2024/5/18(sat) Hardonize #46.5 Extra Edition / Shizuoka Special

みなさま、こんにちは!
「ハードテクノ」を様々な周辺ジャンルとともにお届けする
ハードテクノパーティ「Hardonize」です!

Introduction

16年目となる2024年のHardonize2回目の開催はハーフナンバリング46.5回目、「Extra Edition」と称して、通常開催を行っている早稲田茶箱から静岡COAへと場所を移した「Shizuoka Special」にて開催!!
ゲストには我らがジャパニーズハードグルーヴの雄、本間本願寺と現地静岡で活躍するTECHNO DJのお二方SHIGe、VITAMINを迎えた東京×静岡のクロスオーバーHardonizeスペシャル回にて開催です。Hardonizeでしか見られない組み合わせとなる46.5回目のスペシャル回をお見逃しなく。

※4/29追加アナウンス※
当初出演を予定しておりましたVITAMINさんですが、諸般の事情により出演キャンセルとなりました。
楽しみにして下さっていた皆さまには、大変申し訳ございません。
追加出演としてAONOさんに出演いただくこととなりました。
何卒よろしくお願いいたします。

Event Info

Date/Time

2024/5/18(Sat)
OPEN: 14:00
CLOSE: 21:00

Venue/Place

Private Room COA(Shizuoka)
静岡県静岡市葵区七間町 11-5 イマココ ビル 3F

Entrance

2,000JPY / 1d

■Hardonize#46.5 Guest DJ

本間本願寺
(Adult Records/ビッグファイア)

2009年、オランダのAdult Recordsから“Bamboo EP”でデビュー。以降、Vezotonik, Naked Lunch, Red Ribbonなど、欧州のレーベルを中心に楽曲をリリース、世界各国のダウンロード・ショップのヒットチャートにも度々出現する。さらにシカゴのレーベルOrchidからの第一弾EP“The Houz’Mon EP”にDJ Funkらと共に楽曲を提供、Chester Beatty主宰MiMiへの参加など、ヴァイナル・リリースも続き、リミキサーとしてもIgnition Technician, Ummet Ozcan, Goncalo Mら多くのアーティストの曲を手掛け、好評を博す。

自身のロックバンド、ビッグファイアではMarshall Jeffersonを筆頭にFast Eddie, Paul Johnson, Robert Armani, Joe Smooth, DJ Spank Spank(Phuture),Jammin Gerald, K Alexi, Houz’Mon等、シカゴ・ハウスのオリジネーターによるリミックスをフィーチャーした作品を継続的にリリース。ジャケットは全て『恐竜大紀行』(週刊少年ジャンプ連載)で知られる岸大武郎の筆による。2022年7月、なんちゃらアイドルをゲスト・ボーカルに、DJ Funk, DJ Deeon, Traxmenらをリミキサーにフィーチャーした2枚組ニューアルバム『火星の生活』発売。

毎月第一木曜、池袋knotで主催のパーティ“Tourism”は国内外の愉快なアーティストをゲストに招きながら開催250回を超え、現在も継続して行われている。

http://bigfire.info/

SHIGe(NIZI/Hi-hat/anagla)

2003年よりサードサマーオブラブに向け、DJ活動を開始する。
年間50本を超える客演を毎年コンスタントにこなし、静岡市の音箱dazzbarやCOAを拠点にanagla、PIPELINE、Hi-hat等の数多くのレギュラーパーティーを持つ。これまでに都内主要クラブのテクノパーティーにも数多く出演、さらにSAWAGI FES、音波祭、Lost&find、Laidbackなどの各地の野外レイヴ〜フェスにも例年出演し、全国のテクノアーティストとも親交が深い。
昨年は活動20周年を迎え、その間ほぼ毎週末の様にパーティーに出演し続ける姿は、静岡テクノのアイコンとして多方面から認知され、長年に渡り静岡に根ざした濃厚なテクノシーンを作り続けている。

近年では…そのビビッドかつ鮮烈なファッション性を生かしアパレルブランドshigesato yanaseのルックモデル、海外レーベルへのミックス提供、アクアリウム展の音楽演出、FMラジオ出演から、パーティーレポート執筆の文筆活動まで…その果てない活力で無尽蔵に活躍の場を広げている。
DJスタイルはテクノ&ハウスを中心に、残響する電子音と陶酔系シンセベース対する偏執的な執着から吐き出される選曲癖で、研ぎ澄ました肉感的グルーヴを紡ぎだす。

【Twitter】
@SHIGeDJ
http://twitter.com/shigedj

【DJ SHIGe-NIZIBlog】
http://djshige-nizi.tumblr.com/

【Instagram】
https://www.instagram.com/dj__shige

【Mixcloud】
https://www.mixcloud.com/shigeatsu-honma/

AONO

静岡ローカルパーティー“WHOLE THE WHOLE”,“Hi-Hat”,“WALLS”のレジデントとして活動中。
テクノトラックをベースに雑多なリズム、音色で構築されるグルーヴはグラマラス。
テクノの概念に囚われないトラックセレクト、ミックスセンスは、時にジョークに、時にシリアスに。
2018年より、ロンドンのテクノ専門ラジオ局FNOOB TECHNO RADIOのマンスリープログラム『SIN-ON』をChangと共に開始。国内外で活躍するDJ、トラックメーカーを招き精力的に番組製作をしている。

