その日の共演者にga_ck_ieさんと云う方がおりまして、その方のセットが大変面白かったのです。
彼は当Hardonize開催場所である早稲田茶箱にてAQUANAUTSと云うドラムンベースのパーティーを行っている方で、DJもジュークやダウンテンポを織り交ぜつつ清涼感溢れるMIXを得意とする印象があります。
ちなみに一般的なドラムンベースのBPMは170~180くらいでして、テクノとは大幅な差異があります。ここまでが前情報。
ga_ck_ieさんはこの日も序盤は音数の少ないドラムンベースを鳴らしていたのですが、これが徐々にBPM130辺りのテクノに変わっていくわけです。それも大幅なテンポシフトをしている感じもなく、シームレスに変わっていく。
その後あろうことかテクノとドラムンベースを行ったり来たりする。やっぱり違和感なく。
前述の通り両者はBPMが大幅に異なるため、DJのセオリーに則って考えれば繋ぐことはできません。

パーティー終了後、ドラムンベースとテクノがMIXできたカラクリを語ってくれたところによると、これらは『グレイエリア』と云うスタイルの音楽なんだそうです。
アルファベットで書くと『Grey Area』。
名前の由来を説明するより先に以下のMIXを聴いて貰った方が良いと思います。

Sam KDC / Samurai Music Official Podcast 27

パッと聴いた感じアンビエントっぽい静かさを持つテクノと云う印象を受けると思います。
ビートパターンがシンプルな4つ打ちでないこともすぐ分かりますが、少し踏み込むと3拍子のパターンになっていることに気付きます。この時点で普通のテクノではありませんね。
で、そこに意識を払いながら聴いていくと中盤でドラムンベースのリズムに切り替わります。ウワモノの速度は変わらず、そして4拍子にシフトするのです。
つまり4拍子ドラムンベースのBPMである170を3/4でとった速度が127.5であり、同じ小節のスケールでビートパターンが展開しているユエに違うBPMの曲同士が繋がる、ドラムンベースとテクノのテンポや要素をクロスオーバーさせながらもどちらともつかない『灰色の領域』、これがグレイエリアの特徴です。

このスタイルの音楽は少なくとも2014年には構成理念が出来上がっていたようです。
発起人については探り当てることができませんでしたが、現在のシーンの中心にいるのはドラムンベースのプロデューサーDJ PreshaとクリエイターASCの両名でしょう。
https://www.facebook.com/preshasamurai
https://www.facebook.com/ASC77
https://soundcloud.com/asc
共にドラムンベースシーンで20年近いキャリアを持ちながらテクノも聴いてきた(DJ Preshaは好きなアーティストにSurgeonを挙げています。)と云う彼らは2015年に合流し、名前もそのままにGrey Areaと云うレーベルを立ち上げます。

grey area
Grey Area Releases & Artists on Beatport

リリース名、トラックタイトル、アーティスト全て匿名と云うある種の哲学を感じさせるようなスタンスをとっており、上記のような特性から手を出しづらい感じも否めませんが、実際に聴いてみるとビートのハッキリした(4拍子ではないので4つ打ちとは呼べないけれど)等間隔リズムもの、ミニマルドラムンベースの名残が見えるもの、アシッドシンセに焦点を当てたものなど、意外と曲調の幅が広いことに驚きます。
中にはテクノとドラムンベースの交配を露骨に意識した曲もありますので1曲だけ取り上げます。

Grey Area 05 / Grey Area 05 #2

試聴部分は3拍子地帯しかありませんが、この後4拍子とも取れる完全な等間隔リズムに変わります。
従ってBPM170のドラムンベースから同リズムスケールでこの曲の3拍子地帯に繋ぎ、等間隔地帯で4拍子メインストリームテクノにシフト、と云ったことが可能になるトラックです。
ワタクシのようなクロスオーバーに重きを置くものとしては願ったり叶ったりのようなシロモノでして、ホント妄想が広がります。

その他グレイエリアのアーティストとして挙げられるのはFelix K、Sam KDC、Lemnaなど。
レーベルとしては前述のDJ Preshaが運営するHoroや、ASCの運営するAuxiliaryなどからリリースされています。
Horo Releases & Artists on Beatport
Samurai Horo Releases & Artists on Beatport
Auxiliary Releases & Artists on Beatport
それまで距離があったように思えたテクノとドラムンベースによる1つの形であると云う印象を受けました。
しかしサウンドサイエンティストたちによる実験の手は緩まず、尚変則的なビートを提示しては『BPMとは何ぞや?』と云う問いを我々に投げかけてくるのです。

