「 TAK666 」一覧

今週のオススメハードテクノ – Resident’s Recommend 2019/09/19

こんばんは。TAK666です。
レジデントが代わる代わるオススメハードテクノを紹介するこのコーナー、
2週間ぶりにワタクシが担当致します。

若干間が開いてしまいましたが、Hardonize 34回目が無事に終了致しました。
お越し頂いた方々、本当にありがとうございました。

予てよりお伝えの通り、今回はATTさんとni-21さんと云うド直球のハードテクノをプレイできるお二人をお招きしたことで本当に6時間みっちりこの音楽にスポットが当たった回でした。
ni-21さんはハードダンス寄りのギラギラした音も混ぜつつって感じになるのかなと勝手に思っておりましたが、かなりストイックなハードミニマル一辺倒で意外でしたね。
曰く、やりたいと思っていつつも普段のパーティーではできないスタイルなのだそうで、それをHardonizeで披露して頂いたと云うのはかなり光栄の一言。
良い意味で予想を裏切られました。

一方ATTさんは良い意味で予想通りと言うか、自前のハードグルーヴマッシュアップをバッチバチ投下する煌びやかなプレイ。
つい1週間前にも別のパーティーで共演させて頂いていたのですが、その時に輪をかけて派手なトラックが多く、完全にハードグルーヴに焦点を合わせて頂けたのが嬉しかったです。
当日着てきたTシャツが例のcopyrightの色違いと云う辺りも面白ポイントでした。
重ね重ね両名には感謝をお伝えしたいところです。

手前味噌ではございますが、我々レジデントもそれぞれ思い思いのハードテクノをプレイしておりました。
ハードミニマルからじわじわとパーティーの胎動を感じさせるプレイをしたYudukiさん、ハードグルーヴの新旧を独自のセレクトで繰り出したSangoさん、オールドスクールなトラックも交えつつ最後はシュランツまで駆け抜けた774Muzikさんと三者三様な感じで良かったです。
(個人的には774Muzikさんのシュランツはもっと聴きたいんですよね。最近のトラックとかも使ったらどうなるのか気になりますし。)
改めてハードテクノとは何か?と云うテーマを表現できた回だったと自負しております。
またこういうのやりたいですね。

さて自分のプレイも今回ばかりは面白要素も変わり種要素も抜きで完全にハードテクノに絞りました。
パーティー直前までハードテクノとは何か?と云う特別連載を行っていたこともあり、その総決算と云う面持ちで臨みました。
持ち時間の都合上、カバーしきれない分野も出てきてしまったのが心残りではありますが、久しぶりにストレートなハードテクノオンリーでプレイできた気がします。
これもこれでまたやりたいです。

そんなワケで今回はHardonize #34にてプレイした楽曲の中からピックアップしてお送り致します。
全容はこちら。
ハードトライバルハードミニマルハードアシッドハードハウス

No Artist Trackname Link
01 Luky R.D.U. Tribal Rumba Beatport
02 Carl Falk Plast Beatport
03 Groovetune the attitude track #1 Juno Download
04 GIVE IT UP (Re-Edit) YouTube
05 A.Paul Spontaneous Beatport
06 TAKKYU ISHINO GHOST IN THE SHELL YouTube
07 Tassid & Eski The Dogger SoundCloud
08 T99 Anasthasia (Danilo Incorvaia Remix) Beatport
09 Maxx Rossi Get the Funk Beatport
10 Fil Devious Purple Hazed Beatport
11 Benji303 Jah Jah Is Coming (OB1 Remix) Beatport
12 Tik Tok Lincoln Acid City Beatport
13 Nitronoise Get’em Up The Fuck Beatport
14 JJ, Dj Pey Play The Game Beatport
15 Digital Mafia, Vandalize Rumours Beatport
16 Boy Raver Dubplate 4 (Digital Mafia & General Bounce Remix) Beatport

例によって数曲かいつまんでご紹介します。

Carl Falk / Plast

Plast (Original Mix) by Carl Falk on Beatport

ハードトライバルの雄、Carl Falkによる2007年の作品。
ちなみにこの曲に関してはヴァイナル持ってます。
Cave / Street Carnivalと同様、ブレイクのパーカッション連打がインパクト絶大。
この曲のリリース元であるAdult Recordsは当時派手系ハードテクノに於ける登竜門として機能していた感があるので、脂の乗った作品が多いです。

