「 TAK666 」一覧

今週のオススメハードテクノ – Resident’s Recommend 2018/07/12

こんばんは。TAK666です。
レジデントが代わる代わるオススメハードテクノを紹介するこのコーナー、
2週間ぶりにワタクシが担当致します。

ラーメンいつ奢ってくれるんですかボス!(挨拶)

本連載も開始から丸2年を迎えました。
週に2度、各人好き勝手にハードテクノ情報をお送りしております。
お役に立てていれば嬉しいです。

ワタクシ以外の3人はその時の新譜に着目していることが多いのですが、ワタクシの回では単体のアーティストだったり、特集を組んで執筆しております。
ふと思い立ってこの2年間の自分の担当記事を以下にまとめてみました。

【2018年】

06月 / 【特集】ブートレグ、フリーダウンロード / 【特集】Incident
05月 / Riotbot / 【特集】『M3-2018春』同人テクノ / 【特集】四文屋難民メンバー紹介
04月 / Rebeld Records / Rob J.
03月 / Filterheadz / 【特集】Bandcamp限定リリース
02月 / 【Hardonize10周年特集】10年前の同人テクノ / 【特集】Hardonize#29 プレイリストピックアップ
01月 / 【Hardonize10周年特集】10年前のハードテクノ / 【Hardonize10周年特集】10年前の日本のハードテクノ

【2017年】

12月 / 【特集】Hardonize#26、Hardonize#27、Hardonize#28 プレイリストピックアップ
11月 / 【特集】『M3-2017秋』同人テクノ / 【特集】Hardonize#28 ゲストDJプレイバック / Sterling Moss
10月 / Norman Andretti a.k.a. Quarill / 【特集】グレイエリア
09月 / Bad Boy Bill / 【特集】ブートレグ、フリーダウンロード
08月 / CAVE / OmanticRecords
07月 / Digital Mafia / Steel Grooves
06月 / X-Dream / Dismantle / Christian Fischer
05月 / 【特集】『M3-2017春』同人テクノ / Chester Beatty
04月 / 【特集】曲名に『春』とか『桜』とか入ったトラック / Andy BSK
03月 / Myler / D.A.V.E. The Drummer
02月 / Jamie Taylor aka Tik Tok / Pasquale Maassen
01月 / 【特集】同人音楽+テクノ / Butch

【2016年】

12月 / Kwadratt / 【クリスマス2016特集】ブートレグ、フリーダウンロード
11月 / Reset! / Dark By Design
10月 / 【特集】Hardonize#25 プレイリストピックアップ / Bryan Cox
09月 / Kanji Kinetic / Technikal / Vinylgroover aka Scott Atrill
08月 / Ganez The Terrible / DJ Reversive
07月 / Raul Mezcolanza / David Moleon

思ったより特集が多かったですね。
思いつきで書いたものもあれば結構実用的な記事もあります。
ピックアップしているアーティストもこうして見ると趣味が出ていると感じます。
こんな調子でお送りしていきますので、『今週のオススメハードテクノ』3年目も何卒よろしくお願い致します。

さて、Hardonizeではファンキーなハードテクノのカテゴリー、ハードグルーヴについて度々取り上げておりますが、真っ先に取り上げられて然るべき重要アーティストが上でピックアップされていないことに気付きました。
このままではハードグルーヴに口煩い熱の入ったSangoさんにどやされてしまうし、まだ実現していないラーメンを驕って貰う約束が反故になってしまう。
それだけは避けなければと急ぎ今回ご紹介する方がこちらになります。

Goncalo M

Goncalo M
https://www.facebook.com/www.djgoncalom
https://soundcloud.com/djgoncalom

ポルトガル出身のDJ/クリエイター。ちなみに読み方は『ゴンサロ・エム』。
1978年生まれ御年40歳にして、既に半生以上の時間をDJとして活動しており、地元ポルトガルではA.PaulDu’ArTと並んでハードテクノシーンの重鎮として語られることが多い存在です。
Intuition RecordingsとGlobal Techno Movement Recordsと云う2つのレーベルを運営し、アーティストを広くピックアップしている一方、Yin Yang、Naked Lunch、Soul Access等、ハードテクノを代表するレーベルからのリリース経験もあることがそれを証明していると言えるでしょう。

