今週のオススメハードテクノ - Resident’s Recommend 2021/01/12【年始め最新リリース】

あけましておめでとうございます。774muzikでございます。
コロナ一色の失われた1年があっという間に過ぎ去り、2021が始まりました。
年明け早々、第何波なのか最早分かりませんが感染者爆増からの緊急事態宣言の発令と、早速波乱含みの滑り出しとなってしまいました。
リアルにワチャワチャできる日は何時戻ってくるのか・・・。
このような状況の中でも元気になれるビートをお届けしたいと、Hardonizeクルー一同、脳を絞っておりますので、今年も引き続きよろしくお願いいたします!

さて、新年一発目の更新ということで、年明けリリースからオススメどころをご紹介したいと思います。
ということで、1月1日以降のリリースをザザーっと流し聴きしていったんですが、Techno(Peak Time/Driving)カテゴリだけで、およそ2500曲あるですよ・・・。
本当はHard Technoカテゴリも含めて探索したかったんですが、Techno(Peak Time/Driving)総ざらいで力尽きました。
玉石混淆の中から珠玉のトラックを見つけ出すのがディグの醍醐味とはいえ、情報過多のこの時代、もう少し合理的で精度の高いディグ手法を追求しないと、取りこぼしが出るよなぁ・・・と思う次第でございます。

さて措き、2500曲の中から「おっ」というところをチョイスしましたので、ご査収の程、よろしくお願いいたします。

ズンドコしたビートに淡々とした声ネタが絡むストイックなもの、プログレッシブハウスな雰囲気な奇麗め系からゲットー・テックまで、なかなかバラエティに富んだラインナップになりました。早く爆音で聴きてえよなぁ!
皆様、お身体に気を付けつつ、この危難を乗り越えていきましょう!

次回更新は木曜日、DJ Sangoがお送りします!ではー!


Hardonizeクルーが選ぶ2020年のハードテクノ10選 【TAK666編】

こんばんは。TAK666です。
レジデントが代わる代わるオススメハードテクノを紹介するこのコーナー、
2週間ぶりにワタクシが担当致します。

メリークリスマス!・・・はどうでもいいとして、まずお知らせ。
次回Hardonize #38の日程が解禁となりました。

2021/02/20(sat) Hardonize #38

■Date

2021/02/20(Sat) 15:00-21:00

■DOOR/ADV

DOOR: 2,000yen (with 1drink ticket)

2021年02月20日。
場所はいつもの早稲田茶箱にて開催。
ゲストにつきましては当サイトで追々発表となりますのでお見逃しの無いようお願い致します。

さて、今年最後の更新ということでHardonizeクルーが選ぶ2020年のハードテクノ10選という特別連載が先週より始まっております。
各々の内容についてはこちら。

これらをご覧頂くと今年のハードテクノの傾向が分かったり、或いはただレジデントの趣向が詳らかになったりします。
後者かな。

ちなみに1曲だけ被りがありました。
774muzikさんとyudukiさんが取り上げていたこれです。
これが被るのもHardonizeらしいと言えばらしい。
ちなみに通常の連載に於いても2人共それぞれ別の回で取り上げていたことが分かりました。
お前ら仲良いな。

Hadone, Inhalt der Nacht / You Want Some More

You Want Some More (Original Mix) by Hadone, Inhalt der Nacht on Beatport

ついでにアーティスト単位ではAlmir Ljusaの曲を774muzikさんとSangoさん、yudukiさんの3人が選出、
ネタバレになりますがHomma Honganjiさんの曲もSangoさんとyudukiさん、そして今回ワタクシが取り上げておりますのでこちらも3人選出となっております。
ハードグルーヴ大好き集団、Hardonizeでございます。

そんなワケでワタクシも書きました今回の特別連載。
尚、ルール上は2019年以前の曲もアリとなっておりますが、今年の通常連載に於いては新曲にスポットを当てて紹介してきたこともあるので、2020年にリリースされた曲から選出致します。
早速いってみましょう。

Hardonizeクルーが選ぶ2020年のハードテクノ10選 【TAK666編】

DJ Brutec / Funky Hipster

Funky Hipster (Original Mix) by DJ Brutec on Beatport

スペインのプロデューサーDJ Brutecによるハードグルーヴ
グルーヴィーなベースラインと時折差し込まれるブラスのサンプリングがファンク一直線といった塩梅。
これぞハードグルーヴと言わんばかりのインパクトを持ったトラックです。

Homma Honganji / Minori

Minori | Homma Honganji

日本のプロデューサーHomma Honganjiさんによるハードグルーヴ
ちなみに漢字表記だと御法と書くらしいですが、これで『みのり』と読むことを今知りました。
御法度とも言うべき大ネタGreen Olives / Jive Into The Nightサンプリングもの。
2020年にこれを持ってこられるとは思ってもいず、その上で厚みのあるパーカッションを従えた構成は見事と言わざるを得ません。

Lee S., Benji303 / Fuck The Tories! (Sterling Moss & Mark EG Fuck The 303 Remix)

Fuck The Tories! (Sterling Moss & Mark EG Fuck The 303 Remix) by Lee S., Benji303 on Beatport