A.Paul / Spontaneous

Spontaneous (Original Mix) by A.Paul on Beatport

Goncalo Mと同様、ポルトガルテクノシーンの重鎮にして重要人物であるA. Paulによる2008年の作品。
リフのシンプルさに対してやけに疾走感のあるリズム帯は新しいタイプのハードミニマルが到来したことを告げるかのようでかなり印象に残っています。
彼のレーベル、Naked Lunchもまた現在に至るまで活動を継続しており、現行テクノシーンに於いても欠かすことの出来ないモンスターレーベルの1つ。

T99 / Anasthasia (Danilo Incorvaia Remix)

Anasthasia (Danilo Incorvaia Remix) by T99 on Beatport

1991年にリリースされたT99 / Anasthasiaと云えばオールドスクールレイヴに於ける大ヒットアンセムであり、ジャンルの垣根を越えて多くのDJにプレイされ、また多くのブートレグやサンプリング楽曲を輩出したことは最早言うまでもありませんが、今年に入り、このAnasthasiaのリミックスEPが正規ライセンスの元、立て続けにリリースしていることについては間違いなく重大事件と言える筈です。
驚くことに今月に入ってからも第4作目がリリースされました。
どこまでいくんだ!?

その中にはメインストリームテクノのみならず、こういったハードミニマル的なアプローチの作品もあって更に驚きました。
Danilo Incorvaiaはイタリアでヘヴィーウェイトなテクノを手掛けている若きプロデューサー。
Anasthasiaのリミキサーに抜擢されただけあってちょいちょいレイヴっぽい要素も作品内にあったりするので、以降注目していきたいアーティストの1人です。

Fil Devious / Purple Hazed

Purple Hazed (Original Mix) by Fil Devious on Beatport

アシッドテクノ新世代Fil Deviousによる今年2019年のトラック。
ハードアシッド編でも触れた最近の(局地的)流行であるレゲエダブ・ミーツ・アシッドテクノスタイルの曲。
ローファイなグルーヴがアンダーグラウンド感あって特徴的です。

Boy Raver / Dubplate 4 (Digital Mafia & General Bounce Remix)

Dubplate 4 (Digital Mafia & General Bounce Remix) by Boy Raver on Beatport

今回のラスト2曲が思いがけずDigital Mafia2連続になってしまいました。
それくらい好きなアーティストであることは否めない。

2015年にリリースされたファンキーハードハウス。
このピアノフレーズはハウスクラシックに元ネタがあったような気がするのですが・・・すみません、忘れてしまいました。
ハードテクノとは別の音楽ではあるものの、通じる要素はあると云うことで特別連載に於いて取り上げたジャンルの1つです。
是非今後ともご贔屓の程。

他の曲も取り上げたいところではございますが、今回はここまで。
特別連載もそうでしたが、ハードテクノとは一括りにできる音楽ではなく、実は中に色々なスタイルがあるのだと云うことが伝えたかったのです。

わざわざレコードショップへ足を運び、陳列されているヴァイナルを手に取って試聴し、気に入ったら購入する、と云う時代に比べれば音楽を聴くことのボーダーはかなり下がりました。
一方で膨大な情報の中から如何に自分の好きな音楽を見つけられるかと云う取捨選択のスキルが求められる時代にもなってきていると実感しております。
そういった中である程度ざっくばらんにでもジャンルの指標となるものは必要だなと思ったので、それがあの特別連載だったり、今回のプレイ内容に通じました。

それに関連して現在配布中のコンピレーション、Techno Alliance vol.6もまた、テクノにも色々なスタイルがあると云うことを示しているものとなっておりますので、是非直近のパーティーに足を運んで頂き、入手して頂きたいと思っております。
http://www.technoalliance.net/
こっちもまたパーティーやって欲しいですね。
前回の4人態勢セッションが大変面白かったので。

次週09月24日は774Muzikさんが担当します。
今回はこれにて。

続きを読む


特別連載:ハードテクノとは何か? – 第7回:ハードグルーヴ編


特別連載:ハードテクノとは何か?
第7回:ハードグルーヴ編
特別連載:ハードテクノとは何か? – 目次

第1回:黎明期編
第2回:ハードミニマル編
第3回:ハードアシッド編
第4回:ハードトライバル編
第5回:ハードハウス編
第6回:シュランツ編
第7回:ハードグルーヴ編 (今回)