キャリア初期から現在に至るまであらゆる活動に於いてエネルギッシュなハードテクノを提示し続けています。
DJでは3~4デッキをフルに使いこなし、エフェクトも多用するアグレッシヴなプレイ。
ヨーロッパ各地は勿論のこと、南米、アジアのフェスやパーティーで多くの観客を魅了し続けてきました。
ちなみに2015年に来日もしており、その際の東京公演時のプレイ録画がフルで本人のYoutubeアカウントにアップロードされています。

余談ですが、Goncalo MのYoutubeアカウントにはこういったパーティーに於ける彼のプレイ録画が頻繁に公開されていたりするので、ベテランのMIXスキルを盗むも良し、BGMとして流すも良しの内容です。
更に余談ですが、この時のオフショット集も同時にアップロードされており、日本観光にハシャぐGoncalo Mをご覧頂けます。

面白いことに、Goncalo Mのリリースキャリア発端となったのはヴァイナルではなく、地元ポルトガルで発行されていたDance Clubと云うダンスミュージックマガジンに封入されていた付録CDでした。
この雑誌は2000年から2009年頃まで発刊されていたようで、ほぼ毎号、何かしらのコンピレーションやMIX CDが付録としてパッケージされておりました。
収録内容はやはり地元ポルトガルのアーティストに的を当てたものが多かったのですが、中にはUmekや、Luke Slaterの変名義、Earnest Honest、日本からもTakashi Watanabe氏の楽曲が収録された号があったり、豪勢と言いつつどこか変なラインナップだったことは記しておきます。
Wehbbaがロングインタビューに答えている回もあったようです。ビックリですよね。

さて、Goncalo Mを語る上で欠かせないのが、彼がハードグルーヴと云う名称を広めた有力な1人であると云うことです。
彼はトラックメイキングを始めた2002年からハードでパーカッシヴなテクノを手掛けてきました。
当時ハードグルーヴと云う単語は世の中になかったので、それらはハードミニマルのスタイルの1つと云う認識でしかなかったのですが、徐々にハードミニマルの傾向が無機質で深いものになっていき、Goncalo Mと彼の一派が作るハードテクノとの間に乖離が生じてきます。

そんな折、ファンキーでトライバルな要素を持ったハードテクノを指す名称としてハードグルーヴと云う単語がじわじわと浸透してきました。
未だにこの単語の初出がどこに当たるのか突き止めきれておりませんが、自分が確認している最古のリリースがFeverからリリースされたHardgroove Techno Fever Volume 1と云うコンピレーションになります。
これが2010年。

ちなみにこのシリーズ、意外に好評だったらしくVolume 6まで出た挙句、Masters Of Hardgrooveと云うコンピレーションまで出ました。

その翌年に当たる2011年、Goncalo Mは『コレだ!』と言わんばかりにPortuguese Hardgroove Drumsと云う名前でトラックをリリースするのです。

Goncalo M / Portuguese Hardgroove Drums

無機質なシンセは旧来のハードミニマル然としている一方、ドライブ感のあるベースと前のめりなハイハットリズムは、それらと一括りにできない何かを感じさせました。
加えて地元ポルトガルの名前をトラック名に含めてくる辺り、ある種の決意表明と受け取ることもできます。
これが自分の知る限り、最古のハードグルーヴとして作られたハードグルーヴ楽曲です。

尚、この直後にStephane SignoreのWhip It Outのリミックスがリリースされるのですが、その正式タイトルがWhip It Out (Goncalo M Hardgroove Remix)であったことも併記しておきます。
こちらは天下のPatternsからリリースされたこともあってより深く印象付けられたかもしれません。

これ以降、Goncalo Mはハードグルーヴの担い手としての地位を確立し、DJにリリースにプロデュースとトップクリエイターとしての道を歩み続けています。
ハードグルーヴの基準点は彼にある一方で、彼のサウンドは進化を止めず、より研ぎ澄まされていくのです。
しかもそれを大量生産する信じられないバイテリティの持ち主でもあります。今でも月に1作品は必ずリリースしています。超人か。
そんなに作れないよと云うアナタにはGoncalo Mが直々に手掛けたサンプルパック、Hardgroove Legacy Vol 1をオススメします。
おめでとう、これでアナタが2人目のGoncalo Mだ。
尚、Vol 2もあります。

