2024/5/18(sat) Hardonize #46.5 Extra Edition / Shizuoka Special

みなさま、こんにちは!
「ハードテクノ」を様々な周辺ジャンルとともにお届けする
ハードテクノパーティ「Hardonize」です!

Introduction

16年目となる2024年のHardonize2回目の開催はハーフナンバリング46.5回目、「Extra Edition」と称して、通常開催を行っている早稲田茶箱から静岡COAへと場所を移した「Shizuoka Special」にて開催!!
ゲストには我らがジャパニーズハードグルーヴの雄、本間本願寺と現地静岡で活躍するTECHNO DJのお二方SHIGe、VITAMINを迎えた東京×静岡のクロスオーバーHardonizeスペシャル回にて開催です。Hardonizeでしか見られない組み合わせとなる46.5回目のスペシャル回をお見逃しなく。

Event Info

Date/Time

2024/5/18(Sat)
OPEN: 14:00
CLOSE: 21:00

Venue/Place

Private Room COA(Shizuoka)
静岡県静岡市葵区七間町 11-5 イマココ ビル 3F

Entrance

2,000JPY / 1d

■Hardonize#46.5 Guest DJ

本間本願寺
(Adult Records/ビッグファイア)

2009年、オランダのAdult Recordsから“Bamboo EP”でデビュー。以降、Vezotonik, Naked Lunch, Red Ribbonなど、欧州のレーベルを中心に楽曲をリリース、世界各国のダウンロード・ショップのヒットチャートにも度々出現する。さらにシカゴのレーベルOrchidからの第一弾EP“The Houz’Mon EP”にDJ Funkらと共に楽曲を提供、Chester Beatty主宰MiMiへの参加など、ヴァイナル・リリースも続き、リミキサーとしてもIgnition Technician, Ummet Ozcan, Goncalo Mら多くのアーティストの曲を手掛け、好評を博す。

自身のロックバンド、ビッグファイアではMarshall Jeffersonを筆頭にFast Eddie, Paul Johnson, Robert Armani, Joe Smooth, DJ Spank Spank(Phuture),Jammin Gerald, K Alexi, Houz’Mon等、シカゴ・ハウスのオリジネーターによるリミックスをフィーチャーした作品を継続的にリリース。ジャケットは全て『恐竜大紀行』(週刊少年ジャンプ連載)で知られる岸大武郎の筆による。2022年7月、なんちゃらアイドルをゲスト・ボーカルに、DJ Funk, DJ Deeon, Traxmenらをリミキサーにフィーチャーした2枚組ニューアルバム『火星の生活』発売。

毎月第一木曜、池袋knotで主催のパーティ“Tourism”は国内外の愉快なアーティストをゲストに招きながら開催250回を超え、現在も継続して行われている。

http://bigfire.info/

SHIGe(NIZI/Hi-hat/anagla)

2003年よりサードサマーオブラブに向け、DJ活動を開始する。
年間50本を超える客演を毎年コンスタントにこなし、静岡市の音箱dazzbarやCOAを拠点にanagla、PIPELINE、Hi-hat等の数多くのレギュラーパーティーを持つ。これまでに都内主要クラブのテクノパーティーにも数多く出演、さらにSAWAGI FES、音波祭、Lost&find、Laidbackなどの各地の野外レイヴ〜フェスにも例年出演し、全国のテクノアーティストとも親交が深い。
昨年は活動20周年を迎え、その間ほぼ毎週末の様にパーティーに出演し続ける姿は、静岡テクノのアイコンとして多方面から認知され、長年に渡り静岡に根ざした濃厚なテクノシーンを作り続けている。

近年では…そのビビッドかつ鮮烈なファッション性を生かしアパレルブランドshigesato yanaseのルックモデル、海外レーベルへのミックス提供、アクアリウム展の音楽演出、FMラジオ出演から、パーティーレポート執筆の文筆活動まで…その果てない活力で無尽蔵に活躍の場を広げている。
DJスタイルはテクノ&ハウスを中心に、残響する電子音と陶酔系シンセベース対する偏執的な執着から吐き出される選曲癖で、研ぎ澄ました肉感的グルーヴを紡ぎだす。

【Twitter】
@SHIGeDJ
http://twitter.com/shigedj

【DJ SHIGe-NIZIBlog】
http://djshige-nizi.tumblr.com/

【Instagram】
https://www.instagram.com/dj__shige

【Mixcloud】
https://www.mixcloud.com/shigeatsu-honma/

VITAMIN

静岡県の港町、焼津市生まれ焼津市育ち。
悪いサカナは大体トモダチ。TECHNO/HOUSE DJ.