こんばんは。TAK666です。
レジデントが代わる代わるオススメハードテクノを紹介するこのコーナー、
2週間ぶりにワタクシが担当致します。

いよいよHardonizeまであと2日と迫ってまいりました。
今週末開催です。
インフォメーションはこちら。

2019/9/7 Hardonize #34


ゲストにATTさんとni-21さんをお招きし、6時間みっちりハードテクノでお送り致します。

尚、当日は国内テクノアーティストによるコンピレーション、Techno Alliance vol.6が配布されます。
http://www.technoalliance.net/
今回は全24曲と相変わらずの物量。
勿論、各パーティーにお越し頂いた際に無料でお渡し致します。

09月07日の土曜日、15時より早稲田茶箱にてスタート。
どうかよろしくお願い致します。

さてさて、ここ数回に渡ってお送りしております、ハードテクノが内包する音楽のスタイルについて解説していくコーナー、今回はその7回目となります。

初回ではハードテクノのサブジャンルについて上のような図を用いて表した上でハードテクノの特徴を
・メインストリームテクノよりは速いテンポ
・4分打ちのハイハットによる疾走感のあるグルーヴ
・キックの強度やベースの厚み
としました。
今回はこの中のハードグルーヴと云う音楽について紹介していきたいと思います。

さてこのハードグルーヴと云う名称について、『そもそもジャンルの名前だったの?』と思う方もいらっしゃるかもしれません。
Hardonizeと縁の近いところでは以前クルー総出で出演したこともあるTOKYO HARD GROOVE SESSIONと云うパーティーがあり、その中ではハードコアやハードスタイル、ドラムンベースをひっくるめたハード系ダンスミュージックの総称として使われている単語です。
ところがことハードテクノに於いてはこれが単一のスタイルを指すものとして定着しております。
試しにSoundCloudでタグ検索すると国内国外問わず、まあまあヒットするのがお分かり頂ける筈です。

とは言え、シーンとしては言ってしまえば小規模。
ここ日本に於いてパーティーで聴く機会もそんなにない音楽でありますので、今回解説していきます。
ちなみに、Hardonizeに於いてはかなり頻繁に取り上げられる音楽でもあります。
第1回目の時にプレイしていたのはワタクシ1人くらいのものだったんですけれども。

さて、このハードグルーヴと云う名称をテクノに於いて初めて使用したのはハードトライバル編でも取り上げましたイギリスを代表するアーティストBen Simsです。
彼が1998年に自身のレーベルTheory RecordingsよりリリースしたEPのタイトルThe HardGroove Projectが初出と考えられています。

Ben Sims / Phaser

Ben Sims – Phaser (Techno 1998) – YouTube

しかし、収録曲はどれもこんな感じでトライバルテクノ一直線でした。
Ben Simsは後にHardgrooveと云う名前でレーベルを立ち上げることにもなるくらい言葉としては頻繁に用いるものの、これらのリリースを含め、後のハードグルーヴの生成にBen Simsが深く関わったと云う資料は今のところ見当たらないので、あくまでハードグルーヴと云う単語を生み出したのがBen Simsであると云う記述に留めます。
従ってこの1998年の時点ではハードグルーヴが何なのかとか、そもそもスタイルの名称なのかと云うことすら決まっておりませんでした。

では実際にハードグルーヴがどのようにサウンドとして確立していったかについては、時期的には2000年代初頭のトライバルテクノから分岐していったと考えられます。
トライバルテクノがパーカッションをはじめとするリズムの手数が多いテクノとして1990年代後半に浸透したと云うことについてはハードトライバル編で紹介した通りですが、このスタイルをもう1歩踏み込み、リズムの手数の多さに加えてシンセによるリフを強調したテクノと云うものが出始めるようになりました。

具体例としてはこの辺り。

Valentino Kanzyani / Major Improvements

Valentino Kanzyani – Major Improvements (2001) – YouTube

2001年リリース。
基礎としては反復と云うキーワードを踏襲したトライバルテクノですが、ハウスとしても機能しそうなややアーバンなリフにうねりのあるベースが特徴のテクノ。
Valentino Kanzyaniは1990年代からスロベニアを拠点として活動を開始した東欧テクノシーンの重鎮とも言える存在で、デビュー当初からこのようなリフものトライバルテクノを手掛けておりました。
ちなみにこの曲が収録されている盤の裏面に入っているHouse Soulもカッコいいです。

