「 2020年09月 」一覧

今週のオススメハードテクノ - Resident’s Recommend 2020/09/24 【出演者公募締切間近!】

 

はいこんにちは、こんばんは、さんごです。

 

先週末から4連休の人も多かったと思います、皆様いかがお過ごしでしたでしょうか。いよいよもって遠出が何となく許される感じの状態になってきましたので、エイヤとばかりに勢いをつけて福井県は三国に行ってまいりました。まあ水辺ポケモンおじさん活動なんですけども。あちらになるべくご迷惑のかからないよう万全の体調と防疫装備で行ってきたのは言うまでもなく。

 うはー

んで、同地方に何度か行ってる割になかなか行くことが無かった、日本でも有数の名勝地であります東尋坊に初めて足を伸ばしてきまして、まあなんというか、船越チャンス発動!ボタンを連打して犯人を崖に追い詰めろ!!という感じでした。それはもう崖。マジで崖。ロープとか柵とかないの。でもみんなグイグイと崖の端っこ行くの。見てるわけで怖いわ!!「タナトス…」って呟いたりしていた。ジェットコースターよりもリアルに死を感じられるスポットでした。それでも絶景は絶景なのでおススメ。すげーー遠いけど。ボートのついででなきゃ一生行かなかったかもしれないくらい!

 

さておき。

 

次回Hardonizeについてですが、チャレンジャーDJ応募締め切りはあと僅か!27日までですからね。出し惜しみ無しでお願いします。

応募用のDJMIXってどうやって作ったらいいの??という人にとっても大ヒントが先週のTAKくんの記事となっていますので必見です。こんな親切な展開ありなのかよ…ありです。後はあなたが動くだけ!

 

それともう一つ。

 

あのコロナ禍の真っ最中である3月に急遽開催した「早稲田音泉」が半年ぶりに帰ってきました!(別に休止宣言をしたわけじゃないけど)B2Bがあり、トークタイムありのラウンジ的なイベントです。

B2Bタイムも、トークタイムも現地にいらした方は参加可能なイベントとなっていますので「茶箱で俺が好きなこの曲が聞きたいんだ!みんなにも聞かせたいんだ!」という楽曲をお持ちいただいてあつーーーく語っていただけると我々も新しい音楽に触れたことで大変にハッピーになりますのでよろしくお願いします。

 

 

 

ということで新譜紹介!いきましょう。

 

 

A Feeling (Groove Control Remix) by Nikki, Starman, DJ Saber

少々重みのあるドンクベースからブレイクでエモエモなピアノ祭り。90’sレイヴの魂ここにあり。いかにも「煽ってください」と言わんばかりのハンドクラップ地帯もあり、王道、という感じがしますね。

DB Express (Original Mix) by Daz Saund, Ben Tisdall

何度も本ブログで紹介されておりますハードテクノ大名門レーベルMISSILEのデジタルリマスター(だけど元が元だけに全く綺麗にならない)なんですが、その34番がリリースされておりましたのでご紹介。Daz Saund, Ben Tisdallという並びだけでも「ああこれは変なテクノだな」ってわかるやつです。その上で、意外に軽快なハードミニマル!

Household Freedom (Samantha Togni Desperate Housewife Remix) by End Train

リミックス名が長い!Desperateは「やけくそ」とか「自暴自棄」って意味なんですが「やけっぱちの主婦リミックス」ってことになるんでしょうか。試聴してもどの辺がやけっぱちかわかりませんが…

Aces (Original Mix) by I Am Bam

ボイスサンプル1個で突っ走る系のハードテクノ。軽快でシンプルな作りなので3枚掛けのツールとしても十分役立つかなと。もちろん単発でデカイ音で鳴らしても楽しいのは言うまでもなく。単純だからこそ役立つシーンは多いかと。

Zync Grooves 01 (B) (Teletaktikz) (Original Mix) by Hertz & Johan Bacto

なんかここ最近なんですけどSwayもいきなりリマスターリリースしましたね。2002~2008年くらいのハードテクノにおいては正直マスターピースと言うべきレーベルな気がします。名盤も多い。今回はそのリリースから個人的にイチオシのところを。たまらないものがあります。

 

次回更新は9月29日!です。


Resident’s Recommend 2020/09/22

こんばんは。774muzikです。
はい。まずは重ね重ねですが、こちら。

公募締め切りまで1週間を切っております。
挑戦お待ちしておりますので、是非奮ってご応募くださいませ。

前回のTAK君の記事はご覧いただけましたでしょうか?

【特集】公募用DJMIXの組み方 - Resident’s Recommend 2020/09/19

体系的に公募Mixの作成スキームが言語化されていて、今回の募集に限らず、考え方の切り口になると思いますので、是非ご参考いただければと思います。
あとは、募集サイドの観点でいいますと、公募DJを選考した後、タイムテーブルを組んでいくわけなんですが、その時に参考になるのはやはり提出されたMixなわけです。
そうすると、Mixを作る際に、どの時間帯でのプレイなのかを想定していただいた方がいいのかな、というところと、当日、提出Mixとかけはなれた内容(楽曲選択やテンションなど)でのプレイとなってしまうと割と事件(Incident)なので、その辺りも意識していただければ・・・と思います。

では本題です。
公募Mixって、どのような楽曲を好み、どのような流れのMixを好むのか、ということを端的に表現する名刺みたいなもんだと思うんですね。
そう考えた時に、もし僕が今公募Mixを作るとしたら、どんな曲を採用するだろうか、というところを今回はご紹介していきたいと思います。

この辺のラインナップで割とプレイのタイプというか、色みたいなものを表せるかな、という感じです。
なかなか最近のリリースでは見ない傾向の楽曲群なので、古めのものが多くなってしまうのは悩みどころではありますが。

ということで、引き続き応募お待ちしてますので、ガンガン当たってきてくださいね!
次回更新は木曜日、DJ Sangoがお送りします!ではー。