■Hardonize Resident DJ

774Müzik (Club VIP)

774
2005年、DJ活動を開始。活動初期より一貫してHard Techno、Funky Technoをプレイ。DJ活動の傍ら精力的に楽曲制作を行い、2011年には自身主宰レーベルKinetic Drumsを立ち上げ。2012年にはAndy Richmond主宰のHard DanceレーベルDirty Stop Outsより2曲のリミックスワークがリリースされるなど、活動の幅を広げている。尊敬するアーティストは槇原敬之とJeff Mills、好物はプリンモンブラン。

Sango

ArtistPhoto_Sango
2004年7月よりDJ活動を開始。茶箱@早稲田を活動の拠点として都内各所に出没。選曲・精度・流れという三要素に重きを置いたMIXスタイルをモットーに、数多くのイベントで安定感のあるプレイを披露している。ハードテクノ・ハッピーハードコアと極端なジャンルでの活動が多い。「インターネット寄りのDJ」としての面もあり、2ch発祥「ClubVIP」での活動も行っていた。ニコニコ動画においても早々にMIX動画を多数投稿し、特にミキサー操作を解説した動画は現在も若手DJの教材として重宝されているらしい。好きな言葉は「フルレングス」と「セパレート」

TAK666


TRAKTOR DJと邂逅したことで2005年よりラップトップを用いたDJ活動を開始。
それなりに色々なパーティーに参加したり
異種雑食系パーティー『Cradle to Grave』をオーガナイズしたりして今に至る。
核にある音はロックだが単一のジャンルに絞ることはせず、
こと電子音楽に於いては『Disco, Rave & Bassline』を3大テーマに掲げて
テクノ、ハウス、トランスからブレイクビーツ、ドラムンベース、
ダブステップ、ハードコアに至るまで幅広くカバー、
それらジャンルの境界を容赦無く超えていくプレイを好む。2011年よりその年にリリースされたトラック5曲のみで
MIXを録ってアーカイブする企画『5TRAX』の企画運営を実行、
また時期を同じくして6時間B2Bと云う実験的な試みにも参加し、
2015年にはDJ歴10年と云うことで10時間のロングアワーズを達成するなど
此方とも彼方ともつかない方向へ向かって歩を進めている。hideは神様。掘骨砕三作品は永遠のバイブル。
ミルクティーが主食。クロスバイクが愛車。好きな言葉は『1クレ50円』。

http://www.tak666.com/

yuduki


レコード店の店員&バイヤーを池袋と柏にて9年間務め、その間で培った知識とセンスを元にDJをスタート。叩きつけるようなハードテクノを主軸としながらも、華やかになるような心地の良いハードグルーヴ、更には強烈なベースが炸裂するテックダンスといった様々なジャンルを織り交ぜるプレイスタイルで関東圏内を中心に活動を行っている。2008年から早稲田茶箱にてハードテクノを中心とし、周辺ジャンルをも巻き込んでDJ各々のハードテクノを表現するパーティ「Hardonize」をオーガナイズ。2020年以降のコロナ禍では主戦場とするハードテクノ以外にもDeep Techや声優楽曲のDJ配信などにも参加し、常に「グルーヴ感」を大事にしたDJでプレイの幅を更に広げている。

好きな言葉は「太いボトム・重いキック」。


今週のオススメハードテクノ - Resident’s Recommend 2024/04/16

こんばんは。774muzikです。
年度末乗り切ったはずなのにずっと忙しすぎィ・・・
まぁ、何とか頑張ります。

近況

https://x.com/774muzik/status/1778735181450682727
my new gear…
4.5年ぶり?スマホ新調。
宗教上の理由からApple製品を使えないということで、Galaxy S24 Ultraを発売日ゲット。
もうかれこれ10数年、Galaxy Note系列の機種しか使ってない。
でかくて重いので前腕の筋トレになる上、本機種からは丸みが排除されて角が尖ってるのでいざというときに武器にもなるので超オススメ。
カバーはもちろんド安定のSpigenさん。
いつもはタフアーマー着せるんだけど、今回はスケスケスケルトンのエロいやつをチョイス。
俺、このでかい画面でいっぱいFC2 Liveのエロチャンネル見るんだ!
みんなも買おう!