加えて同時期の作品をもう1つ。

Marco Bailey, Tom Hades / Ism Drive

Ism Drive (Original Mix) by Marco Bailey, Tom Hades on Beatport

2002年リリース。
スケールの長いシンセをチャカポコリズムが支える疾走感のある曲。
こういう有機質と無機質が共存するサウンドは往年のテクノって感じがします。
共にベルギーを拠点としているMarco BaileyTom Hadesのベテラン同士による共作。
Marco Baileyは後にWIRE04で来日しているので、名称はさておいてもこのスタイルの音楽を聴いたことがあると云う方はそこそこ居てもおかしくないのです。

一方、ハードミニマル編に於いてスウェーデンがハードテクノの新興国として上がってきたと記しましたが、この頃トライバルテクノに於いても重要人物が現れておりました。

Hertz / Alone (Mix 1)

Alone (Mix 1) by Hertz on Beatport

2003年リリース。
同年、T99 / AnasthasiaをサンプリングしたRecreateがセンセーショナルヒットとなったことによって一躍時の人となるHertzですが、こういったファンキーなリフ回しも得意分野の1つとして活動初期から腕を揮っておりました。

最後にもう1つ。

Budai & Vic / Ma Macoosa

Ma Macoosa (Original Mix) by Budai & Vic on Beatport

2003年リリース。
こちらはシンセによるリフよりサンプリングされたボーカルによるループがより前に出ているタイプのトラック。
ちなみに元ネタはご存知Michael Jackson / Wanna Be Startin’ Somethin’です。
Budai & Vicはハンガリー出身のユニットと云うことで、こちらも東欧テクノの筆頭格。
アップリフティングな曲調のトラックが押し並べて多く、ハードハウスのDJからも支持されていたクリエイターです。

その他、同時期にこういったスタイルの曲をリリースしていたアーティストとしてIgnition TechnicianCristian VarelaDJ Preachなどが挙げられます。
レーベルではMarco Bailey主導によるMB Elektronicsや、Budai & VicによるEgo Traxx Records、その他にもPrimate Recordingsや、Yin Yangと云った存在がありました。
黎明期と云う割にはそこそこ供給場所が豊富だったような気がします。

但しこの時点ではこれらのジャンルを統括する名前はなく、ハードグルーヴの名付け親であるBen Simsもこういったスタイルの楽曲リリースは特になかったため、ファンキーなトライバルテクノと云う表現をするしかありませんでした。

さて、2000年代も中盤に差し掛かると上記のアーティストに影響を受けた所謂第2世代の存在が台頭してくるようになりました。
以前特集を行ったドイツのChristian Fischerもその内の1人です。

Hybrid Players, Christian Fischer / Hit Me

Hit Me (Original Mix) by Hybrid Players, Christian Fischer on Beatport

2006年リリース。
これまでの曲より更に厚みを増したリズム帯にカッティングギターやブラスの音が乗っかったファンクネス全開のトラック。
こういった生音系のウワモノを多用するスタイルは当時のChristian Fischerが頭1つ抜けていた印象があります。
現行のハードグルーヴと比較しても決して見劣りしない、今でも大好きなトラック。

そのChristian Fischerと当時から頻繁に共同で作品を作り上げていたのがブラジルのクリエイターWehbbaです。
今やテクノシーンのトップレーベルDrumcodeの一員として大御所に並んで活動を展開しているWehbbaですが、デビュー当初は音数の多いハードテクノのリリースがメインでした。
(余談ですが、先日の来日公演は大変良かったです。Hardonize #33終了直後の疲れを引っ張ってでも行った甲斐がありました。)

Wehbba / Gold Fever

Gold Fever (Original Mix) by Wehbba on Beatport

2007年リリース。
ウワモノのシンセは控えめに、逆にベースラインの部分が一際目立つタイプのトラック。
上記Christian Fischerの作品もそうですが、当時のこのスタイルの音楽の特徴としてハイハットの存在感が顕著になっていきます。
前のめりなドライブ感を印象付ける大きな要素と言えます。