イギリスのDJ/クリエイター同士、Sterling MossMark EGによるハードアシッド
構図としてはハードアシッドシーンの若手~中堅を担う2人が手掛けた原曲を大ベテランの2人がリミックスした形であり、世代を超えた記念碑的な意味を持つトラックだったりします。
キレのあるディストーションアシッドシンセが複数並走するアグレッシヴなトラック。

Not a Headliner / A Death of a Thousand Cuts

A Death of a Thousand Cuts (Original Mix) by Not a Headliner on Beatport

スペインのプロデューサーNot a Headlinerによるハードテクノ
非4つ打ちテクノの中では今年1番印象に残った曲。
歪み気味のキックをはじめとするリズムループにスモーキーなシンセと粗いボイスサンプルの三重奏は無機質でアングラ的。
こういう曲もまたテクノの面白さの1つだと感じます。
ところで、ジャケットの唐突な『茨城』の文字なんなの・・・?

Wanton, CANCEL / Replicate

Replicate (Original Mix) by Wanton, CANCEL on Beatport

ベルギーのDJ/クリエイター同士、WantonCANCELによるハードテクノ
歪みベース大賞。
徹頭徹尾無慈悲なリズムの応酬で構成されており、中盤以降はレイヴシンセもイン。
硬くて冷たい中に遊び心も見える狂気のハードテクノ。

Paul Denton / Mosquito

Mosquito (Original Mix) by Paul Denton on Beatport

アイルランドのプロデューサーPaul Dentonによるテックトランス
振り返ると今年は比較的テックトランスに目を向けた年だったなと思えるので、その切欠となった曲を改めてご紹介。
ちゃんと長いブレイクがあったり、出音のバランスの整い方に目を向けるとトランスの要素は間違いなく持っているのに、煌びやかな音は一切なし、メインのリフは往年のハードミニマルを彷彿とさせるワンショットのみという斜め上の潔さが感じられます。
ある種の固定概念がブッ壊された感があって印象に残りました。

Raito / Dark Orb

Dark Orb (Original Mix) by Raito on Beatport

フランスのプロデューサーRaitoによるテックトランス
トランスの構成にテクノのリズムを起用しているという点に於いては一般的なテックトランスと共通していると言えますが、そのリズムが完全にテクノに振り切っているという点で異質さが際立つトラック。
浮遊感のあるシンセと硬いビートという相反した要素が不快感や違和感なく並走しており、新世代クリエイターのアイディアとテクニックが遺憾なく発揮されてます。
ちなみに一昨日公開されたYudukiさんの選ぶ10曲で取り上げられていたMoon Tearも同じEPの収録作品です。

Boris S. / Psychedelic Drug

Psychedelic Drug (Original Mix) by Boris S. on Beatport

ドイツのプロデューサーBoris S.によるシュランツ
サイケデリックトランスとシュランツのコラボレーションという、これまでになかったアプローチの曲。
これを手掛けたのがハードテクノ~シュランツシーンの大ベテランであるという点もまた衝撃が大きかった一作。

Hayz, Ben Vennard / Quiet

Quiet (Original Mix) by Hayz, Ben Vennard on Beatport

イギリスのDJ/クリエイター同士、HayzBen Vennardによるハードハウス
アシッドなベースとレトロなシンセ、おまけにベルの音まで入ってくる90年代感丸出しの取り合わせ・・・なのにリリースは今年だから驚かされます。
黎明期から多ジャンル複合音楽として受け継がれてきたハードハウスの本質が見えるトラック。

Kid Dynamo / Warm It Up

Warm It Up (Original Mix) by Kid Dynamo on Beatport

イギリスのプロデューサーKid Dynamoによるハードハウス
バウンシーなリズムに高揚感たっぷりなシンセが跳梁跋扈する快楽一直線なテイスト。
細切れになって差し込まれるボイスサンプルも大層ファンキー。
ダンスミュージックは音数や音圧が全てではないという至極当たり前のことに気付かせてくれます。

まとめ

以上、TAK666が選ぶ2020年のハードテクノ10選をお送りしました。
ハードテクノに絞っても10曲に絞るのは苦労しました。
それだけ良リリースに恵まれたことは素直に喜ばしい年だったと言えますね。

特定のジャンルド直球な曲も勿論好きですが、個人的にはやはり他ジャンルとのクロスオーバーで使える曲、アイディアが面白い曲に惹かれがちです。
今回取り上げた中にもそういった理由のものがあるので、来年もより斬新で変な曲と巡り合えるようDIGしていきたい所存。
なにかと難しくて生真面目な音楽だと思われてそうなテクノですが、やりようによってはこういうこともできまっせというのを提示していきたい。

といった辺りで今回の特集はここまで。
と同時に2020年のHardonizeの連載もここまでとなります。

少しお休みを頂きまして、次回の更新は2021年01月12日。
担当は774Muzikさんとなります。

2021年も良質なハードテクノ、及びその周辺音楽を取り上げてまいりますのでHardonizeを何卒よろしくお願い致します。

それでは、良いお年を。

続きを読む