告知

2024/5/18(sat) Hardonize #46.5 Extra Edition / Shizuoka Special


静岡出張回まで残すところ1か月程度。
やっていくぞの気持ち。

新着オススメトラック

ということで本題です。
直近リリースからオススメどころをご紹介していきます。

まずは最重要のコレ。

テックダンス珠玉の名作Techy TechyとTechtrisの新たなリワークバージョンがドロップ。
4/15 20:00 - 4/22 19:59の1週間限定なので絶対逃さないように気を付けましょう。

ALLFIVE - Constant Original Mix

ALLFIVE - Medically Important Original Mix

ALLFIVE - Unbalanced Original Mix

これは箱推し案件。
収録されてるトラックが全て良い。
こういうストレートなトライバルは最近なかなか出ないので、見つけた時に逃さずゲットしていくの大事。

D'Mike - Hungry Cat Original Mix

Pan-Pot - EVOLUTION Dast (Italy) Remix

Andy BSK - Kick Some Ass MarAxe Remix

Filterheadz - Euphoria Original Mix

一聴して瞬時に解るヤバさ。
これは激ヤバ鬼マスト案件。

SADBOY. (AUS) - Freak Da Beat Original Mix

ということで本日はこの辺りで。
とにかくYoji御大の限定リリースは急いでゲットしましょう!
次回更新は木曜日、DJ Sangoがお送りします!ではー。


新作シュランツ特集:今週のオススメハードテクノ - Resident’s Recommend 2024/04/11

こんばんは。TAK666です。
レジデントが代わる代わるオススメハードテクノを紹介するこのコーナー、
2週間ぶりに担当致します。

【告知】

1か月後に迫ったHardonize 静岡編のラインナップが公開となっております。

東京から我らがハードグルーヴマイスターHomma Honganjiさん、そして現地静岡のプレイヤー、SHIGeさんVITAMINさんをお招きしての開催となります。

現地静岡のプレイヤーであるSHIGeさん、VITAMINさんのMIXはこちらになります。

DJ SHIGe / Resonation MiX

Stream DJ SHIGe Resonation MiX by CITDC | Listen online for free on SoundCloud

VITAMIN / DANCE AGAIN BACK 2022

Stream DANCE AGAIN BACK 2022 by VITAMIN | Listen online for free on SoundCloud

日にちは05月18日(土曜日)、14時からとなります。
静岡COAにて皆様のご来場をお待ちしております。

【お知らせ】

前回のボスの更新で触れられておりましたが、毎週Hardonize BlogでピックアップしているトラックをSpotify Playlistにまとめ、月ごとに公開していく運びになりました。
現在、03月分が公開されております。

Hardonize chart 2024 March

Hardonize chart 2024 March – playlist by yuduki | Spotify

本連載は大方の場合、新譜をメインに紹介しているので、直近でリリースされたハードテクノについて気軽に一覧したいという方には便利に感じてもらえるのではないかと思う次第です。
あと、これからハードテクノを聴き始める方にも是非チェックして貰えると嬉しいです。
大体毎回50曲くらいが登録されていく計算なので、お気に入りのトラックが見つかることを願っております。

加えて、国内トラックメイカーによるテクノコンピレーション、TECHNO ALLIANCEの第7弾がリリースされます。

V.A. / TECHNO ALLIANCE 7

TECHNO ALLIANCE 7 | Techno Alliance

参加者の中にHardonizeメンバーがいるワケではないのですが、Satoshi Imanoさんや、Kouki Izumiさんなど、過去にHardonizeにゲスト出演して頂いた方が含まれております。
で、こちらは上記の通り販売もされている一方で、協力パーティーにご来場頂いた方にはダウンロードコードを配布することになっており、来月に行うHardonize #46.5 Extra Editionもその1つです。
配布先についてはTECHNO ALLIANCEのXアカウントで随時アナウンスが行われておりますので、こちらをチェックの上、是非各パーティーに足をお運びください。

【今回のお題】

さて、当連載に於ける自分の回ではハードテクノのサブジャンルにテーマを絞り、その中のオススメ楽曲について取り上げていく形式となっております。
ちなみに、年始は3回に渡ってフリーダウンロード特集を行っておりましたので、ご興味のある方は是非ご参照ください。(1) / (2) / (3)