もう1つ当時大いにお世話になった曲を。

Killian / Memory

Killian’s – The Brain – YouTube
(リンク先タイトルが間違って付けられておりますが、Memoryが正しいです。)

2007年リリース。
一聴してお分かり頂けるでしょう、レイヴアンセムL.A. STYLE / James Brown Is Deadのリフをこれでもかと言わんばかりに使い倒したド派手ハードテクノ。
これを作ったKillian’sも実績のあるアーティストで、リリース元となったPrimevilも上記Primate Recordingsから派生した由緒正しいテクノレーベルの筈なのに、どうしてこうなった。
ちなみに別面収録のConvulsion(こっちもタイトル間違ってますね。)はフィルターディスコ+ハードテクノのハイブリッドでマジでカッコいい仕上がりです。
2019年現在、ヴァイナルでしかリリースされていないのが惜しいくらいのガチ名盤。

この2000年代中期に設立されたレーベルの中に、クロアチアのSoul Access、オランダのAdult Records、同じくオランダのPatternsがあるのですが、この3つはハードグルーヴシーンに於ける御三家と言えるくらい、黎明期~発展期を支えたレーベルたちでした。
当時の主要アーティストはほぼこの3つに固まっていると言っていいくらい、影響力があったのです。
惜しまれることに前者2つは現在活動休止、Patternsは現存するものの、テックハウスのレーベルとなっておりますが、幸いなことに設立当初の曲も含めて配信が行われておりますので、これからこの音楽に触れてみようと考えている方に対する入門資料として特にオススメしたいレーベルです。

ちなみに、同じく2000年代中期に設立されたレーベルでP Seriesと云うレーベルもあるのですが、前回シュランツ編で触れたSchranz同様、匿名によるブートレグリリースをメインとするレーベルです。
音的な相性はかなり良いのですが、内容がかなりアレなので、この手の音がある程度分かってきた後に悪知恵を付けたくなったら参考にしてみてください。

尚、ここに至ってもまだこのジャンルに名前は付いておりませんでした。
ハードなアシッドテクノや、ハードなトライバルテクノに未だにはっきりとした名前がないように、なんとなくテクノと云う音楽は過度な細分化を嫌う傾向が感じられると云うのは分かるのですが、ここまで音が変容してくると最早それまでのトライバルテクノとは異なるものとしての印象の方が強くなってきたのを覚えています。

だもんで、当時の自分はかなりテキトーな名称でこの手の音楽を呼んでいました。
確かハードディスコとか、ファンキーハードテクノとか。

更に余談となるのですが、当時渋谷にあった都内最大規模のレコードショップにCISCO RECORDSと云うお店がございまして、このCISCO RECORDSはジャンルごとにウェブサイトのメインカラーを変えて表示していたのです。
ヒップホップは緑R&Bは薄紫テクノは青ハウスはオレンジトランスはピンクレゲエは薄い緑と云った具合に。
(上記着色はわざわざWayback Machineから在りし日のCISCO RECORDSのウェブサイトを表示させて全部再現しました。懐かしい配色ですね。)
で、この手のアグレッシヴなテクノはテクノのページに並ぶのではなく、トランスのページに表示されることが多々ありました。
恐らく普通のテクノに比べると何分派手であり、むしろトランスDJがトランスの合間合間にこういったテクノをかけると云う使い方の方が需要があったためだと思われます。

で、ワタクシやSangoさんはむしろその派手なテクノをトランスのページから狙い撃ちして購入していたため、いつしか2人でピンクのテクノと呼んでいた時期がありました。
会話例:『今週ピンクのテクノ何か良いのあった?』
今となっては何も伝わらないネーミングなので、後に特定のジャンル名が付いたことは本当に良かったと思っております。
仮に今現在もCISCO RECORDSが現存しており、このジャンルに名前がなかったら間違いなく我々は今もピンクのテクノ呼ばわりだったと思うので。

2010年に近付く頃にはこのスタイルの音楽を担うアーティストがこれまで以上の勢いで現れ始めました。
この時のテクノと云えばミニマルやクリックと云った音数が削ぎ落された大人しいスタイルがシーン全体を席巻しており、ハードテクノはすっかり日陰者扱いされていた冬の時代です。
なのであえてこの頃にハードテクノに着手したアーティストと云うのは精神とサウンド共に骨太な印象が強く、現在のハードグルーヴに至る道筋を明確に示した人たちと言えます。

