今週のオススメハードテクノ – Resident ‘s Recommend 2016/11/17

こんばんは。関東ハードテクノ界の水辺ポケモンことSangoです。
週末になると多摩川・平和島・戸田などの水辺によく出没します。
とくいわざは「そこだけかってない」です。

……それは(すごく)どうでもいいとして、レジデントが代わる代わるオススメハードテクノを紹介するこのコーナー、今日はいつもと少々毛色が違うものを紹介していきたい!

地味系のワンフレーズ推しトラック。もう8小節ループか何かかけて延々と100時間くらい鳴らしていたらいいんじゃないかな!ブレイクも好きなだけエフェクトで遊んで下さい的に大きく上下しない展開なのでそこもまた良さ。4DECKプレイでも役立つツール的トラック。

これもちょい地味めのトラックなんですが、このウニョーーっと鳴ってるウワモノが何かのフレーズに似ているんだよなー一体何だったのかなーーって考えていたんですが、そうか20,Novemberか、と気付いた次第です。え?そんなに似てない?まあいいじゃないですか。

アラビヤ~~ン、としか形容が出来ないトラック。こういうのはインパクト勝負ですが、この後の曲どうすんだ的な問題にDJ的には直面してしまうわけです。どうすんだ。前にゆづき君もアラビアンな曲を紹介していましたが、それとアラビア繋がりで上手いこと繋がったとしてその後どうすんだ。本当にどうすんだ。何とかするのが手腕というものです。あとこの曲、最後はアウトロもなくバッツリ終わります。何という…

ちょっと今までと趣向を変えてみましょう。たまにはいいよねオールドスクールブレイクビーツ。初期Prodigyにヤラれちゃった人はみんな大好きな方向のやつなんですが、デジタルでもちょいちょい手に入るんです。延々と鳴るバッキングの良さ。

これもねー、ハードグルーヴじゃないんですよ。何せヘルフィッシュ先生なので。むしろハードコアやハードスタイルと言ったほうが的確なんですが、BPM140台に落としてブレイクビーツ的に使うとそれはそれで面白そうだし、AphexTwin的なドドドドギュワギュワと複雑なビートの楽曲と繋げると面白そうだなと。意外に使えそうな攻殻機動隊ネタ。

次週は11月22日、Yudukiくんが担当です。


今週のオススメハードテクノ – Resident ‘s Recommend 2016/11/15

Hardonizeレジデントが推しトラックを惜し気もなく紹介していくこの企画、本日は私774muzikが担当させていただきます。
今回は11月前半にリリースされた楽曲からピックアップ!
豊作ですぞ!

Vincenzo Pizzi – Ossimoro [Original mix]

いきなり変化球。
重めなキックに変なメロディが絡んでくる怪作。
たまーにこういうのを狭むとミックスが楽しくなります。

Runner Beat – Hellraiser [Original Mix]

若干ミニマルっぽさはありつつも、シャキシャキしたハットと硬めのキックがしっかりハードしてる感じ。
拍が際立ってて気持ちいい。

Homma Honganji – Allelujah [Original Mix]

ハードグルーヴ界の至宝、我らが本間本願寺先生の激ヤバトラック。
ズンドコいビートの上にリフレインするピアノリフにブチ上がること間違いなし!

Teshaz,Florian Peters – Construct [Original Mix]

これ好き。
渋めで淡々としたトラックの上を無機質な電子音が跳ねる、This is techno!という感じの楽曲。
こういう電子音とテクノの親和性はすごい。
昔、電話の呼出音使った曲でThat Phone Trackってのがあったんだけど、それに通じる感じ。
That Phone Trackの原曲、めちゃくちゃ好きだったんだけど、残念ながらBeatportにもYoutubeにもなくてご紹介できず…
このRemixが割と原曲のイメージ近いかな。

Michael Burkat,Lars Klein – Some Things Done in the Name of Discipline [Original Mix]

間違いない二人による間違いないトラック。
ゴリゴリ突き進む系、これぞハードミニマルという感じ。
メロディなんて要らなかったんや!

Alex Rampol – Paranoid Account [Mikael Pfeiffer Remix]

アツい!硬い!間違いない!
こちらもメロディ?なにそれ、とばかりにズンズンいわせてます。
ハードミニマルは正義、はっきりわかんだね。

というわけで、今回の巡回はストレートにぶっ刺さるトラックが多くて嬉しい限りでした。
本日はここまで!次回はDJ Sangoがお送りします!