ハードテクノとはどういった音楽を指すのか知りたいと云う方がいらっしゃいましたら約半年に渡ってお送りしておりました特別連載ハードテクノとは何か?をご参照ください。

ハードテクノをサブジャンルごとに分類し、それぞれの生い立ちや代表曲などをまとめております。

今回取り上げるサブジャンルは

シュランツ

です。

特別連載に於いては第6回に取り上げた過度に圧縮された重厚なグルーヴと、テクノに於いては最速のテンポを誇るスタイルです。
過去この音楽を取り上げた回としては
新作シュランツ (2020年11月版)
新作シュランツ (2021年05月版)
新作シュランツ (2023年03月版)
の3回ございます。

昨年のピックアップ回でも触れましたが、近年のメインストリームテクノの硬質化、先鋭化に伴い、ハードミニマルを更に高速化したスタイルの曲も目にする機会が多くなっており、2024年現在もその状況は続いている印象です。
オーソドックスなシュランツが基点としているテンポであるBPM150というとテクノ的には高速に分類されますが、クラブミュージック全体に目を向けるとハードスタイルダブステップなんかは同様のテンポ帯がスタンダードになっており、アグレッシヴな音楽としての需要は依然として高いのではないかと思うワケです。
実際、従来のシュランツマナーを踏襲しつつ、別ジャンルのエッセンスを取り入れた曲のリリースもあるため、クロスオーバー要員としての余地もしっかり健在です。

というワケで1年越しになってしまいましたが、改めて最近のリリースについておさらいしましょうというのが今回の趣旨になります。
具体的にはここ1~2ヶ月でリリースされたものをピックアップしていきます。

では、新作シュランツ紹介いってみましょう。

【曲紹介】

Coppa, Noneoftheabove / Mardi Gras

Coppa, Noneoftheabove – Mardi Gras (Original Mix) [No Mercy] | Music & Downloads on Beatport

イギリスのMC、CoppaとオランダのプロデューサーNoneoftheaboveによるハードテクノ
Coppaは主にドラムンベースシーンで長い活動歴を誇るベテランMCですが、ハードテクノで彼の名前を見たのは今回が初めてです。
目立ったウワモノはなく、叩きつけるような硬いビートにリズミカルなラップが乗った豪胆なトラック。
ブレイクビートのパートもあるので、ビートスイッチ的に使うのも面白いかもしれません。

Veseli / Swords

Veseli – Swords (Original Mix) [Revised Records] | Music & Downloads on Beatport

アイルランドのプロデューサーVeseliによるシュランツ
間隔の詰まったローリングベースにスモーキーなウワモノの組み合わせという、無機質で緊張感のあるパートをメインに据えたトラック。
なのですが、中盤以降やたらアラビックなリフがちょいちょい差し込まれる謎の遊びが紛れ込んでいます。

Morison / Pan-Ku (Sandro Mure Straight Remix)

Morison – Pan-Ku (Sandro Mure Straight Remix) [MIWS! RAVE] | Music & Downloads on Beatport

ドイツのプロデューサーSandro Mureによるシュランツ
Sandro Mureハードグルーヴの名手としても本連載に度々登場するアーティストですが、この手のシュランツハードテクノに於いても存在感を示し続けています。
圧の強いキックを軸に置いた手数の多いリズムとシンプルで開放感のあるリフの組み合わせは良い意味で古臭く、個人的に慣れ親しんだ2000年台後期のシュランツを彷彿とさせますね。
時代が1周した感があるというか。

Greg Notill / The Game

Greg Notill – The Game (Original Mix) [DSR Digital] | Music & Downloads on Beatport

フランスのプロデューサーGreg Notillによるシュランツ
ここ数年はメインストリームテクノに路線変更していた印象が強いGreg Notillですが、いつの間にかシュランツにカムバックしていました。
厚みのあるベースを前面に出しつつ、手数の豊富なビートによって疾走感を合わせ持ったリズムは全くブランクを感じさせない仕上がりとなっています。

尚、この曲のリリースは03月末となっておりますが、04月に入ってからも速いテンポの曲がいくつかリリースされているので、今年は本格的にシュランツシーンでの再始動に力を入れるのかもしれませんね。