例えば個人的に昔から猛プッシュしているスペインのRaul Mezcolanzaはこの頃にデビューを果たしたアーティスト。

Raul Mezcolanza / You Can Get By

You Can Get By (Original Mix) by Raul Mezcolanza on Beatport

2009年リリース。
ブラスやギターのようなシンセに加え、深さも伴った肉厚なグルーヴ。
ある種これまでのテクノにはなかったファンキー且つアグレッシヴな要素を取り入れたトラック。
ファンキーなリフとどっしりしたリズムと云う組み合わせに於いてはこの頃のRaul Mezcolanzaの作品は突き抜けていた印象があります。

ちなみに、この連載の最初の回でアーティスト特集として取り上げたのがRaul Mezcolanzaについてでした。
自分のハードグルーヴ遍歴の中でかなり重要な位置付けとなっているアーティストです。

同じくこの頃にデビューした重要人物がこれまた同じくスペインのDavid Moleon

David Moleon / Don’t Panic

Don’t Panic (Original Mix) by David Moleon on Beatport

2009年リリース。
David Moleonはハードテクノ、ハードグルーヴに於いて活動初期の頃からかなり多様なスタイルで曲を作っており、Raul Mezcolanzaに近いヘヴィーウェイトなものもあればトライバルテクノに先祖返りしたようなものもあります。
しかし、この曲のように直感的なシンセサイザーの音でもファンクネスは体現できると示した辺り、先見の明があったと感じています。
前のめりなリズムもカッコいいですね。

また蛇足になりますが、アーティスト特集で上のRaul Mezcolanzaに続く2回目で紹介したのがこのDavid Moleonです。

一方、リフの陽気さではない部分を武器にこのスタイルを追求した一派もおりました。
その筆頭がポルトガルを拠点とするGoncalo Mです。

Goncalo M / Gain Hi

Gain Hi (Original Mix) by Goncalo M on Beatport

2008年リリース。
上2曲と比べると大分タイプが異なるように聴こえる筈です。
かなりシンプルなリフに重厚なベースラインと云う組み合わせはむしろハードミニマルを彷彿とさせますが、リズムの手数の多さはトライバルテクノから継承されたものと云う感じを受けます。
現在まで引き続いているGoncalo M得意のスタイル。

そしてGoncalo Mもまた過去に特集済み。

最後にもう1人、スペインのAitor Rondaもこれらの中に含まれるアーティストです。
David Moleon同様、リリースによって器用にスタイルを使い分けるタイプのクリエイターなのですが、稀に特大ホームラン級に個人的に刺さる曲をリリースするのです。
何度もDJで使用し、この手の音楽を語る上で忘れられない作品が少なくとも2曲存在します。
1つ目がこちら。

Aitor Ronda / Pagando Mi Cumpleanos

Pagando Mi Cumpleanos (Original Mix) by Aitor Ronda on Beatport

2010年リリース。
仄かに哀愁漂うカッティングギターのリフとパーカッションリズムの相性がメチャクチャ良い。
ブレイクではブラスの音が入り、エモーショナルさが増すと云うテクノらしからぬ音使いがふんだんに詰め込まれた曲。
この時点に於けるハードグルーヴの到達点と云う印象を未だに強く持っています。

そしてもう1つがこちら。

Aitor Ronda / Chicas De La Vida

Chicas De La Vida (Original Mix) by Aitor Ronda on Beatport

同じく2010年リリース。
上の曲とはガラリと雰囲気が変わり、ビッグバンド編成のブラスサウンドを中心に据えた曲。
さながらスイングジャズ・ミーツ・ハードテクノと云った塩梅で、こんな曲他に知りません。
インパクトの割に意外に使いやすかったりで、即戦力間違いなしのトラック。

このほか、同世代のアーティストと云えばOmega DriveAndy BSKChris Chambersなどが挙げれます。
当ブログに於ける他の人の担当回で名前が挙がることも多く、2019年現在この音楽を引っ張っているアーティストが多い印象です。