その他グレイエリアのオススメはこちら。

ASC / Night Clouds

Sam Kdc / Feardom

Es.tereo, Marlyn / Cutting You Loose

SNTS / Ancestral Reflection

加えて、DJ Preshaがイチオシとして挙げているアーティストに毎月Club Asiaにて行われている老舗ダブステップパーティーBack To Chillのメンバーである日本のEna氏の存在があります。
https://www.facebook.com/enamusictokyo
https://soundcloud.com/ena-iai
速いようにも遅いようにも聴こえるドープなベースミュージックにDJ Preshaから進んでコンタクトを取り、結果自身のレーベルHoroよりBinauralと云うアルバムをリリースするに至ります。

ENA / Antenna

今年08月にもEPがHoroから発表されており、それもまた突然変異的な深度を誇るハーフステップ。

もっとグレイエリアについて知りたいと云う方は以下のFelix Kのインタビューを読むことをオススメします。
複雑なリズムを持つプロデュース楽曲を全てハードウェアで構築していると云う変態。

RA: Machine Love: Felix K

次週10月24日は774Muzikさんが担当します。今回はこれにて。


今週のオススメハードテクノ – Resident’s Recommend 2017/10/17

さてさて次回Hardonizeまで残り3週間を切っていよいよ選曲も本腰を入れて動かないと行けないですね、というところで今回は曲チェック強化月間としてHard Danceジャンルの中からピックアップ!TechnoジャンルとHard Technoジャンルから選び出すとチェックがし終わらないままBlog記事執筆に突入してしまって中途半端な状態になりかねないのでまずは母数が少ない所から…ということで。

開催まで残り1ヶ月を切った次回のHardonizeの情報はこちらからCheck!

2017/11/04(Sat) Hardonize#28
「ハードテクノ」を様々な周辺ジャンルも内包し 各々のDJによる解釈でフロアにお届けするハードグルーヴパーティ! 10周年を目...

ということで今回は久々、ハードグルーヴと相性がいいジャンルである所のハードダンスから5曲をチョイスしてみましたので続きからどうぞー!

Soportala Original Mix Pazto

Hard Danceジャンルで探していたはずなのに気がついたらTechnoジャンルを見ているのではないかという錯覚になってしまった。このジャンルの中で探している人にヒットするのかとても心配ですが僕は好みなので買いました。ありがとうございます、盲点でした。

IP / Aura

よくある名前過ぎて検索ノイズバリバリで詳細まで探しきれてないのですが、Hard Danceジャンルの中で久々のテックダンス。ファンキーすぎない展開とブレイクのシンプルさで個人的にはよく使う感じのハードグルーヴとの相性も良さそうな感じなので即カートイン。

Organ Donors / Ket Is for Horses Quinny Remix

安心と信頼のOrgan Donorsの2012年同名リリース曲をリミックス。オリジナルの悪い感じを活かしつつハードダンスに仕上げた、原曲が悪ければ(褒め言葉)リミックスも悪い(褒め言葉)のでとても良いです。

High On Hope Original Mix Base Graffiti

これはどちらかと言うとファンキーさをかなり強めにした最近のOmega Driveとかと相性良さそうなベースラインがGood。先のPaztoの曲もそうなんだけどHard Danceジャンルもしっかりチェックしていかないといい曲マジで見落とす可能性があるのでチェックは定期的に幅広くやらなければですね(数ヶ月溜め込んで苦しむワタクシ…

Countdown Extended Mix Rodi Style, Clayfacer

Rodi Styleの過去曲はあまり詳しくないのでこういう形で再収録されると過去の曲も再度発見できてとても良いと思いますが、同じ曲を別レーベルから5回ぐらい出しているのを見るに、覚えてなくて間違って購入してしまうという危険も孕んでいるので注意すべき。ブレイクでのピッチが一気に下がってそこからグイグイっと上がっていくソフラン的曲は中ネタとして好きなのでキープしておきたい。

そういえば、今回Hard Danceジャンルで選んだことに関連して今月末に開催される秋M3でテックダンス個人的注目株である所のs-donくんの新譜が出るみたいなのでテックダンス好きはチェックしておくと吉です。試聴からも漂うマストバイ感が個人的にはもりもりなので試聴してみてください!

次回は木曜更新!
TAKくんです!