読めないアーティストのハードミニマルは信頼できる確率が高い説:今週のオススメハードテクノ - Resident’s Recommend 2020/01/07

こんばんわ、今週もHardonizeのレジデントがおすすめのハードテクノを紹介するコーナーがやってきました。今週担当は私yuduki(@akuwa)がお送りいたします、何卒よろしくお願いいたします。

他のレジデントメンバーの記事にも書いてありますが、もう後1ヶ月後に迫ったHardonize35回目、皆様何卒よろしくお願いいたします。

そして勝手に2月はハードテクノ超強化月間と言っておりまして、2/22(土)開催のHardonizeの前哨戦になりますが、2/1(土)には津田沼Mediterra neoにて12時間ぶっ通しのテクノパーティ「MediTech」にロングセットとして出演します。普段津田沼に来ない方もこの機会によろしくおねがいします!美味しいBBQとビールでやっていきましょう!

ここしばらく先週末執り行われた某スクールアイドルのフェスに土日両日参加しておりましたことでしばらく頭から離れない状態が続いているのですが、2月のハードテクノ強化月間に向けて全速前進 で行きたいと思っておりますので何卒よろしくお願いいたします。Twitterで3日間ぐらい騒がしくなっていたので、今後も微笑ましく見ていただけると幸いです。

さてさて今週のピックアップは前々から気になってた括りで行きたいと思います。

題して、
「読めないアーティストのハードミニマル信頼できる確率が高い説」
です。

こいつ、また説とか言ってますけど直近の30日間のリリースにおいて読めないアーティストのリリースで見たところ大体がハードミニマルに該当していて、さらに視聴してみたところグッと来るものが多かった(※個人的感想です)ので紹介も兼ねてピックアップしてみた次第です。

Diøn / Scared Children

まずは手始めにこの方から。まあなんとなく読めそうな気もしますがアムステルダムのトラックメーカーDiønによる一発です。この方のリリースは90年代のオールドスクールサウンドをインスパイアしている作風が多めです。今回紹介している「Scared Children」もブレイクの部分でその一片を垣間見える感じしますね。

HXHXHX / Ancient Race Of Gods

これもなんとなーくわからなくもないかな、という感じです。2017年頃からリリースしているのですが、BPMが早いものから遅いものまで一貫して激しく殴打されるようなハードミニマルをリリースしているような感じです。本作もキックとハットそして後ろでうごめくサウンドとシンプルながらもソリッドな構成でひたすら踊れてしまうハードミニマルチューン。

RAßßeA† / Things Of The Past

もう読めませんね。唯一見つけたSoundcloudには「I’m not a real person, i’m a ghost trapped in a beat…Music lover, noise adept, techno rookie, hardcore addict, digger of emotions」とあるのでプロジェクト的にそういう雰囲気なのかもしれないです。きれいめなウワモノがの後ろでひたすらなり続ける掘削するようなヘヴィーなキックとのギャップが凄い。個人的にこういうの大好きです。他のリリースはテクノのみならずBPM150オーヴァーのトラックを作っていたりなどするようです。youtubeに上がっている動画見てもかなりコンセプチュアルな感じしますね…。

ÅNTÆGØNIST / Wave Of Revivalism

満を持して登場という感じです。2019ハードミニマル読めないオブザイヤーといえばこの人だったと思います。読めないのもさながらリリースするトラックがどれも破壊力が高く、1曲1曲のクオリティもかなりお墨付きといった感じでこの人の新譜を買っておけば間違いないCISCOのPOPであれば「!」は一杯ついていたことでしょう。そんな氏の新譜もバッチリな仕上がり、中盤で収束気味(当社比)になってから後半戦に向けて上がり続けていくテンションで最後までぶち抜いていく感じ、マジたまらないっすね。私超絶レコメンドアーティストによる2020一発目のハードミニマル激マスト作品です。氏がリリースしているレーベルの[Mephyst]もかなり全体的に悪魔的👿ジャケットかつサウンドもマッチしており、こちらも見逃せませんね。

次回は木曜更新TAKくんです。
よろしく!!