そして2010年に入りようやくこのスタイルのテクノにハードグルーヴの名前が付けられたのです。
こちらで把握している限りに於いてBen Simsの後、初めてこの名前を使ったのはテクノ、ハウスのコンピレーションを手掛けているFeverと云うレーベルの作品。

Hardgroove Techno Fever Volume 1 from Fever on Beatport

タイトルにボリューム1とあるように、短期間ではあるもののシリーズタイトルとして7作目まで継続されました。
確認したところBeatportには全て揃っておりましたので、こちらもハードグルーヴへの入り口としてオススメします。
特にMasters Of Hardgrooveなんかは20曲収録とかなりお手頃ですし、2010年以降に登場したアーティストの曲なんかも入っているので、まだまだ現役で参考になる作品と言えます。

長くなってきてしまったので楽曲については割愛とさせて頂きますが、2010年代に登場したアーティストとしてはEric SandAlmir LjusaMark ReyThomas Willなどが挙げられます。
Almir Ljusaについては現役世代のトップクリエイターとして以前特集を組みましたが、その他のアーティストについても当ブログに於ける他の人の担当回で名前が挙がることが多い名前ばかりです。
直近でも新規参入がそれなりに見受けられるジャンルでもありますので、是非引き続き当連載をご愛好頂けますと嬉しいです。

最後に、ここ日本でどのようにハードグルーヴが取り上げられているかについてご説明しますと、DJ SHINKAWAさんやYO-Cさんと云ったアップリフティングな選曲をする方々は、割合黎明期の頃からこのジャンルに注目していたと認識しております。
両名共にメインフィールドであるハードハウスやトランスの合間合間にハードグルーヴを使用している光景を実際に見たことがあるので、ある意味で前述のCISCO RECORDSがトランスと同じカテゴリーでこういった音楽を取り扱っていたのは正解だったのかもしれません。

もう少し身近なところではDJイオさんとpariccoさんによって運営されていたLBTの初期(2001年頃)はディスコリフを多用した硬いテクノが多くリリースされており、今となってはハードグルーヴとの共通点を見出すことができます。
(A Vagary ZoneとかUnderage Drinkers辺りは未だに好きです。)
残念ながらこれらの配信は今現在行われていないようですが、DJイオさんのSoundCloudアカウントにハードグルーヴのブートレグが挙がっておりましたので以下に載せておきます。

Creepy Nuts (R-指定&DJ松永) / 助演男優賞 (DJイオ crazy mash up)

助演男優賞(DJイオ crazy mash up) / Creepy Nuts(R-指定&DJ松永) by dj io | Free Listening on SoundCloud

一方東京から距離を置いた名古屋ではFreestyleと云うレコードショップがやはり早いうちからこれらのヴァイナルを取り扱っておりました。
まだ楽曲配信サイトが整っていなかった時代且つこの音楽に関してはCISCO RECORDSより取り扱い数が多かったこともあってハードテクノのメッカと称されていたこともあります。
当然、同ショップオーナーのDJ Nakaharaさんも、いち早くこれらのテクノをプレイしておりました。

現在ではそのスピリットを受け継いだHard Techno Groovesと云うパーティーが名古屋を中心に開催されており、Hardonizeとも縁のある方々がゲストとして招聘されております。
これまたタイムリーなことに09月21日には大阪で番外編が開催されるとのことなので、近郊の方は是非足を運んでみてください。

iFLYER: Hard Techno Grooves#7.5 大阪 @ MILULARI, 大阪府

そして数々の有名レーベルとサインし、それらから精力的にリリースを行うなど日本からワールドワイドに活躍しているハードグルーヴのアーティストがおります。
それが過去Hardonizeにも度々ご出演頂いているHomma Honganjiさんです。

Homma Honganji / Setomono

Setomono (Original Mix) by Homma Honganji on Beatport

折角なので割合最近リリースされたものを。
ボイスサンプルのファンキーさとリフのちょっと哀愁漂う感じが共存した良い感じのトラック。
ストレートなリフループものも作るし、ハウスのようなアーバンなテイストも作るし、時には4つ打ちではないテクノも手掛けたりするなど多様なスタイルを手中に収めており、且つそれらをハードグルーヴに惜しみなく注いでいる印象を受けます。