WHOLE THE WHOLE blog
http://www.wholethewhole.com/information/

FNOOB TECHNO RADIO
https://fnoobtechno.com/

■Hardonize Resident DJ

774Müzik (Club VIP)

774
2005年、DJ活動を開始。活動初期より一貫してHard Techno、Funky Technoをプレイ。DJ活動の傍ら精力的に楽曲制作を行い、2011年には自身主宰レーベルKinetic Drumsを立ち上げ。2012年にはAndy Richmond主宰のHard DanceレーベルDirty Stop Outsより2曲のリミックスワークがリリースされるなど、活動の幅を広げている。尊敬するアーティストは槇原敬之とJeff Mills、好物はプリンモンブラン。

Sango

ArtistPhoto_Sango
2004年7月よりDJ活動を開始。茶箱@早稲田を活動の拠点として都内各所に出没。選曲・精度・流れという三要素に重きを置いたMIXスタイルをモットーに、数多くのイベントで安定感のあるプレイを披露している。ハードテクノ・ハッピーハードコアと極端なジャンルでの活動が多い。「インターネット寄りのDJ」としての面もあり、2ch発祥「ClubVIP」での活動も行っていた。ニコニコ動画においても早々にMIX動画を多数投稿し、特にミキサー操作を解説した動画は現在も若手DJの教材として重宝されているらしい。好きな言葉は「フルレングス」と「セパレート」

TAK666


TRAKTOR DJと邂逅したことで2005年よりラップトップを用いたDJ活動を開始。
それなりに色々なパーティーに参加したり
異種雑食系パーティー『Cradle to Grave』をオーガナイズしたりして今に至る。
核にある音はロックだが単一のジャンルに絞ることはせず、
こと電子音楽に於いては『Disco, Rave & Bassline』を3大テーマに掲げて
テクノ、ハウス、トランスからブレイクビーツ、ドラムンベース、
ダブステップ、ハードコアに至るまで幅広くカバー、
それらジャンルの境界を容赦無く超えていくプレイを好む。2011年よりその年にリリースされたトラック5曲のみで
MIXを録ってアーカイブする企画『5TRAX』の企画運営を実行、
また時期を同じくして6時間B2Bと云う実験的な試みにも参加し、
2015年にはDJ歴10年と云うことで10時間のロングアワーズを達成するなど
此方とも彼方ともつかない方向へ向かって歩を進めている。hideは神様。掘骨砕三作品は永遠のバイブル。
ミルクティーが主食。クロスバイクが愛車。好きな言葉は『1クレ50円』。

http://www.tak666.com/

yuduki


レコード店の店員&バイヤーを池袋と柏にて9年間務め、その間で培った知識とセンスを元にDJをスタート。叩きつけるようなハードテクノを主軸としながらも、華やかになるような心地の良いハードグルーヴ、更には強烈なベースが炸裂するテックダンスといった様々なジャンルを織り交ぜるプレイスタイルで関東圏内を中心に活動を行っている。2008年から早稲田茶箱にてハードテクノを中心とし、周辺ジャンルをも巻き込んでDJ各々のハードテクノを表現するパーティ「Hardonize」をオーガナイズ。2020年以降のコロナ禍では主戦場とするハードテクノ以外にもDeep Techや声優楽曲のDJ配信などにも参加し、常に「グルーヴ感」を大事にしたDJでプレイの幅を更に広げている。

好きな言葉は「太いボトム・重いキック」。


今週のオススメハードテクノ - Resident’s Recommend 2024/05/16

 

はいこんにちは、こんばんは。さんごです。

 

機材メンテナンスをしました

現場で使っているコントローラ、アレヒの名機Xone:K2なのですが、ここ数年ですっかり加水分解が進んでしまい、裏側がベッタベタになってしまいました。表側のノブやフェーダー等の部分は全く何もなくサラッサラなのですが…材質が違うんだろうね。

で、最近この手の機材の加水分解については「ワセリンが効くぜ」という話を見かけました。ええーワセリン??と思ったのですが、ワセリンは油ですし加水分解したベタベタ部分も油なので、油と油を混合させて合わせて取りやすくなるんだろうなあ、という感じの理屈で何となく納得しました。

 早速やってみましょう。
 作業前。きたねえ…

加水分解した所にホコリだの猫の毛だのがめちゃくちゃについておりまして、画像だけでもセンシティブ判定されそうですが貴重な資料としてそのまま無修正で乗っけておきます。で、ワセリンを取り出して超適当に指で塗りのばしていきます。

 こんな感じ(精密機器の扱いではない…)

全体に行き渡っていれば大体でいいのかな??かなりアバウトだけど塗り残しがないようにしました。これで15分ばかり放置して一回拭き取ってみました。確かに汚れが落ちているね??という感じで効果は確認できたので、同じようにワセリンを塗って今度は30分くらい放置して、また拭き取ってみました。