そんな彼のオススメ楽曲がこちら。

Goncalo M / Like A Glove

夏っぽい、ややアーバンなリフが気持ち良いですね。
こう云う感じにせり上がるベースはリフの逆を行く感じで特徴的ですが、うまいことマッチしてます。

Goncalo M / Last Words

一昨日の記事でYudukiボスが載せたトラックリストとまさかの被り紹介。
これもまたハードミニマルを踏襲した形のハードグルーヴ。
ダークな雰囲気をキープするスタイルもまたGoncalo Mの得意分野です。

Goncalo M / Outmanipulated

AlbitaのTa’ Bueno Yaネタ。
古いテクノ好きならBen SimsのManipulated (Adam Beyer Remix)ネタと言った方が通りが良いかもしれません。
たまにこう云う大胆なネタモノをしれっと作る人でもあります。
前回の記事でIncident特集を行った際にもIncident (GONCALO M edit)について紹介しましたし、Zafra NegraのSufriendo Por Ellaネタなんてものもあります。(元ネタ)
こちらもMonika KruseのLatin Loversネタと言った方が伝わりやすい?

Goncalo M / Ritalina

割と古い、2010年の頃のGoncalo Mワークスの中でも特にお気に入りのトラック。
シンプルなリフ回しと派手なパーカッションが疾走感あってついピークタイムに差し込みたくなります。

Goncalo M / Awakening

最後に最近のトラックをば。
こういうスペーシーなシンセはここ最近のハードグルーヴを掘っているとよく耳にしますが、ダントツに深いベースはGoncalo Mならでは。

長くなってしまったので紹介しきれませんでしたが、Goncalo Mはハードテクノではない、テクノのトラックを手掛ける別プロジェクトとしてG Techと云う変名義を持っています。
普通にテクノセットに使える曲が多く、ハードグルーヴの手法でテクノを表現しているので、是非本名義と聴き比べてみてください。
03月に自身のGlobal Techno Movement Recordsから出したリリースの総集編アルバム、Underground Top Selectionが発売されておりますので、割と手を出しやすくなっておりますよ。

次週07月17日は774Muzikさんが担当します。
今回はこれにて。


今週のオススメハードテクノ – Resident’s Recommend 2018/06/28

こんばんは。TAK666です。
レジデントが代わる代わるオススメハードテクノを紹介するこのコーナー、
2週間ぶりにワタクシが担当致します。

先日執り行われたHardonize #30 -Back 2 Back Special-は滞りなく終了致しました。
お越し頂いた皆様、配信をご覧頂いた皆様、そしてHardonizeクルーと共にプレイして頂いたゲストDJの皆様、ありがとうございました。

・・・何と言いますか、内容的には無事ではなかったんですが、主に我々四文屋難民が。
差し当たりその話は置いておいて、他3グループはそれぞれの嗜好性が存分に発揮されていた良いB2Bチームでした。
2人ともほぼ常に2曲以上ハードミニマルを重ねていたヘヴィーウェイトなbox & 774Muzik、
カッチリしたボトム寄りのトラックからスタートし、終盤はネタものも差し込む遊び心もあったREV-TUNE & yuduki、
ハードグルーヴ~テックダンスと派手路線を突っ走ったgekko & Sangoと三者三様で、
Hardonizeがコアとしているハードテクノが表現できていたと思いました。

余談ですが、彼らのプレイ中にorinetoneさんがボソッと

こんな呟きをしていた通り、チーム内抗争は見られませんでした。
我々は戦争を望み過ぎているのかもしれません。

閑話休題。
パーティー前に某居酒屋に4人で討ち入り、そのまま出来上がってしまった時の様子。

123時と云う存在しない時間軸に突入してしまっていることからも完成形に近付いていることが窺えます。

で、ワタクシがBee.Bee.さん、orinetoneさん、Takayuki Kamiyaさんと共にB2Bを行った四文屋難民ですが、概ね05月31日掲載記事のような想定の元に準備したのは正しかったです。
ハードテクノもかかりましたし、それ以外にもUKハードハウスやベースミュージック、果てはポップスやドラムンベースにまで飛び火しました。

