Hardonizeクルーが選ぶ2020年のハードテクノ10選 【yuduki編】

はいどうも、yudukiです。
先週から始まりました「Hardonizeクルーが選ぶ2020年のハードテクノ10選」の3回目ということで火曜日担当の私yudukiがお送りさせていただきます。何卒よろしくお願いいたします。

いよいよもう来週で2020年が終わりになるということで、本Blogの更新も残す所あと1回今週木曜日のみとなりました。前回Sangoさんが「色々決まった」とのことを書いておりましたが、本日次回Hardonizeの日程のみ告知解禁となりましたのでこちらからどうぞ!!

http://hardonize.info/event/2021-02-20sat-hardonize-38.html

来年のことも年内に決まって日程の告知を出せたので、あとは今年を振り返るだけ!ということで色々あった2020年を振り返る内容は後半に書くとして、まずは今年の10曲はこちらからどうぞ!!

Hardonizeクルーが選ぶ2020年のハードテクノ10選 【yuduki編】

ÅNTÆGØNIST / Death Fondly

1 X 1 X / ivine Retribution

Slam / Severed

Hadone, Inhalt der Nacht / You Want Some More

Modular Phaze / Wrecked Source

Raito / Moon Tear

Dragon Hoang / Stay Groove One

David Moleon / Lemon Soda

Homma Honganji / Number 9 Coal Mine

Almir Ljusa / Chieftain

まとめ

今年は前半は特集でも書いたようにÅNTÆGØNISTANTNに代表されるようなダーク系ハードミニマル(そしてアーティストが読めない)リリースがとても印象深かったなーと思い返してます。レーベルでいくとMephystBad ReputationO.V.N.I.あたりでしょうか。前半はこのあたりのダーク系のリリースがかなり全面に自分の中でグッと来るものが多かったですね。

そして後半になるにつれてなんと言ってもハードミニマルが「戻ってきた」感が如実に分かるリリースが多かったと言うのが一年だったというのが一番の感想かなと。特に、Beatportで「TECHNO(Peaktime/Driving/Hard)」から「HARD TECHNO」カテゴリが分類として分割されたことにより、そこで出てきたSuaraや,Soma RecordsPOSSESSIONといったレーベルから出てくる曲がド直球で好みなハードミニマルのリリースが多く、カートがはちきれんばかりでした。いいことだけどなかなか悩ましい事象友言えます。

また、その中で6月位にリリースされていたRaito / Moon TearはMau5trapからこんな曲がリリースされるのか!というのでかなり衝撃的な1曲だったのを覚えてます。その後リリースされたRaito, i_o / RÉVOLUTIONもMau5Trapからリリースされているのですが、同じくMoon Tear同様に低音もりもりなのでこちらもおすすめです(11曲目の裏紹介)

ちなみに、ハードグルーヴ的には一時期に比べるとペースはものすごい減ったんだけどその分良質かつツボにハマってくるリリースがズバッとピンポイントで出て来て「これだ~~~」っていう感じでどんどんカートに追加される感じの傾向が強かったですね。あと、今年は今までよりもDragon Hoangが精力的なリリースで新譜を毎回Part◎的な感じで複数曲バンバン出しているのが印象的でした。

ハードグルーヴといえばやはり我らが本間本願寺。2020年もリミックスワークも含めて好みの良作が多かったんですが、その中でも「Number 9 Coal Mine」これです!2020本間本願寺ワークスでベストトラック!!地を這うようなベースラインとシャキシャキとしたライドの音、連続するボイスサンプル事あるごとに今年は色々使わせてもらいました。来年も楽しみにしてます!

というところで2020年もシーンの変化と共に良い曲と巡り会えた一年でした!
2021年もハードテクノを楽しんでいくとともにHardonizeをよろしくおねがいします!!
皆様良いお年をお迎えください~~

次回、年内最終更新TAKくんです!


Hardonizeクルーが選ぶ2020年のハードテクノ10選 【Sango編】

はいこんにちは、こんばんは、さんごです。

 

先日ですが我々が愛してやまない居酒屋チェーン「村役場」にて前回の打ち上げとか反省会とか次回の内容について話し合うHardonize会議が行われまして、ギョウザ鍋をつつきながら、ああでもないこうでもないと話し合ってまいりました。ギョウザ鍋は「こういうのが出てくるんだろうなー」という予想と寸分たがわずという感じの奴で、味も予想通りでした。やったね。次はカモ鍋辺りに挑戦してみたいと思います。

内容はいたって真剣です

なお話し合いの様子ですが、元より陰キャなのに加えて更にコロナ禍なものですがから、ガハハ!ではなくボソボソ…という感じで慎ましやかに行われましたことを予め申し上げております。結果、色々と決まりました!次回の日程とか。近日中に第一報をお伝えできるのではないかと。

んで。

2020年もいよいよ残り半月を切りました。更新も今週2回、来週2回で終わりということになっておりまして、それぞれ2020年のラスト1回は、クルー各自が今年購入したものの中から、特におすすめのものを10曲ご紹介するというような企画記事となっております。

 

というわけで行ってみましょう。どうぞ!

 

Hardonizeクルーが選ぶ2020年のハードテクノ10選 【Sango編】

Recreate (Slam Rework) by Hertz

You (Original Mix) by Alexey Kotlyar

Narcomaniac (Original Mix) by Almir Ljusa

Concrete Metal (Original Mix) by FIGXXRO

Da Funda (Original Mix) by Oiscarapper

This Night (Original Mix) by Cooltown

Basic Needs (E110101 Remix) by Marcos Fagoaga

Nebenwelt (Original Mix) by Homma Honganji

Disco Rocket (Original Mix) by Scott Attrill

The Bleep (Original Mix) by Vinylgroover, The Red Hed

※「2020年に購入した」なので2020年リリースではないものや過去曲のリマスターリリースなども入ってますがご容赦を

 

まとめ

最近の新譜の掘り方なのですが、Beatportにおいて「PEAKTIME TECHNO」ジャンルと「HARDDANCE/HARDCORE」ジャンルをBPM134~145という区切りで2週間にいっぺん、このblogを書く名目で巡回をしております。それで大体1000曲前後の新譜があり、1曲3秒程度でバババっと聞いていくのですが、やはり自分にマッチするハードグルーヴは4~5曲あるかどうか。その状況は大きく変わらないようです。多分メインストリームと好みがズレてる。全く無いわけではないので悲観する状況でもないのですが、もうちょっと来年は増えていくとよいですね。

で、自分の今年の10選を見返してみると……なるほど、色々ありましたねえ。その中でも特に思い出深いのはDa Fundaかな…Hardonizeでもキッチリ使ったりしたし、全員集合、加トケン、だっふんだ世代ですし、更に今年色々ありましたし…。来年は穏やかな年になりますように。

というわけでわたくしの出番は、今年はここまで。
来週YudukiくんTAKくんの更新があってHardonize Blogは2020年納めとなります。

 

(一足早く)よいお年を!