 おおっ

いいですね!!あれほど厳しいベタベタ感はすっかり無くなって、サラサラ感が出ました。ちょっとホコリは残ってるけども、まあこれ以上やってもな、ということで程々にしておきます。

その後ですが、念のための後処理としてワセリンを落としきる作業をしました。

ワセリンは油なので(だから加水分解した部分と混ざって一緒に落ちてくれる)じゃあ油を効率よく分解するには界面活性剤だよねってことでワセリンと塗った時と同様にシャンプーを塗りたくった後に拭いてみました。ここは完全に思いつきの対応ですが。見た目そこまで変わらなかったけど油のテカテカ感は減ったかなと思います。あとシャンプーの香りがいいです。

ということで加水分解した機材と格闘する話でした。

K2は裏側から内側にアクセスするような穴などが無いのでこういう作業はやりやすいです。表が加水分解したらちょっと手が出ないけども、こういう作りでよかったです。

 

4月分のSpotifyリスト公開中

Hardonize chart 2024 April

5月分も順次作っておりますよ!

 

次回開催について

とうとう今週末というか、明後日ですよ明後日!

で、緊急!Hardonizeクルーの774Muzikくんが諸般の事情によりで急遽お休みとなりました。レジデント4人から3人参戦に変わってタイムテーブルに少し変化があります。それぞれの持ち時間が多少長くなりました。いつも以上に、やる気も33%増しで頑張ります。

 

 

 

では新譜紹介、いってみましょうか。

 

 

今週の新譜紹介

(f)unknown, Maximdul – Alive (Original Mix) [PUIN]

リリースがこれ1曲なので何者かさっぱりわからない(f)unknownなんですが、それを言ったらMaximdulもそうでして、何なんだこの2人(?)は。しかしながらトラックはしっかりファンクネス。

Homma Honganji – Iouzen (Felix R Remix) [Rawsery]

Homma Honganji – Asahiyama (Original Mix) [Rawsery]

今週末、Hardonize静岡編のスペシャルゲストとしてお越し頂きます本間さん。まだこの辺の新譜が紹介されていなかったようなのでここでまとめて。Felix Rのセクシー増し増しのリミックスワークと灼熱ラテン感あふるるAsahiyama!旭山?新潟には朝日山というお酒もあってどちらが由来かは不明ですが、どう転んでも酒が進むハードグルーヴ。

Zane Micallef – 03 Tek (Original Mix) [Beaufort Beats]

疾走感ありつつ派手になりすぎない、インテリジェンス感があるトラックなんですが下はしっかり硬質感でいいですねー。序盤戦をしっかり温めるナイスツール。

Puccio – What’s Yours (Original Mix) [Transfiguration Recordings]

ウワモノだけ取ってみると以前はファンキーハードテクノとか呼んでいたようなトラックなんですが、そこにリズム隊は太さもついてしっかりとしたここ最近の物と呼べる王道ハードグルーヴに仕上がってます。最強。問答無用でカートインのやつ。

Marcel db – Bagpipes (Original Mix) [Akustikkuss]

曲名の通りなんですが「バグパイプ」です。バグパイプの音を使ったテクノ曲って結構あるんですが(有名な所ではPerplexerのAcid Folkとか)中々に使いどころが難しい。でも出てるとつい手に取ってしまう。ネタと格好良さの狭間のライン。飛び道具!

Wolters, Marko East – Belly Button Piercing Girl (WOLTERS Remix) [Horus Music Limited

ゴン太(ぶと)のリズム隊にブレイクに入った途端に刻んだアーメン雨あられ。すげえトラックが来てしまいました。そこにピアノまで乗せてレイヴィー感まで演出してしまう、何でもありの贅沢トラックです。アンセム候補!

 

 

 

というわけで本日はここまで。週末は静岡でお会いしましょう!!!

次回更新は5月21日です!!

 


今週のオススメハードテクノ - Resident’s Recommend 2024/05/14

こんばんは774muzikでございます。
曜日間違いからの仕事立て込みで今の更新になってしまいました。。。

さて、Twitter(現X)の方でアナウンスされておりますが、今週末に迫りましたHardonizeの静岡遠征回、諸般の事情により欠場となってしまいました…
直前のことで大変申し訳ございません。
心身整えて必ずリベンジ決めたいと思いますので、何卒。

2024/5/18(sat) Hardonize #46.5 Extra Edition / Shizuoka Special

ということで早速ですが本題。
直近リリースからのオススメどころを紹介していきたいと思います。

F.Tek - Conflict Original Mix

D&B PROJECT - Defibrillator Extended Mix

FJAAK - Hustle Original Mix

Isaiah - Body Rocks The Rhythm Original Mix

Lucas Loyato - Jazzy Doom Dub mix

Xirrs - Shinra Tensei Nozz Remix

MarAxe - Fuego Original Mix

ということで本日はここまで。
次回更新は本日木曜日夜、DJ Sangoがお送りします!では。。