事前の討ち入りで出たこの発言も結果正しかったと言えるでしょう。

但し、予想外だったのはTakayuki Kamiyaさんが頑なにIncidentネタのみプレイしたことです。
多分同じフレーズが6~7回かかったのではないでしょうか。
あのピアノが鳴る度に同じブース内で苦虫を噛み潰すような表情をしていたBee.Bee.さんとorinetoneさんの顔が忘れられません。

ワタクシも思いつく限りの罵倒をTakayuki Kamiyaさんに向けて放ちたいのはヤマヤマなのですが、
これ、01月25日掲載記事の冒頭でちょろっと触れております通り、元凶にワタクシが含まれているのでもう、なんか・・・申し訳なさしかないです。
(ちなみにこの時先にネタ切れを迎えたのはTakayuki Kamiyaさんの方でした。余程悔しかった模様。)

そんなことがあったので、今回はIncident特集、これしかないでしょう。
自分で巻いたタネは自分で摘み取ります。
君だけのIncidentを装備してライバル(Takayuki Kamiya)に差を付けろ!

まずIncidentとは。
今更説明するのも忍びないですが、曲はコチラになります。

Joris Voorn / Incident

作ったのはJoris Voornと云うオランダのアーティスト。
テクノのクリエイターとして活動を開始したのは90年代末期からで、デビュー当初はパーカッシヴで派手目な曲調のものが多かったのですが、現在はテックハウスやディープ方面にシフトしております。
とはいえ、プログレッシヴでメロディアスと云う要素は変わっておらず、丁度2000年代初頭に同じような系統のテクノを手掛けていたTechnasiaにフックアップされ、Technasia Recordsを母体とするSinoと云うレーベルに所属。
そこから2004年にリリースされたのがこのIncidentです。
かれこれ14年前の曲です。

これがテクノ、ハウス、トランスの垣根を越えて大ヒットしました。
当時のテクノの流行であったトライバルリズムとJoris Voornが得意とするエモーショナルなリフ回し、そしてトランスのようなロングブレイクを挟んでからM1ピアノと共にメインパートへ流れ込む展開などが多くのDJ、リスナーの心をガッチリ掌握。
ほんの一例に過ぎませんがCarl Cox、Ken Ishii、Adam Beyer、Ben Simsなど、錚々たるDJにプレイされたことからもその人気っぷりがお分り頂けると思います。

これを切欠に彼は一気にスターダムへのし上がり、ヨーロッパ各地のパーティーに招聘されることになりました。
日本にも2005年から2009年までは屋内テクノフェス、WIREに連続参加。
石野卓球氏繋がりだと一昨年のSTERNEでも来日を果たしております。

さて、Incidentに話を戻す上で外せないのが2011年に東日本大震災が起こった際、このIncidentをアップデートしたIncident (Miyagi)と云う曲がリリースされ、その売り上げがチャリティーとして日本に寄付されたことです。

Joris Voorn / Incident (Miyagi)

震災が03月11日に発生したのに対し、この曲のリリースは03月22日。
この驚異的なプロデュースの速さにはJoris Voornの親日度と云うか、人柄の良さが感じられます。
内容も原曲からテンポダウンさせた上で音を足した、現代のメインストリームらしさが感じられるアレンジとなっており、あらゆる意味で日本のテクノヘッズが彼に感謝した出来事でした。

ちなみにこの曲、Incidentには元ネタがあります。

The Reese Project / The Colour Of Love (Underground Resistance 12″ Mix)

1992年にリリースされたInner City率いるThe Reese Projectと云うアーティストが手がけたアシッドハウスを、デトロイトテクノの伝説的グループUnderground Resistanceがリミックスした際に用いられたリフがそれに当たります。
上の試聴だと冒頭から鳴っていますね。
僕はIncidentと云う曲を知った当時、こういった経緯があったことについては全く知りませんでしたけれど、当時からテクノやハウスに対して積極的だった人にとってはこれもまたIncidentの評価を上げた一因になっていたのでしょう。

ちなみにこちらも先週のHardonizeでTakayuki Kamiyaさんがプレイしておりました。
抜かりないな・・・。

大分前置きが長くなってしまいましたが、以下が本題、Incidentネタ楽曲になります。
フリーダウンロードもあるのでさっくしお持ち帰りください。

Joris Voorn / Incident (GONCALO M edit)