Tripped / This Does Not Contain Rave Stabs

Tripped – This Does Not Contain Rave Stabs (Original Mix) [Pure Hate Trax] | Music & Downloads on Beatport

ベルギーのプロデューサーTrippedによるシュランツ
全体的に歪んだ音を取り入れており、インダストリアルに踏み込んだ印象も受けるトラック。
4分刻みのメインリフはめちゃめちゃインパクトありますね。
たまにキックの音に対してクラップが重ねられているのが、この手のジャンルにしては珍しい気がします。

Triptykh / Residential Area

Triptykh – Residential Area (Original Mix) [Phase 2 Records] | Music & Downloads on Beatport

アメリカのプロデューサーTriptykhによるシュランツ
こちらもかなり歪み度の高いサウンドとリズムの密度を擁した曲。
音も無機質なら展開も無機質で、ブレイクパート以外、大体同じ音が鳴っています。
質実剛健さで言ったら今回取り上げる中ではピカイチ。

Angerfist, Gaston Zani / The Dark of the Night

Angerfist, Gaston Zani – The Dark of the Night (Original Mix) [Filth on Acid] | Music & Downloads on Beatport

オランダのプロデューサーAngerfistと、スペインのプロデューサーGaston Zaniによるハードテクノ
Angerfistは四半世紀以上ガバのシーンのフロントラインに立ち続けている大ベテランですが、ここ2年程の間にちらほらハードテクノのリリースが見受けられるという、意外な活動を見せています。
逆にGaston Zaniは元々メインストリームテクノテックハウスなどを手掛けていたアーティストなので、
両者の中間点がハードテクノになっているという・・・というかこの2人が共作する世界線があったんですねと思わざるを得ないリリースとなっています。

圧の強いビートを軸にハードコアを彷彿とさせるスクリーチやロングブレイクを取り入れた構成力のあるハードテクノ
メインフィールドの異なる両者の強みが別々のパートで現れている辺りに、コラボレーションの醍醐味が感じられるトラックです。

Schroomp / Smells Like Rave Spirit

Schroomp – Smells Like Rave Spirit (Original Mix) [Affenkafig Red] | Music & Downloads on Beatport

ベルギーのプロデューサーSchroompによるハードテクノ
本連載に度々名前が挙がっているテクノシーンの重鎮ユニットFilterheadzのメンバーによるハードテクノの名義です。
タイトルから不穏な香りが漂っていますが、お察しの通りNirvana / Smells Like Teen Spiritネタ・・・というかボーカルモロ使いの危険極まりない曲となっております。
原曲を歪ませ、硬いビートをくっつけたブートレグ精神丸出しの仕上がりに思わず唖然としてしまったリリース。

Schroompの直近の曲でもう1つ好きな曲があるので合わせてご紹介。

Schroomp / Chanel Gucci Prada

Schroomp – Chanel Gucci Prada (Original Mix) [DSR Digital] | Music & Downloads on Beatport

ファッションブランドのトップ3をタイトルに冠しており、それが歌詞になっているラップ(※)のサンプリングもあるものの、それ以上にフーバーシンセの主張が激しいハードテクノ
レイヴをフィーチャーしたハードテクノに於いて、現在飽和気味になっているスタブ以外のサウンドを模索している感があって非常に好みです。


歌詞で調べるとこれが出てくるものの、この曲にも更に元ネタがありそうな気もする。求ム有識者。

OGUZ / WE ARE MONASTERIO

OGUZ – WE ARE MONASTERIO (Original Mix) [Monasterio Records] | Music & Downloads on Beatport

オランダのプロデューサーOGUZによるシュランツ
叩きつけるようなビートにトランスのような抒情的なシンセが乗ったトラック。
近年のメロディアスハードテクノと合わせて使っても面白いかもしれません。

Shadym / 16 Ocean Planet

Shadym – 16 Ocean Planet (Original Mix) [Dreizehn Schallplatten] | Music & Downloads on Beatport

ドイツのプロデューサーShadymによるシュランツ
こちらもトランスのシンセを用いたものですが、スケールが長く、複数種類のリフが絡み合っているドラマティックなトラック。
ロングブレイクを経てメインパートに流れ込む開放感は特にその印象が強く、〆にピッタリではないかと思うワケです。

【次回】

そんなワケで今回はここまで。
次週04月16日は774Muzikさんが担当します。
では。

続きを読む