トラックに於いても十分にインパクトが強いのですが、DJのインパクトはそれ以上です。
頑なに4デッキスタイル(しかもCDとヴァイナルオンリー)を貫き通し、ミキサーの縦フェーダーが4つ全て上に行っている瞬間もあるのに、それら全てのトラックのビートが寸分の狂いなく鳴らされていると云う超技巧の持ち主。
本人にどう云う発想を以ってこのプレイに行き着いたのか聞いてみたことがありますが、『これが普通だと思っててこのスタイルでしかDJをやったことがない。』と返ってきたので、おそらく脳味噌の出来からして何か違うのだと思いました。

で、今回のHardonizeでお招きしたATTさんも日本でハードグルーヴをプレイし続けているDJです。
新宿CODEや青山MANIAC LOVEと云った今は亡き名門クラブのレジデントDJを務めていた経歴を見て分かるように現場力の高さは我々Hardonizeクルーを優に超えております。
その表現方法の1つがATTさんがSoundCloudで展開しているCrazy Mashupシリーズです。

— / Hot For You (DJ ATT Crazy Mashup)

[CM105] Hot For You (DJ ATT Crazy Mashup) by dj_att | Dj Att | Free Listening on SoundCloud

ダンスミュージックリスナーであればどこかで聴いたことがあるであろう曲をアップリフティングなハードグルーヴに乗せたマッシュアップ。
これが100作近くSoundCloudで公開され続けているのです。ちなみに、未公開のものもかなりあると仰っていました。
『楽曲はDJに於けるパーツとして見ている。』とは本人の弁ですが、その考え方を紐解くとこういったマッシュアップに辿り着くのも頷けます。
極端ではあるものの、オーソドックスなテクノが目指していた方向と云うのも、こういったところと近いわけですし。

と云った辺りで今回のHardonizeでお招きできたことをとても光栄に思っております。
『当日は派手にやったる。』ロバート・ガルシアみたいなことを仰っていたので、マッシュアップを持った奴が相手ならハードテクノを使わざるを得ない。

おまけ。つい1週間前に共演した際のATTさん。

以上、ハードグルーヴ編をお送り致しました。
この音楽の特徴についてまとめると、速い+パーカッションとハイハットに重点を置いたリズム+流動的なベースライン+シンセサイザーやサンプリングによるリフがキーポイントになっていると思います。
加えて、ブレイクが存在すると云うのも1つの特徴と言えるかもしれません。

トライバルテクノよりリズムのインパクトが抑えめなので、イコライザーの操作によって複数曲を重ねることは違和感なく可能です。
SangoさんやHomma Honganjiさんが行っているのは原理としてはこういうことですね。
また上記のように展開が曲中に含まれることもあり、これをどう生かすか或いは殺すかと云うセンスが問われるジャンルでもあります。
この辺りがハードミニマルやハードトライバルと少し異なる点でしょうか。

一方で、ウワモノの種類が豊富と云うのは『テクノ=地味』と云うありがちな方程式に対して正面から『NO』と言える気がします。
それユエに他ジャンル、特にリフやメロディーに重きを置いているトランスやハードハウスと云った音楽にも橋渡しできるので、使い方とDIG力次第で色々可能性が広がるでしょう。

スッ飛ばした箇所がある割にやはり長くなってしまいましたね。
そこそこ思い入れがある音楽だけにこんなになってしまいました。

さて、ここ7回程お送りしてきました『特別連載:ハードテクノとは何か?』ですが、当初の想定では次回パーティーまで続けることが目標でした。
従って今回を以って一応はそれを達成できたことになります。
もし全編通してご覧頂いた方がいらっしゃいましたらありがとうございました。

とは言え、上で作成したベン図の中に触れていない小テーマがいくつかあり、またその他の領域でも語れる部分があるのでどうしようかなと思案中です。
差し支えなければこれまでの感想や今後のご要望などございましたらお聞かせ頂けますと嬉しいです。
明後日のHardonizeで直接お話し頂ければ尚嬉しい。

2019/9/7 Hardonize #34


あんまり大声では言えませんが、ハードテクノ以外でもそこそこ解説できるものもあると思いますので。
(むしろそっちの方が面白いかもと思っております。)

差し当たり、次回は毎度恒例のトラックリスト解説の回になろうかと思われます。
パーティー本番も含め、引き続きご愛好の程よろしくお願い致します。

そして次週09月10日は774Muzikさんが担当します。
今回はこれにて。

続きを読む