ハードグルーヴを代表するアーティストGoncalo Mによるアレンジ。(読み方はゴンサロ・エム。)
強めのハイハットと永続的なベースラインがグイグイ引っ張っていく感じがGoncalo Mっぽいですね。
当連載に於いても度々名前の挙がるアーティストの1人であり、渋い路線にも派手路線にも機能するトラックを多く手掛ける万能型。
ちなみに、本国ポルトガルではテクノシーンのボス的な存在であることも合わせて記しておきます。
(04月05日掲載記事にて少しだけその辺りの話について触れております。)

Joris Voorn / Incident (Eric Sand Bootleg)

こちらも現行ハードグルーヴに於ける代表格Eric Sandによって作られたリミックス。
前出と比べるとややグルーヴィーなリズムとなっており、ファンキー路線に傾けるとこちらの方がマッチするかもしれません。
普段手掛けているのもパーカッシヴでどこか生音を意識した曲調のものが多いです。
ちなみにこちらのフリーダウンロード専用アカウントには他にも結構な大ネタ曲が転がっているので、ありがたくお持ち帰りください。

更に余談ですが、先週のHardonizeでTakayuki Kamiyaさんはこの曲を2度プレイしました。
そこは流石にダメ出しをしたのですが、容疑者は否認を続けており、引き続き慎重な捜査を行ってまいります。

— / Just An Incident

2000年代後期から作曲者匿名のヴァイナルリリースを行っていたブートレグ専門ハードテクノレーベルP Series。
テクノアンセムには節操なく手を伸ばしてきたこのレーベルがIncidentを見逃すわけもなく、あろうことかIncidentと同じ2004年に出たもう1つのテクノアンセムLen Faki / Just A Dance (Part1)とマッシュアップさせた上でリズムアレンジを行ったのがコチラ。
満貫全席って感じが堪らないですね。
P Seriesの一部は(無謀にも)Juno Downloadでダウンロード販売されているのですが、残念ながらこの曲は該当せず。

Masayoshi Minoshima / Ghostly Eyes

東方シリーズと云えばインディーズ(同人)発のゲームとして時代を築き上げた存在であり、ゲーム内で流れる和を意識した音楽も特徴的で、有志たちの手によって膨大な数のアレンジが生まれたと云うこともまた今更な出来事でしょう。
ただ、その中にIncidentネタがあったことについてはこの場で語っておいた方が良いかもしれません。

Masayoshi Minoshima氏が代表を務めるAlstroemeria Recordsより2006年にリリースされた東方アレンジアルバム、NITE VERSIONSに収録された上海アリス幻樂団 / 幻視の夜 ~ Ghostly Eyesとのマッシュアップアレンジです。
尚、トラックの要素的にはIncidentの方が強め。
再生して即座にあのリズムが流れ出す出来にはつい笑ってしまいます。
とは言え、共通点のないネタ元同士が不思議とマッチしており、製作者の発想力に感心してしまう1曲。

The Hidden Guy / Incident

最後にご紹介するのはTakayuki Kamiyaさんが実際にプレイしたIncidentネタの中でもとりわけ笑いを引き起こさせたコチラのアレンジ。
高速テンポ、激重ビートに間の詰まった金物リズム、紛うことなきシュランツです。
このThe Hidden Guyと云うアーティストも匿名プロジェクトでして、リリースされたのもBoot Me 2 Hardと云う最近設立されたブートレグ専門レーベル。
2000年代中盤にシュランツが流行した火付け役となったのもまたSchranz Seriesと云うブートレグ専門レーベルだっただけに、時代が1周した感がします。
またJames Brown Is DeadとかCall On Meみたいなケッタイなネタものが出てくれることを期待してしまいますね。

以上、Incidentネタ楽曲特集でした。
勿論ここで挙げられなかったトラックも多くありますので、引き続き打倒Takayuki Kamiyaを合言葉にDIGを深めていきましょう。

来てはいけない。こんな時代に誰がした。ワタクシか。みんなすまん。

次週07月03日は774Muzikさんが担当します。
今回はこれにて。