今週のオススメハードテクノ – Resident ‘s Recommend 2016/10/20

秋も深まりつつ、過ごしやすい陽気になってきました如何お過ごしでしょうか皆様。先日のHardonizeはそういう陽気の最後の一振りというか、クソ暑かったしクソ熱かったですね。ハードグルーヴならばHardonize、という心持ちで本日も参ります。

当日使った曲の中で、だいぶ使い込んだ曲もありますがこういう形で紹介したことは無かったんじゃないかなーってことで実際に使ったセットの中から5曲を。

ハードグルーヴ界の十連ガチャことオメガドライブ、ブレイクはこの頃のマイブームだったんでしょうか、ギュワギュワ言うシンセが特徴的で、つんのめり系のリズム隊が程よいアクセントです。やっぱり流行りだったのかなあ…

これもだいぶ前に購入した曲ですが、ブレイクでダウンビートになって段々加速していく系のやつ!しかもブレイク明けにダレないってのは重要です。そうやって引っ張った分だけ気持ちよくなりたいもの。


これもまーだいぶ使い込みましたねえ。加速感を出していきたい時に良く使っているんですが、David Moleon曲の中でもトライバルっぽさが特に強くて音はチョイ軽めなんですね。軽快。だからトップバッターだとしても最後の方で使えますし、トリなら前半戦でいつでも放り込める、そういう曲なんです。

ネタ物ハードグルーヴ!元ネタがROSSOのサキソフォン・ベイビーという、ジャパニーズロック好きでないとあまりわかんないやつ…それを大沢伸一がリミックスして実際にはもうちょっとピッチが遅いやつなのだけれども、それを更にハードグルーヴにRemixしたという、もうキメラっつーかどこから突っ込んでいいかわからない楽曲。でもこういうのはノリが重要なのでチョイスしました。

パーティの一番最後にかけました。DJ ATTさんのマッシュアップシリーズより1曲。永世アンセムと呼ぶに相応しいRezなんですが、元曲そのままじゃなくてEverything,Everythingから音抜いてるのでCowgirl/Rezの合せ技になっているという。そこに日本ハードグルーヴ界の至宝、本間本願寺のリズム隊を載せるとなれば、これはもうHardonize的には優勝なやつなんじゃないですか!?という事で使わせて頂きました。

さあ10月も下旬に突入!次回はYudukiくんです。


今週のオススメハードテクノ – Resident ‘s Recommend 2016/10/18

Hardonizeレジデントが推しトラックをズバッと紹介しちゃうこの企画、本日はわたくし774muzikが担当させていただきます。
今回は、ちょっとハードグルーヴからは離れまして、いわゆるディープ&スロウなミニマルをば。
こっち系の楽曲はいわゆるメインストリームのテクノとして非常に多くのリリースがあるわけなんですが、ハード&ファンキーなテクノからミニマル方面に主流が移行していった当初から、個人的に結構好んで聴いていたのが、Monolakeというアーティストでした。
というわけで、そのMonolakeの作品にフォーカスしてお送りしたいと思います。

Monolakeは、Robert Henkeによるプロジェクトで、過去には複数人のユニット形態を採っていたこともありますが、現在は単独で活動している模様。
ベルリンのアーティストだけに、ジャーマンテクノ特有の暗さを持っており、とても好みです。
このアーティストの曲は、低音のグルーヴと空間の広がりが相まって、めちゃくちゃ気持ちいい。
ディープな中にも小刻みな動きがあって身体を突き動かされる感あります。
四つ打ちじゃなかったり、やたら速い曲・やたら遅い曲もあったりで、かなり楽曲の幅は広いですが、130BPM周辺の四つ打ちの時この人の魅力が最大に出ている気がします。

Axis [Original Mix]

Plumbicon [Live In Osaka Mix]

Reminiscence [Original Mix]

最後はハードミニマルの雄Surgeonの楽曲をMonolakeがRemixしたもの。
てか、こんなんあったのを初めて知った。めちゃくちゃカッコいい。最高かよ。
Surgeon – Bad Hands [Monolake Remix]

ということで、今回はここまで。
次回はDJ Sangoがお送りします!